エフライの感想記

のんびりやっていきます。

R.I.P ユベール。モータースポーツの危険さを改めて知る事に…

そのニュースは本当突然に飛び込んで来た。

 

夏休み明けのF1ベルギーGPを見終え、本当にルクレールとフェラーリが勝てるか不安になりながらベッドに入った土曜の夜。DAZNではなくフジテレビNEXTでF1を見ている事から、F1のジュニアカテゴリであるF2は見たくても見れないのだ。なので、次の日のニチアサ、特に初回の『ゼロワン』をリアタイ視聴する為にいつもより早めに就寝した。

 

 

そして迎えた今日。朝起きて『スタプリ 』の前に各ドライバーの予選コメントを見ようとサイトを開いた瞬間、目が一気に覚めた。F2で大クラッシュが起き、ドライバーが亡くなったという記事。それを見た時、自分の目が信じられなかった。

 

クラッシュが起きたのはスパ・フランコルシャンの名物コーナー、オ・ルージュ。個人的に一番好きなコーナーだが、危険が多い場所。16年に当時ルノーF1に乗っていたマグヌッセンが大クラッシュしたのが記憶に新しい。

 

Magnussen Crashes At Eau Rouge | Belgian Grand Prix 2016 - YouTube

 

 

そこでそのマグヌッセン以上のアクシデントが起き、弱冠22歳のドライバーが散った。今年からF2デビューのアントワーヌ・ユベール。デビュー年でありながら2勝しておりガスリーやオコンに続くフランス人F1ドライバーとしての期待が高かったドライバーだ。前述の通り、自分はDAZNに加入していないので、結果やYouTubeに公式が上げるハイライト動画しか走りを見た事がなかったのだが、有望なドライバーが現れたなぁと思ったものだ。

 

 

しかし現実は非情なものでレースの女神は彼を天国へ連れ去ってしまった。滅茶苦茶思い入れのあるドライバーではないが、やはり居なくなるというのはショックである。個人的には14年のビアンキ以来な気がするドライバーの死。あれからHALOだのなんだので安全性はかなり向上しているが、やはりこのカテゴリーでは避けられないものである事を痛感した。

 

 

 

R.I.Pユベール。

どうか安らかに眠って欲しい。そして空の上からF1を、モータースポーツを見守って欲しい。

 

 

 

F2はキャンセルになったものの、F1は開催される。また、同じ週末にインディカーも開催される。時間は決して巻き戻らない。そして、リアルタイムで同僚の死を知っても彼らは走る事を辞めないのだ。モータースポーツファンとして彼らを尊敬するし、二度とあんな事が起こって欲しくない。

 

ニキ・ラウダは言った「人生にはワールドチャンピオンシップよりも大切な事がある。生きている事だ」と。ライバルのハントは言った「安全性なんてクソ喰らえだ!僕がしたいのはレースだけ」と。また、ピケは言った「死にたくなければレーサーなんて辞めれば良い」と。

 

一体何が正解だったのか。どうすれば良かったのか。そんな事を考えたところでユベールは生き返らない。これからの安全性を考える為、そして面白いレースがこれからも開催され続ける為。FIAは大きな宿題が出来てしまった。

 

 

さて、今夜のF1ベルギーGP。

無事に終わってくれるのを祈りながらもフェラーリとライコネン、ホンダ勢の躍進を期待してスタート時間を待とう。