エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《仮面ライダージオウ 第9話「ゲンムマスター2016」》2年経っても黎斗は黎斗だった…

Over “Quartzer

 

ほう…貴様 王様に逆らうか 

 

 

檀黎斗改め…檀黎斗王だぁぁぁぁ

 

 

なんかコイツヤバイbyツクヨミ

…ツクヨミだけじゃなく、視聴者もヤバイと思ってるよ笑

 

 

早瀬悲運の失恋から黎斗・映司・比奈ちゃんの出演と情報量の多かった前回。自己顕示欲の塊な黎斗と欲望がテーマはオーズは絶対ベストマッチするだろうなぁ〜なんて放送前は思っていましたが、正にそんな回でした。

 

 

ストーリー

 

ソウゴに代わる王を立てようと暗躍するタイムジャッカー達。しかし、どうやら今までのゲストだと力が足りないようでウールが「とっておき」として取っていた黎斗をアナザーライダー化しました。そしてその後、黎斗は檀ファウンデーションを2年で大企業に成長させ日本からの独立を宣言するという大活躍。しかもこの時、絶版おじさんこと檀政宗を殺害していたみたいです。遂に親父の呪縛から…!という冗談は置いといて、人の命を軽視するのはエグゼイドの黎斗とは違うなぁと思いました。エグゼイドの黎斗はなんだかんだ言って面倒見が良かったですからね〜

 

 

黎斗の大活躍

 

会社を大きくしただけでなく、黎斗はその他にも色々と大暴れしました。彼は欲望を持っているのかどうかに関わらず、人間を屑ヤミーに化けさせる事が出来、普通にグリードみたいな活躍をしていました。更に、映司(なんと国会議員!)を人質に取り、比奈ちゃんを妃にしようとする等本当にやりたい放題していましたね…笑

そんな黎斗に「王」というだけで惹かれたソウゴ。弟子入りする形で黎斗に近づき王とはなんたるかを学ぶようだ。

…つまりもしこの先ソウゴが王になったらそのノウハウは黎斗から学んだ事になるのか…嫌だな笑

 

そのソウゴはソウゴで黎斗に学ぶ学ばない以前に1話と比べてどっしりと構えるようになり、ゲイツの攻撃をいなしながらの変身は痺れました。完全に魔王やん…汗

 

 

戦闘シーン

 

戦闘シーンでは最初のアナザーオーズ戦でジオウはフォーゼ、ゲイツはウィザードに変身した。つまり、アルティメイタム

黎斗の机にキヨちゃんがいたり、信長を登場させたりと、こういう細かいファンサービス好きだなぁ

アナザーオーズは見た目凄いグリードっぽかったです。とはいえあくまでもアナザー"ライダー"なのでメダル飛び出し演出はありませんでした。しかし、黎斗のゾンビ時代を彷彿とさせる死神設定には思わず苦笑。しつけぇんじゃニセモノの神ィ!

 

オーズの年は2010。一方のゲンムは2016。0と6が似てることをデザインや話に落とし込んだのは感服しました。…というか、ゲンムもレジェンド扱いなのかな?嫌なレジェンドだなぁ笑

 

 

まとめ

 

エグゼイド本編から結構薄まった&歴史操作があったとはいえ健在にもほどがあった黎斗。

そして今回の活躍はほぼなかったが、親戚と同じ政治家になった映司と歴史操作後も服飾関係に携わっている比奈ちゃん。

 

彼らレジェンド達がどのような活躍を見せるか来週が楽しみです!

 

…と書こうとした(書いてる)んですけど、来週休みかーーーい_(┐「ε:)_ズコー

駅伝は仕方ない(関西民の余裕)とはいえここでもう一週引っ張られるのは辛いな〜笑

 

 

 仮面ライダージオウ DXタイムマジーン&オーズライドウォッチ

 

仮面ライダージオウ DXタイムマジーン&オーズライドウォッチ

 

 

 

おまけ

 

ゲンムライドウォッチキャンペーンに映画プレミアム前売りでタジャドルライドウォッチ。

絞りに来ますね…笑

ここに人気キャラのウォッチを持ってくるとかホントズルい笑