エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ソニック・ザ・ムービー》作り直したCGにて大暴れするソニック。初心者に優しい作りで◎

公開延期になっていた『ソニック・ザ・ムービー』。

数ヶ月の時を経て、ようやく日の目を浴びました。幸いにも近くの映画館が営業再開したのであまり遠出せず鑑賞する事が出来たので良かったです。その映画館に感謝です。これからもよろしくお願いします。

 

ソニック・ザ・ムービー

 

で、このソニックの映画。公開前にファンから不評だからとCG作り直しというまさかの行動を取りましたよね。個人的にCGの出来云々より、ファンの声に屈した事に驚きでした。確かに作り直した方が”ソニック感”はありました。ですが、一発目にそれを持って来ず、わざわざ手足が長いデザインのソニックにしたのは、デザイナーさんなりなんなりの拘りがあったはずです。なのに、そこをあっさり変えちゃう事に拍子抜けしたというか何と言うか。制作陣のソニック愛はそんなものかよ、と少し残念に感じました。

 

 

と、まぁ偉そうに言いましたが、自分はソニックの事をあまり知りません。

SEGAのキャラというのは流石に知っていますが、ゲームについてはからっきし。それこそ『スマブラ』とか『○○オリンピック』シリーズ位しかソニックに触れる機会がありませんでした。なので同じゲーム実写化作品の『名探偵ピカチュウ』とはまた違う感覚で鑑賞しました。

 

スポンサードリンク
 

 

 

詳しい設定とか全然知らないし、そんな自分でも果たして楽しめるのか、という不安がありました。ですが、そんな鑑賞前の不安何て露知らず。初心者の自分でも大変面白く鑑賞する事が出来ました。自分のようにソニックを全く知らなくても「何か滅茶苦茶速いハリネズミ」というポイントだけ抑えていれば、十分楽しめる作りになっている、優しい作品だと思いました。

 

 

『名探偵ピカチュウ』のように、始めから人類とソニック達が一緒に生活しているという世界ではなく、ソニックは異星人として描かれていました。その為、最近では『スター☆トゥインクルプリキュア』で見られたような、異星人と地球人の友情を描いた作品となっていました。ソニックはポケモンと違って主人公ですからね。こういう作りになったのは自然な流れだと思います。

 

生意気だけど内面孤独に打ちひしがれていたソニックと正義感に燃える優しい主人公。この2人の軽快なやり取りは見ていて楽しいものでした。両者の性格的に、バディものとして完成された組み合わせでしたね。外れるわけありません。

そして、その2人に対抗してくるエッグマンも、完全に悪役とは言えない立ち位置のキャラで、予想以上のコミカルさも相まって何処か愛嬌のあるキャラに仕上がっていました。そういや、エッグマンは地球人の立場でしたね。これは意外でしたね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

個人的にこの作品で好きなシーン、ポイントは3つあります。

1つ目は序盤、QUEENの「Don't Stop Me Now」をバックにソニックがカメと一緒に超速で走り回るシーンです。このQUEENの楽曲はOPに使われていたのもあって、自分の中でF1を彷彿とさせる楽曲なんですよ。その「「Don't Stop Me Now」=F1=速い」という脳内イメージが、そのまま映像化されたシーンなのでとてもテンションが上がりましたね。

 

そして2つ目はソニックが地球の次に行くはずだった星がキノコの星という点です。

まぁ思いっきりライバルのマリオに被せてきてますよね笑。勿論ただの偶然かもしれませんが、キノコで有名なゲームキャラでマリオシリーズ以外を出そうとすると少し考えます。それこそ回復用アイテムだったり調合用アイテムだったりとキノコは縁の下の力持ちポジションに収まっており、表立ってくる作品はマリオ以外にありませんからね。狙ったと考えるのが妥当でしょう。個人的にこういう小ネタが好きなので、とてもお気に入りです。

 

最後の3つ目は靴に意味を持たせた事、ですね。

ソニックといえば青い身体に赤い靴というイメージがありますが、この作品ではその靴にフィーチャーしました。地球にやってきてから、オンボロの底抜け靴を履いていたソニック。物語の終盤、それを見た主人公の姪っ子が友好の印にと新しい靴をプレゼントしました。受け取ったソニックがとても嬉しそうにしていたのが印象的です。

ただのトレードマークに意味を持たせる展開が好きなので、この一連のやり取りはお気に入りですね。

 

スポンサードリンク
 

 

 

逆に「あれ?」と思う点もいくつかあるんですよね。

大停電や、大都会サンフランシスコで大暴れをしときながら、ソニックの存在があやふやなまま終わりを迎えた事や、自ら招集しておいて責任を全部エッグマンに押し付けて騒動を無かった事にする警察、等々。

少々野暮かもしれませんが、この2点は気になりました。都会で走り回るソニックにの画が欲しかったのでしょうけど、あんな人目にバリバリ付く場所で大暴れしたら、存在を隠すのはまぁ無理でしょう。主人公の田舎で最終決戦を迎え、そこで主人公だけでなく、町人からも仲間として認められたという感じなのは分かりますけど、あのエンドじゃソニックや主人公は都会人から恨みを買った恐れがありますよね。特に主人公なんて名前や顔が割れていますから。妻の姉含め多くの都会人は真相を知らないままなので、彼らが今回の騒動の中心人物である主人公をどう思うかは容易に想像がつきます。いくら警察があの出来事を無かったとしても現場を見た人は大勢いますからね。そこのフォローが無かったのがちょっぴり残念。

 

 

後、もっとアクションが見たかったな、と思います。

ソニックの戦闘スタイル的に仕方ないとはいえ、基本的にはソニックが走り回るのがアクションの中心となりました。攻撃もするにはするけど、時折クロックアップのようにスローになってのアクションと、少々物足りない感がありました。予算の都合なのか、それともソニックの速さを魅せる為かは分かりませんが、もっと高速で殴る蹴るのアクションを見たかったです。

 

スポンサードリンク
 

 

 

という訳でソニックの映画の感想でした。

確かに残念な所はありますが、ソニック初心者にも優しい作りとなりつつも、抑えているところはキッチリ抑えていて見応えのある、大変面白い作品でした。久々の新作映画がこの作品で良かったです。

本場アメリカでも評判が良く、どうやら続編の制作、決まったようですね。本編最後に繋げられそうな要素を残していたので、上手く拾って欲しいなと思います。

 

 

そうそう、日本初アメリカ生まれ映画の続編と言うと、映画『パワーレンジャー』はどうなったんですかね。続編が作られるとなったり、会社が買収されたりとてんやわんやになっていますが…

まぁ兎に角。『ソニック』、『パワーレンジャー』、『ポケモン』そして『ゴジラ』と日本生まれのキャラクターのハリウッド版が続々と作られるのは何か嬉しいですね。『ポケモン』以外は続編があります(ありそう)し、これからの日本産キャラの大暴れにワクワクが止まりませんね!

 

 

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch

  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: Video Game
 
チームソニックレーシング - PS4

チームソニックレーシング - PS4

  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: Video Game