エフライの感想記

のんびりやっていきます。

総評《からかい上手の高木さん2》高木さんのからかいは衰え知らず。それどころか、もっと積極的になってきたぞ…

 

滅茶苦茶今更ですけど、夏アニメ『からかい上手の高木さん2』の感想です。18年の冬クールとして放送された1期。その時点で、照れる西片と、押せ押せの高木さんの構図に見ているこっちが恥ずかしくなる作品でしたが、2期は、より一層甘酸っぱい青春ものとして作り上げられていましたね。

 

1期では、原作の話を掻い摘んで映像化しており、終盤以外は、それぞれの話が繋がっている事が少なかったですよね。それが2年生となった2期では、ガンガンに繋がってきます。更に、『明日は土曜日』のミナ達3人組のお話も、繋がりを持っている事が多かったですよね。

オムニバス形式も嫌いじゃありませんが、こうやって、単発のお話が繋がっている方が自分は好きですね。キャラが生きている感じがしますし。

 

 

また、今回の高木さんは、1期よりガンガン攻めてきたのが印象的です。1話の時点で、「手を繋げたら西片の勝ち」という無理難題な勝負を提案しましたしね。

西片の事が好きなのは真野ちゃんや、ポニテの子(鷹川すみれ)にバレバレというか、隠していない高木さんですが、当の西片には、自分から告白して欲しいのか、匂わす程度で済ましています。もどかしいというか、なんというか…笑

 

 

そんなイケイケ高木さんにタジタジな西片ですが、1期の時に比べ、クリティカルを決める場面が多くなりましたよね。この成長が見られるのが素直に嬉しいです。

特に最終回の木村のナイスアシストを受け、綺麗に決め切ったのは最高でした。その前、7話の林間学校回も良かったですよね。

キャンプファイヤー終了時に手を繋げず、ボーッとしていた高木さんを、見つけ出すのはやっぱり、この2人には赤い糸がグルグル巻に結びついているなと感じました。

 

 

そんな訳で、1期の"ただのクラスメイト→仲の良い友人"から、"仲の良い友人→男女の仲"と関係が一歩前進した2人。

高木さんの中の人、高橋李依さんが歌うEDで最終回に使われた曲、「やさしい気持ち」の「手をつなごう」という歌詞に全てが集約された2期は、本当に見ていて和むものでありました。1話の「水切り」で今のはノーカンと言った西片が、最終話で「はぐれたら困るし…」と自ら手を差し伸べたのには、西片の良さが溢れ出していましたね。

 

他のED曲も、1期OPの「言わないけどね」含め、物語にリンクしており、選曲が上手いなぁと思います。また、OPの「ゼロセンチメートル」も「言わないけどね」から少し大人になった高木さんが頭を過ぎる、良い曲ですよね。まさかここでも「手」がキーになるなんて思ってもみなかったです。恐るべし構成力。

 

 

というのが、『からかい上手の高木さん2』の感想ですかね。1期から変わらない雰囲気の中で、高木さんと西片の、少しずつ進歩していく過程を見られてとても嬉しかったです。安心安定のある作品ですよね、本当。

 

原作漫画は集めていますが、果てさて3期は何時になるんでしょうかね(気が早い)。

人気も1期から継続していたようですし、期待します笑。

 

 

  

 

★関連記事

 

www.k-efrai.com