エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《フォード vs フェラーリ》権力に振り回された2人の男の物語。66年ル・マンの、そしてレースの面白さが凝縮されている名作

 

ようやく見る事が出来ました、『フォード vs フェラーリ』。

日や時間が中々合わず、もどかしい思いをしていましたが、これでやっとスッキリ出来ます笑。

 

モータースポーツを題材にした映画は、『カーズ3』を除けば、18年公開の『OVER DRIVE』以来ですかね。体感ではもっと間隔が空いている気がしたので、見る事をとても楽しみにしていた作品です。

 

 

さて、この『フォード vs フェラーリ』。

心臓病を患い、現役生活にピリオドを打つ羽目になったシェルビーと、何処までも真っ直ぐで、ピュアなレーサーのマイルズの2人が、フォードという大企業の、いわゆる”大人の事情”に振り回されながらも、世界三大レースの1つ、ル・マン24時間レース制覇という無理難題に挑戦するというストーリーは、(多分)レースをそこまで知らない人にとっても取っつき易く、大変分かりやすい、そして燃えやすいものでした。

 

 

その、シェルビー達とフォードのお偉いさんとは別に、業績と名誉の回復の為にモータースポーツに殴り込みを決めたフォードと絶対王者のフェラーリ。といった対立もあり、鑑賞者が、感情移入し易い作りになっていたのは良かったです。

そんな中で、ヒール役のフェラーリを徹底的な悪役にしなかったのも、この作品の好きなポイントです。フェラーリもレースに対して真剣に取り組んでますからね。そこを踏みにじってしまうような作りにしなかったのには、制作陣のリスペクトを感じられました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

レースパートの迫力や板挟みで悩むシェルビー等、見所が本当に多い作品ですが、個人的には、色んなサーキット等、モータースポーツ関連のものが沢山見られたのが一番嬉しかったですね。

ル・マンの舞台、サルト・サーキット。物語では、マイルズをル・マンに参加させる為の前哨戦という立ち位置だった、デイトナ24時間レースの舞台、デイトナ・インターナショナル・スポーツウェイ。冒頭の、スパナ事件で窓ガラスが割れた状態で出場した40周レースの舞台、ウィロースプリングス・レースウェイ

どれもグランツーリスモをプレイした事がある人ならお馴染みのサーキットでしょう。そんなサーキット達を沢山見る事が出来たのが、嬉しいポイントでしたね。後、単語だけでもセブリングが出たのもGood。

 

 

サーキットだけでなく、今作の主役であるフォードGT40を始め、多くのクラシックカーが多く登場したのも興奮する一因でした。自分は、どちらかと言うと、国産車が好きなので、外車にはそこまで詳しくありませんが、それでもやっぱり熱くなるものがありましたね。フェラーリP3が見られただけでも、とても満足なのに…

 

 

シーンとして好きな部分は、シェルビーとマイルズが殴り合いつつも最後には笑ってコーラを飲むシーン。ヒール役のエンツォが、ル・マンのレース後、ケンに挨拶をしたシーン。の2つですね。

前者は、”これぞ男の友情!!!”って感じがしてとても好きですし、その殴り合いをマイルズの奥さんが、ある意味笑顔で見ているのも良いなぁと思った一因です。

後者は、レースをする為に会社を作ったエンツォらしい一幕ですよね。どんなに憎たらしい相手(のドライバー)であっても、敬意を示す。同情のようにも取れますし、腕を称賛しているようにも見える。レースをこよなく愛したエンツォだからこそ出来るシーンだったと思います。だって、自チームのマシンが不甲斐なく全滅したら普通帰りません?帰宅する事なく、レースを見届け、そしてドライバーに賛辞を贈る。これぞ、エンツォ。これぞ、王者フェラーリだなぁと感じました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

緊迫の66年のル・マンを終えた後、マイルズがテスト中に生命を落とした事で、この物語は終わりを告げました。フォードが66年から4連覇をしたという字幕から、マイルズの作ったフォードGT40は生き続けたんだな、と、とても感傷的な気分になる締め方でしたね。

「死にたくなければ、レーサーなんて辞めれば良い」そんな事を言ったのは、ネルソン・ピケでしたっけ。その言葉に間違いはなく、ピケより数十年も前の、それこそマイルズやシェルビーが走っていた頃のモータースポーツは、正に走る棺桶状態だったのは、今更語る事でもないでしょう。そんな時代に、生命をかけて、レーシングカーを走らせたマイルズを始めとする多くのドライバーには尊敬するしかありません。彼らがいたから今のモータースポーツや車産業がある。そう言っても過言では無いでしょう。

 

 

 

映画はフォード大勝利で終わりましたが、個人的には、この後の展開も好きなんですよね。大衆車を製造している会社に負けたという屈辱からか、翌年のデイトナで、フェラーリが今回のル・マンのフォードと同じように1-2-3の並んでゴールをやり返した。というのだけで、また一本映画が作れそうですもん。デイトナのサーキットはアメリカにあり、フォードもアメリカの会社ですから、フォードの悔しさと言ったら計り知れないものがあったでしょうね。そして、その悔しさから、この年(67年)のル・マンはフォードが制して…とライバルとしてバチバチにやり合っていく流れが本当に最高。

この一連の流れを映画にして欲しいなと、ついつい思ってしまいます笑

 

 

 

そんな最高に面白かった『フォード vs フェラーリ』。

新年一発目の映画が、この作品で良かったなぁと思う反面、これを超える作品に巡り合えるか、少々不安になっている所です笑

 

 

フォードvsフェラーリ (オリジナル・サウンドトラック)

フォードvsフェラーリ (オリジナル・サウンドトラック)

  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: MP3 ダウンロード