エフライの感想記

のんびりやっていきます。

ネタバレ&感想 《宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド》こりゃ実質「帰ってきたキュウレンジャー」だな


f:id:efrai:20180704180434j:image

 

去年から始まった東映版アベンジャーズことスペーススクワッド。前作は宇宙刑事ギャバン特捜戦隊デカレンジャーがメインキャラでしたが、今作は前の戦隊、宇宙戦隊キュウレンジャーとのVS映画でした。

 

大まかな感想としてはスペーススクワッドの話でもなく、VS映画でもなく、キュウレンジャーの「帰ってきたシリーズ」に『スペーススクワッド』要素がプラスαされた作品だなという感じです。

 

ジライヤシャイダーギャバンの活躍をメインに見たかった人にとっては少々…というかかーなーり物足りなかったと思います。正直自分もそうです。特にジライヤは、ポスターにもいて、大々的に宣伝されていたのにも関わらず、登場シーンはほぼ予告で完結という不遇さ。同じような扱いといえば、『超スーパーヒーロー大戦』の貴利矢ですね。あれくらい出番がありませんでした。もしあるなら、次回作でバリバリの活躍を期待したいです。

 

 

ヴィランズの活躍

 

一方、ヴィランズの活躍は非常に良かったと思います。

今回、キュウレンジャーが参戦する事で、ヴィランズ一人一人に十分なスポットを当てる尺はなかったのですが、本編の強さを維持しつつファンサービスをこなすというほぼ完璧な役回りでしたね、いやぁ素晴らしい。

今回登場したのは、

ゲキレンジャーからメレ。

ゴーカイジャーからバスコ。

ゴーバスターズからエスケイプ

シンケンジャーから腑破十臓

でした。

 

特に緑カメレオンでハミィの先輩にあたるメレは非常に美味しい役を貰っていました。それにしてもハミィ、メレ、エスケイプの並びは卑怯だと思います(眼福、眼福)。

 

 

ストーリー

 

今回、話のメインとなったのはキュウレンジャーのハミィ。師匠を救うため、1手下になったりました。そして、ハミィを信じるか否かでキュウレンジャーが分裂しました。お前ら、また分裂するのか。

ハミィを許さない。すなわち、ハミィを悪者と捉えたのは、スティンガーラプターの3人。一方ハミィを信じると捉えたのは、ラッキーチャンプスパーダ小太郎、(ガル)の4+1人。ショウロンポーは中立、BNは否定よりの中立といった感じだ。流石!ショウロンポー。ズルい!笑

 

ここのシーン、どちらに肩入れするかは人それぞれだなぁと思います。個人的には組の方を応援したくなりました。というのも、ラッキーファンには申し訳ないですが、シンプルにラッキーがウザかったからです。例えるなら『Re:ゼロから始める異世界生活』のスバルくらいウザい。

 

もろちん、今まで仲間だったハミィをそう簡単に切れないのも分かります。ですが、スティンガーは国…いや、宇宙を背負っている訳で、ただ1人の身内の為だけに身勝手な行動は出来ません。王様としてラッキーもその辺の事は分かってて欲しいんですけど「話にならない!」と剣達の要求を「話にならないと」突っぱねたラッキーにはいやいや、ちょいちょいお兄さん。とツッコミをいれたくなりました。

 

正直、「王様の職務放ったらかしてフラフラ旅しているお前に言われたかねぇよ」と思ってしまいました。それと、同時に、「あぁ…どうせラッキー側が正しい!となる展開になるんだな…」と感じたそうです。結局は折り合いをつけるという形で決着がついたのだが、ラッキーがあまりにも本編から成長してなくて残念でした。

 

 

 

一方、成長したと言えばギャバンですね。

今までの作品、脚本家が全員違うという事もあり、「突進バカが治ったと思ったら次回では突進バカのまんま」という少し不遇な扱いを受けていましたが、今回はスペーススクワッドのリーダーとして立派な職務を成し遂げたと言って良いでしょう。

 

 

シャイダーの女好きは相変わらずだったが、それがまさかの犯人発見に役立つというのは驚いたなぁ。まぁ久々の登場な割に活躍が控え目な気がしたのだが、本格的な活躍は次作以降に期待したいですね!

 

 

戦闘シーン

 

アクションシーンは良かったです。坂本監督の割には生身アクションが程よい感じで見やすかった気がする。勿論、スーツアクターの方々のアクションも素晴らしく、特にラプターは「あれ?こんなに戦う人だっけ?」と思うほどであった(褒め言葉)

 

 

 

 

今回は、メタルヒーローやヴィランズ以外にも特撮に出演されていた方々が再び(違う役だが)登場してくれた。

 

 

ニンジャホワイトを演じられた広瀬香美氏。

ボウケンシルバーキョウリュウグレー出合正幸氏。

ウィザード凛子ダークネクロムY高山侑子氏。

の方々だ。

 

広瀬氏はハミィの師匠として、残りのお2人は剣の秘書として活躍された。

 

 

いつか、3人の変身が再び見たい。

 

…いや、高山氏は凛子でいいかな(笑)

 

とあるサプライズ!

 

あと、個人的にヴィランズ達や出身俳優さん並みにサプライズだったのがED後のエピローグに登場したルカです。市道真央(M・A・O)氏は、キュウレンジャーのラプターの声を当てています。ですが、前作の『ジュウオウジャー』にも出演していましたから、「流石に2年連続本編は難しいだろうな… Vシネマがあればひょっとすれば…」と思っていましたが、今作、見事出演されました、ありがとうございます…!!

 

約1年ぶりの「うっさいバーカ!」だったりラプターとの絡みも見れたし大満足でした!望むなら、せっかくバスコが出たのだからそことも絡んで欲しかったんですけと、それはゴーカイジャー10周年のVシネマに期待します。やってくれますよね??笑

 

 

まとめ

 

ざっと感想を書いたが、まとめると、話は面白かったけどなんか物足りない感が強かったです。自分の中でスペーススクワッドの活躍を過度に期待してたのが原因だと思います。それに、2代目シャリバンことを演じられた三浦力氏が俳優引退されたのも痛い。ギャバン、シャイダーときてシャリバンがいないのは仕方ないとはいえやっぱり寂しいです。

 

それでもやっぱり、

 

何かを得るには何かを捨てなきゃ

 

とか

 

こっちがゴクでこっちがマゴグ

そして私はエスケイプ

すっごく良いものよ♪

 

と言ったヴィランズのセリフが久々に聴けたのは嬉しかったです。上記のルカ含めて自分はレジェンド達の復活に弱いのかもしれません。いや、弱いですはい笑

 

 

もし次作が作られるなら、今度はVSモノではなく、純粋なスペーススクワッドとの話として見たいです。ウィンスペクターファイヤーも出るのがほぼ確定みたいなものですしね。

 

まぁでも兎に角、今のペースで良いですからシリーズが続いてくれると嬉しいなぁ。途中でやーめたとか無しですよ?東映さん?笑

 

 

おまけ

 

それにしてもこのシリーズには仮面ライダーは出演しないんですかね…?

久々に要潤氏が変身するG3とか見たいなぁ笑