エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第7戦 ベルギーGP》フ、フェ、フェラーリさん!?

インディ500から早一週間。F1の舞台はベルギーのスパ・フランコルシャンに移りました。コロナのせいにより今まで変則的なスケジュールでしたが「お盆明けにスパ」というのを考えると、昨年までのノーマルスケジュールが帰ってきた気がします。

 

世界の 国旗 スポーツ 観戦 応援 各国 料理 日本 アメリカ イギリス フランス イタリア etc 90㎝×150㎝ (ベルギー)

 

さて、昨年のスパというと、どうしてもF2のユベールを思い出してしまいます。自分はフジNEXTでF1を見ているのでF2はノータッチなのですが、一報を聞いた時はとても衝撃を受けました。今回のレースは彼の約1周忌という事で、ガスリーがピンクのヘルメットを着用したり、国歌の前に黙祷があったりとF1でも様々なイベント等がありました。もうあんな事故が起きませんように…

 

 

フ、フェラーリさん!?

 

いつまでも暗い話をしてもアレなので、F1のレースに話を移します。

今回衝撃を与えたチームが約1つ。それは赤い跳ね馬さんチームです。確かに今年ここまでの時点でファンの期待を大きく下回っているこのチームですが、スパでは一味違う成果を残しました。FP3でルクレールが17位、ベッテルが20位(最下位)というね。いやぁ…もう…驚きでしたよ。特にトラブル無く走って最下位近辺って14年でも09年でもなかったですよ?予選が滅茶苦茶不安になる土曜午前中の結果でした…

 

 

結局予選も2台揃ってQ2落ち(13位と14位)。Q3に一台も進めないのは14年イギリスGP以来の快挙だそうですよ。あの時は雨がらみでしたから仕方ない面もあるとして、今回は完全ドライ。何やってるんだよ…。

 

 

で。期待薄で望んだ決勝ですが、まぁ酷かったですね。スタートこそ蹴り出しの良いソフトを選んだルクレールがトップ10に食い込みましたが、後はベッテル共々ズルズル落ちるだけ。アルファタウリのクビアトやアルファロメオのライコネンにストレートでぶち抜かれるのは見ていて悲壮感というか、何というか。とてもショッキングな気持ちになりました。だって元ミナルディだったり、首切った人間に直線で、しかも割と早めに抜かれたんですよ?しかもアルファロメオはフェラーリの弟チームですし…。悲しい。

 

マシンがダメなら戦略やピット作業もつられてダメになるのか、連鎖してボロボロミスを犯していました。先ずはジョビナッツィのクラッシュによるSC時。運良くタイミングばっちりでピットにルクレールを呼び込む事に成功したフェラーリ。さぁて反撃だ!…と思いきやタイヤが行方不明。まるで16年モナコGPのリカルドみたいになっていました。お陰でライコネンが苦労せず前に立つ事が出来ました。ありがとう(ライコネンファン)。

そしてルクレール2回目のストップ。川井ちゃんが言うにはニューマチックバルブのガスを補充する為らしいです。川井ちゃん曰く、ガスが抜けるのは珍しいようで、これまたフェラーリのやらかしの1つでしょう。

更にもう1つ。ルクレールへの作戦への伝導でやらかしが。レース中盤、チームから「プランB又はCで行く」と無線が入りました。これだけならまぁ良いんですよ。そこでルクレールが「その2つって全然違うくない?」と返した事で「あ…。またやったなぁ…」と察し、そこからチームが「うん。後で教えるね」とアッサリ返答。もうね。このチームは、エースすらまともに扱えないのか…と落胆するしかなかったです。本当にこの駄馬さんは…

ではベッテルは無事かというとそうでもないんですよね汗。ピットに入りたいと言っても入らせて貰えないという一幕がありました。

加えて、ベッテルはライコネンを抜けず、ルクレールはグロージャンを抜くのに手こずるという苦戦具合でした。こんな状況で次から2戦連続イタリア…。南無。ついでにサインツも。南無…

 

 

 

躍進!ルノー!

