エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想 《仮面ライダービルド 第36話 「エボルトは星を狩る」》ビルド、ここに来て路線変更?だいぶ大きく変わるみたいだけど大丈夫()?

来週から新番組!

ドルヲタ、推しと付き合うってよ

 

 

 

 

スタート!!!

 

 

 

 

 

 

っていうアバンでのかずみんの冗談はおいといて、ガチな方で地球が終わりかかってるビルドの世界。パンドラタワーが完成して遂に地球が…!という所で間一髪助けに来たみーたん…。ではなくベルナージュ。エボルトを吹き飛ばし、彼のせいで成分が抜けたボトルを復元するという有能な1面を見せる王女様。(何処ぞのアクシズ教の教祖とは大違い

 

 

一方、アバンで大暴れ(?)したかずみんは玄徳と三羽ガラスの仇を討つためのバトルを仕掛ける。性能として大差がなさそうな2人だが、場数の違いという事でかずみんの圧勝。

三羽ガラスのお墓の前でのバトルっていうのは心にくるものがある。ここで、スクラッシュドライバーの戦うたびにハザードレベルが上がるという効果を使って来たのはやられた。勝利したかずみんは幻徳に仲間になるように説得。

部下(というか仲間)を倒したヤツを仲間に引き入れるというかずみんの懐の深さが現れている。三羽ガラスも彼のそういうところに惹かれたのだろうか。Vシネマ等々で再び4人が笑っているのを見たい。

 

 

エボルトを倒すため、なにやら開発してる戦兎。みーたんは何かを察して彼を止めにかかるが戦兎は自分が戦争を巻き起こしたからと引かない。

ここの美空は、ヒロイン力全開だった。

ビルドはしょっちゅう主役やヒロインが変わる印象があるが、ベルナージュではなく、美空としての活躍が観れたのは嬉しい。

 

 

エボルトと融合し、名実ともに指名手配犯になった万丈。

エボルトは自身を本調子にするために戦兎を利用しようと企んでおり、戦兎はワザとその作戦に乗り、ハザードレベルを6.0へ。そこから、さらにもっとレベルを上昇させ、一気に勝負を仕掛ける。戦兎の狙いは自爆してエボルトと共に消滅する事。

煙が晴れて、戦兎が勝ったか、と思わせておいてのエボルトが戦兎に憑依してましたー。という展開。

万丈に憑依してパワーアップしたり、先週の予告で髪が白くなってた所からひょっとして戦兎に憑依?という事を予測できたが、まさか本当に憑依するとは驚いた。

主役が別ライダーになるって結構久々なんじゃ…。

 

 

…いや違う違う、去年永夢がパラドに乗っ取られノックアウトファイターに変身してたの忘れてた。

 

 

それにしても、主人公が敵側に回って各キャラがどう動くか、残り1クールとなったビルドがラストまでどのような物語を紡ぐのかひじょうにたのしみ非常に楽しみだ。