エフライの感想記

のんびりやっていきます。

独断と偏見で選ぶ! 2019年 映画 ベスト10!

早くも2019年も残りが数えられるほどとなりました。そんな訳で振り返り記事が多くなっているのですが、今度は映画にスポットを当てていきたいと思います。

 

調べると今年見たのは20作品+αくらい。まぁ大体2〜3週間に1作品は見ている事になります。年明けてからはハイペースでしたが、GW後辺りから露骨にペースが落ちたのが残念なところ。来年の課題ですね。

 

 

www.k-efrai.com

 

↑昨年版です。よろしければ何卒。

 

では、ランキングに行きましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

第10位『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』

 

 

【Amazon.co.jp限定】ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 (「『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 舞台挨拶~あんこうチームとパンツァー・フォー! in 水戸~」DVD付)

 

 

 

待ちわびた『ガルパン』最終章の最新話が第10位です。第1話から長い間、お休み期間があった今作でしたが、休んだ分、面白い話になっていましたね。

 表面上から本当の仲間になったB.C自由学園に、劇場版では、突撃しか脳がなかった知波単(失礼)の戦略の変化。と、2つの学園の成長が見られて、とても良かったです。

 ドンパチやる迫力は相変わらずで好きなんですけど、主役の大洗が敵に回ったかのようなカメラワークが、今回の作品では特に好きでした。

 

知波単との決着がつくであろう、第3話が今から楽しみ。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

 

 

第9位『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』

 

OVA「 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 」オリジナルサウンドトラック

 

OVA「 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 」オリジナルサウンドトラック

OVA「 Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 」オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト:末廣健一郎
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: CD
 

 

 

 

所謂日常を描いた前作、『Memory Snow』とは違い、シリアス全開でメインヒロイン、エミリアの過去を描いた『氷結の絆』。

アニメ2期が決まっている事から、その橋渡し的な役割を担うと思われるこの作品ですが、どんなに邪気に扱われても村人を想う、そんな健気なエミリアが「これでもかっ!」という程味わえましたね。

 

本編ではいけ好かない奴となっていたエミリアのパートナー、パックの見せ場も多くあり、2人(?)の絆というのが、とても突き刺さる作品でしたね。

 

バトルシーンの作画も良く、大画面に負けていませんでした。アニメ2期、大いに期待しています。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

 

第8位『ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over The Rainbow』

 

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow [Blu-ray]

 

ラブライブ! サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow (特装限定版) [Blu-ray]

ラブライブ! サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow (特装限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコアーツ
  • 発売日: 2019/07/26
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

1月4日という三が日を終えて、直ぐに公開された、『サンシャイン』の劇場版が第8位。前代であるμ'sと同じく、海外でのお話となった今作でしたが、雰囲気は正反対のものでしたね。

μ'sが、「解散するか否か。終わらせるなら、どの方法が良いか」という、しんみりムード全開で殴りかかって来たのに対して、『サンシャイン』のAqoursは、「3年生が抜けた後のリスタート」という前向きで、ある意味明るいテーマを引っさげて来ました。

 

やる事は、ほぼ同じっちゃ同じですが、テーマが違うだけで、ここまで違う感じになるんだと思いました。曲も、9人曲に卒業する3年生曲。ライバルユニットの曲と盛りだくさんだったのも満足感が高いです。

 

後継の虹ヶ先のアニメ化が発表されましたが、Aqoursは今後どうなるんですかね…

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

第7位『ルパン三世 THE FIRST』

 

映画「ルパン三世 THE FIRST」オリジナル・サウンドトラック 『LUPIN THE THIRD 〜THE FIRST〜』

 

映画「ルパン三世 THE FIRST」オリジナル・サウンドトラック 『LUPIN THE THIRD 〜THE FIRST〜』

映画「ルパン三世 THE FIRST」オリジナル・サウンドトラック 『LUPIN THE THIRD 〜THE FIRST〜』

  • アーティスト:You & Explosion Band
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: CD
 

 

 

つい最近公開された『ルパン』がランクインです。

3Dアニメになりながらもお約束を忘れず、我々の記憶にあるルパンが劇場で大暴れしていたのは何か感慨深さがありましたね。

 

とっつぁんとの追いかけっこで始まり、何だかんだあって、また追いかけっこで終わる。その途中に、嫌々言いながらも協力する次元・五右衛門がいて、漁夫の利を狙うものの、いつの間にか仲間になっている不二子ちゃん。

 

という"お約束"な構図。

この"お約束"がやっぱり大事なんだよなぁと改めて認識した作品でありました。

 

ルパンダイブがなかったのが、ちょっと残念ですかね。今のご時世、仕方ない気もしますが。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

第6位『劇場版 シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』

 

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(通常版) [Blu-ray]

 

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(通常版) [Blu-ray]

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(通常版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

 

こちらも"お約束"を忠実に守った作品、『劇場版 シティーハンター』。

 

 

美人の依頼人にデレデレして香をキレさせる獠ちゃん。

でもって、ピンチになる獠ちゃん。

でも何だかんだで敵を倒し、ポエミーでギザな言葉を言って香をキュン死(死語)させる獠ちゃん。

そして流れる『Get wild』。

 

 

はい、完璧。

これぞ『シティーハンター』。Q.E.D.