 

そんな駄馬さんを差し置いて大躍進を遂げたのがルノー。予選で2台揃ってレッドブルに割って入ると、決勝でもその強さを見せつけ、リカルドはフェルスタッペンの次点である4位、オコンはその後ろの5位でフィニッシュしました。しかもリカルドに関しては、ファステストラップのおまけ付き。使い古したハードでファステスト更新するとか貴方ハミルトンですか?笑。

もう少しラップがあれば、リカルドの表彰台が見れたかもしれないですね。惜しい。「GO!VERSTAPPEN!」と表示しつつシューイしていたファンの方には残念でしたね笑

 

2台揃って好成績のルノー。ここで速いとフェラーリとは逆にここからの連戦期待出来ますね!1000馬力PUの底力、期待しています…!

 

 

 

スパ王の意地

 

 

今年、イマイチ成績が芳しくないアルファロメオ。しかしスパ王ことライコネンはそんな状況でも魅せてくれました。

予選こそQ1落ちでスタートも大失敗でしたが、そこからの巻き返しは圧巻。いつもの如くウィリアムズやハースだけでなく、ベッテルをも抜くとは良い意味で予想を裏切られました…。一時は入賞圏を走れていましたし、リタイアが少ない中で12位というのは素晴らしいの一言です。地味にフェラーリPU勢のトップですしね。もう少し真っ直ぐが速ければクビアトを抜けそうだっただけに悔いが残りますが、まぁそれはアルファロメオにはどうしようもないことなので仕方ありません。

垣間見られたスパ王の意地。簡単にはチェッカーを迎える気はないぞ。と、そんな気持ちが見られた気がします笑

 

一方、相方のジョビナッツィは2年連続のクラッシュに終わりました。怪我が無くて良かったですが、ちょっと微妙ですね…汗

 

 

ガスリーィィィィィ!!

 

今回DOTDを獲ったのはガスリーでした。唯一のハードタイヤを活かし、オーバーテイクを多く魅せてくれました。SCが入ってしまった事により、ハードが意外と使える事実を周りに教えてしまうという不運要素はありましたが、それでも8位入賞というのは立派。ユベールに捧げるレースとして、申し分ない結果&内容でした。

 

相方のクビアトも予選11位で最高位。決勝も入賞は出来ませんでしたが予選と同じく11位と復調気味で何よりです。

 

 

その他

 

ノリスが予選10位から7位入賞を果たしたのは凄いですね。サインツが走れなかっただけに貴重なポイントを稼ぎました。後もう少しラップがあるか、オコンがアルボンを早く抜いとけば6位のチャンスもありましたね。まぁ仕方ない仕方ない。

 

レーシングポイントもポイントを積み重ねる事が出来ましたね。ペレスがソフトタイヤにも関わらずSC時にピットに入らないという謎戦略を取りましたが結局10位。相方のストロールは9位とW入賞を果たす事が出来ました。

 

ルノーが躍進した事で3位マクラーレン68pts。4位レーシングポイント66pts。5位フェラーリ61pts。6位ルノー59ptsと大接戦となっています。これは今後も楽しめそうですね!

 

 

そうそう、今回の個人的殊勲賞はリカルド、ガスリー、ライコネンの3人です。それぞれ現状期待出来る最高のパフォーマンスをしましたからね。これからもよろしくお願いします!!

 

 

 

まとめ

 

という訳で第7戦の感想でした。

ここまで触れてませんでしたが、1-2はメルセデス(ハミルトン-ボッタスの順)で、3位はフェルスタッペンでした。まぁいつもの通りですね。綴る事が特にない笑

 

ジョビナッツィのクラッシュには冷やっとしましたが、ラッセル共々無事で何よりでした。ユベールの事がありますからね。この週末はちょっと過剰に反応してしまいます…

 

後、余談ですが、川井ちゃんが「ラッセルガレージに戻ってくるの早い。多分バイク使ったのだろうけど。徒歩なら30分かかる。右京さんなんかホッケンハイムで徒歩帰宅しようとして迷子になった」と右京伝説を語っていたのが面白かったです笑。本人が「余計な伝説」と言っていたのにも面白さに拍車がかかります笑

 

 

さて、次戦はモンツァ。スパと同じくPUパワーがものを言うコースですね…。昨年はルクレールが大勝利を遂げましたが、今年はどうなるでしょう。まぁ十中八九メルセデスなんだろうなぁ…。