エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2019 F1 第12戦 ハンガリーGP》100人目のポール誕生!決勝も痺れるレースが繰り広げられた!

ドッタンバッタン大騒ぎだったドイツGPからF1は場所をハンガロリンクに移し、夏休み前最後のレースを迎えました。

 

 

2戦連続の優勝を目指すレッドブルホンダのフェルスタッペンと巻き返しを計るメルセデス、この3台によるバトルが見所になるかなぁとレース前は予想していました。

 

 

珍しくそんな予想が見事命中し、予選はメルセデスの2台vsフェルスタッペンのバトルが繰り広げられました。

「ガードレールのないモナコ」とも呼ばれるここ、ハンガロリンクでは予選がモンテカルロ並に大切なので1つでも上のポジションが欲しい所です。そんな訳で普段より息つまる予選を制したのはまさかのフェルスタッペン!

 

参戦93戦目にして初のPP。そしてこれはF1史上100人目のPPでもありました。

ここハンガロリンクは、遡ること11年前、コバライネンがマッサのエンジントラブルにより100人目のウィナーとなった場所でもありました。そんな場所で100人目のポールも生まれるとは偶然とはいえ、謎の力が働いているのでは?と感じてしまいます笑

 

また、ホンダとハンガロリンクというと、06年のバトンそしてホンダ第3期唯一の勝利地という巡り合わせもあります。これはフェルスタッペン2連勝待ったナシ!といった感じだと思っていました…

 

 

そんなホンダファンが希望を持った決勝。

スタートでボッタスがルクレールに撃墜される。フェラーリが圧倒的に遅すぎる。という条件が重なり、フェルスタッペンとハミルトンのマッチレースとなりました。

 

抜きにくいコースですから、2ストップでガンガン抜く作戦より、1ストップで通せんぼ作戦がメインのここでハミルトンは2ストップという奇策を打ちました。これがフェラーリなら何やってるんだよ…となる所ですが、メルセデスなら「おっ!」と思わせてくれる辺り日頃の行い、大切。

 

タイヤを替えたハミルトンのペースは異様に早く、同じタイヤでは困難だったフェルスタッペンのオーバーテイクをいとも簡単に成し遂げました。第1スティントの時点で、ベッテルみたいにフェルスタッペンが、2位以下(ハミルトン達)を引き離せなかった時点で嫌な予感はしていましたが、正にその通りになってしまいました。

 

この2人の熱いバトルは今季ナンバー1だと思います。目に見えてハッキリ分かるバトルじゃない分、派手さには欠けますが、タイムがジワジワ、時折ガツッと縮んでいく様は見ていてドキドキしました。

 

 

おめでとうハミルトン。惜しかったなフェルスタッペン。

 

 

 

でもこれで、レッドブルホンダの速さが本物に近いという事がハッキリしたのでそういう面では良い収穫だったと思います。夏休み明けが楽しみです。

 

 

他のトップチームのドライバーはと言うと、ボッタスは上に書いた通り、ルクレールに撃墜され、苦しいレースとなってしまいました。撃墜というと、語弊がありますね。ルクレールが単に横を見ていなかっただけの当て逃げと言いましょうか、うん。泣きっ面に蜂状態のボッタスには同情しかしませんが、予選でリアウイングを破損したり、今回のボッタスとのインシデントと最近ルクレールはちょっと暴れていますね…。ザウバー時代はそんな気配が無かっただけに残念。落ち着いたらベッテルを超えそうなだけに落ち着いて欲しいものです。

 

そのベッテルは予選こそルクレールの後ろでしたが、決勝ではプランC(ミディアム→ソフト)を遂行しての3位表彰台でした。対ルクレールを考えると良いレースをしましたが、対メルセデスと考えるとフェラーリはダメダメでしたね。ハミルトンにフリーストップを与えるくらい離されるとか酷い冗談だ…

 

 

ガスリーはうん…

いくら抜きにくいコースとはいえ、ライコネンとノリスをピットで抜く以外オーバーテイクが無かったのは残念です。シート喪失の噂が絶えない彼ですが、どうか気を落とさず頑張って欲しいものです。

 

 

さて、推しのライコネンですが、今回も素晴らしいレースをしましたね!

予選ではQ3進出。決勝もノリス、サインツを抜く事は叶いませんでした(ノリスはピットで抜いている)が、第1スティントではガスリー、ラスト3周位はボッタスを抑えきるという神業。ホッケンハイムでは残念ながらノーポイントに終わりましたが、これでポイントはサインツに次ぐ、中団勢2位。このまま突き抜けて欲しいです!

 

 

中団勢でライコネン、そしてマクラーレン以外に目立ったのはラッセルでしょう。

前戦でクビサがポイントを獲得したので、ランキング最下位濃厚となってしまっている悲運のルーキーですが、今回はQ2にあと一歩の16位。決勝でもその順位をキープと非凡さが存分に発揮されたと思います。どうか彼に良いシートを与えてください…

 

 

 

そんなこんなで2019年シーズンも前半戦終了を迎えました。

意外とと言えば失礼かもしれませんが、面白いレースが多く退屈しないので、毎戦が楽しみになっています。赤い跳ね馬のチームがもっと頑張ってくれたら更に面白くなるのになぁなんて笑

ここからの数週間は日曜日の楽しみがないのが寂しいですが、夏休み明けのスパで面白いレースが見られることを期待しています~

 

F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP

F1速報 2019年 9/5号 第12戦 ハンガリー GP