エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション》時代の移り変わり。平成から令和へ。WILL BE THE BFFの未来を目指して。

 

 

あの佐藤健氏の降臨事件があった冬映画から早一年。

今年も公開されました、冬映画。

 

www.k-efrai.com

 

昨年は「今まで平成ライダーを応援してくれてありがとう」というのが詰め込まれていた作品でしたね。懐かしい。

元号が変わり、ゼロワンが本格的に活躍する初めてのこの映画。一体どんなストーリーが展開されるのか、平成を代表するジオウがどのような立ち回りをするのか。とても楽しみにしていました。

 

 

 

前置きはさておき、中身に入りますね。

予告から何となく分かっていましたが、大まかには555の映画、『パラダイス・ロスト』のようなお話でしたね。ジオウの介入があった為、パラレルとはっきり分からない作りになっていましたが、人類が少数派に回りピンチというのは、どうしてもこの作品が頭をよぎります。

パラロスでは、オルフェノクが覇権を握っていましたが、今回は、機械であるヒューマギアが自らの権利を主張し、ひいては、自らが笑顔になる為に人類の滅亡を企てていました。

パンフレットのインタビューで、西岡徳馬さんがおっしゃっていましたが、この”機械の権利問題”は確実に未来で起こる問題なんですよね。今回は”人間と機械、共に笑顔になる世界を作る”という、ある意味お茶を濁した答えを出しましたが、本編ではどうなるか。そして現実ではどうなるか。現実は兎も角、本編で、”データも生命”という結論を出した『エグゼイド』の脚本を書いた高橋さんがどのような答えを提示するのか。ある意味大きな宿題を残した作品でもありましたね。

 

 

 

今まで書いた通り、今回の映画はゼロワンがメインでした。

或人の過去に触れ、覚悟が強固になると共に、一気に成長を遂げる。そんな内容でありました。

じゃあ、ソウゴ達は何をしたかというと、主に或人のサポートに回っていました。TV本編の記憶が戻った後は、完成した王様として精神が不安定になっていた或人を支えていました。個人的には、そのヒーラー役と、後、アナザー1号となったフィーニスに対して、「俺、魔王だから(意訳)」と言い放ったのが好きですね。あんな浮いていただけの普通の高校生が、ここまで達観するなんて。放送開始時には予想がつきませんでしたね。ゲイツやウォズの安定感も凄かったし、ツクヨミは謎の気合玉を習得していましたしね。ポッピーがあまりTV本編以外で活躍しなかったのが残念だったので、こうやって映画とかで大暴れしたのは嬉しかったです。

 

 

さてさて、今回の目玉でもあった仮面ライダー1型。

或人の父親が変身したライダーでしたが、仮面ライダーにしては珍しく、明確な敵ではありませんでした。洗脳により敵となってからも、ただの敵になるのではなく、乗り越えるべき壁として立ち塞がったその姿は、Vシネ『スペクター』のダンドンっぽさを感じました。例えどのような父親でも、子供の成長をきっちり見届ける。或人との戦闘はそんな感じがする、良いシーンでした。おい聞いているか、蛮野。

新しい時代”というのが、親世代から子世代へ。というのと、平成から令和へ。の2つにかけているのは、素直に上手いなぁと感じました。

 

 

レジェンドはほぼなく、終始ゼロワンに徹したこの映画。

何故人間側がイズをかくまったのか。何故不破達は直ぐに変身しなかったのか。等と疑問に思う部分はありましたが、総じて考えると、時代の移り変わりを感じられる、とても良い作品でした。

人間と機械(ヒューマギア)が手を取り合える、WILL BE THE BFFの未来を目指し、ゼロワンが、新しい時代の仮面ライダーとして、どう活躍していくか。今からとても楽しみです。