望むものを見に行って、その通りのものがお出しされるというのは、ここまで痛快なのかと実感した作品でしたね。

 

公開時期の関係で、『ルパン』より一つ上にしましたが、どちらも完璧な内容でしたね。フランス版のシティーハンターも気になりますし、絶対に見に行くつもり。

 

 

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(完全生産限定版) [Blu-ray]

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

 

2つ目

スポンサードリンク

 

 

 

第5位『名探偵 ピカチュウ』

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

 

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

公開前、しわくちゃ顔で大いに話題になった『名探偵ピカチュウ』。

イロモノ枠かな?と思わせておいて、謎解きとして、王道。でも面白くまとめて来たのは、嬉しい驚きでしたね。

 

"ピカチュウとトレーナーは言葉を交わす事が出来る"というアニメのサトシ達を見ていたら何も疑問に思わない事を上手く物語のキーとして使っていたと思います。

 

そうそう、今年のポケモン夏映画が『ミュウツーの逆襲』のリブートものだったので、2作続けてピカチュウとミュウツーにスポットが当たった作品になったのは何かしらの縁を感じますね。来年はどうなるんだろう。

 

 

後、今でも思う。

ルンパッパとコイキングは気持ち悪い。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

 

第4位『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』

プラッツ 映画「レジェンド・オブ・ウォー」 T-34/85 1/35スケール プラモデル SP-125

 

 

 

明らかに『ガルパン』ファンを狙い撃ちする為に、ロシアからやって来た『T-34』が第4位。

 

リアル戦車を使った迫力は天下一品もので、『ガルパン』とはまた違う、リアルな戦車のドンパチがとても楽しかったですね。

ストーリーも、敵ながら絆や友情とは言えない何かを感じるロシア人とドイツ人、2人のやり取りが、とても好きでした。

 

戦車で西部劇的な展開が用意されているなんてサプライズでした。

男臭い、けどそういうものも悪くないよね。

そんな印象を持った作品でした。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

第3位『天気の子』

 

新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

 

新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

新海誠監督作品 天気の子 公式ビジュアルガイド

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 大型本
 

 

 

一世を風靡した『君の名は。』の新海監督の最新作、『天気の子』。忘れがちですが、今年の作品なんですよね。

 

『君の名は。』が飛ぶように売れた為、恐らく物凄い重圧(期待)があったと予想出来ますが、お出しされた『天気の子』は、その期待に応えうるクオリティを持った作品でしたね。

 

カイオーガorアマツマガツチvsグラードン

と形容出来そうな構図で、非現実の事象が連発していく中で、今まで起こった事ら無かったことにならない。やり直しの効かない。というひどく現実味のあるラストが、何処と無く好きです。

 

「まだ言うのか」と指されそうですが、アップテンポの曲が一曲でも欲しかったな…

 

 

(カップヌードルは)2分が美味いんだよ、知らないの?

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

 

 

第2位『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(吹替版)

 

 

 

『天気の子』を抑え、2位に入ったのがハリウッド版ゴジラ、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

 

『君の名は。』と同じ年に公開された『シン・ゴジラ』は、初代ゴジラを現代風にリファインした作品で、続くアニゴジと呼ばれるアニメ『GODZILLA』は、シンゴジで捨てられた宇宙という要素を拾った作品でした。

 

残る"ゴジラ"を"ゴジラ"たる要素は、そう"怪獣バトル"。その怪獣バトルを多く見せてくれたのがこの作品でした。日和るラドンに、(偽)王として君臨するキングギドラ。ゴジラの為に!と頑張るモスラに、自分こそが王だと言わんばかりに降臨するゴジラ。と魅力満点な映画でした。

 

来年するキングコングとの映画も楽しみですね。

 

www.k-efrai.com

 

 

 

第1位 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』

 

並み居る強豪を押しのけ、2019年のトップに立ったのは『仮面ライダージオウ』の夏映画、『Over Quartzer』です。

 

今年は平成→令和という元号が変わる節目であり、色々な事が変わった年でした。自分は平成生まれなので、昭和から平成の時代の映りを経験してないのですが、崩御があった事から、"新時代到来!おめでとう!"とはならなかったのは容易に想像出来ます。

 

それに反して、今回は生前退位があり、至る所で新時代への期待を胸に、お祭り騒ぎが起こっていました。そんな誰もが、新たな時代を歓迎する中で、忘れていた事が1つ。

 

そう"今(平成)に感謝する事"です。

 

それを思い出させてくれたのがこの作品。

"平成をやり直す"という創作物では有り得ない目的で襲ってきた敵に、

 

「うるせぇ!!誰が何を言おうがしったこっちゃない。俺らが過ごした"平成"っていうのは素晴らしい時代だったんだ!!!!」

 

と殴り倒したのは爽快であると同時に不思議な気持ちでもあり、また笑えるものでもありました。

 

決して万人受けの作品でない『Over Quartzer』。

ですが、この作品が持っているノリの強さと最後に流れるDA PUMPの『P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜』の合わせ技で、自然と「平成って良い時代だったなぁ…」と思い、劇場を後にしたのを覚えています。

 

 

www.k-efrai.com

 

 

 

 

という訳で今年の映画、ベスト10でした。

完全に趣味趣向に偏っていますが、まぁ良いでしょう。そういうものです。ブログは。多分。知らんけど。

 

来年は10日公開の『フォード vs フェラーリ』に始まり、その後、『ハイスクール・フリート(はいふり)』等々って感じですかね。『シン ・ ウルトラマン』とかも来年でしたっけ。楽しみですね。

 

来年も良い作品に巡り会えたら良いなぁ…