エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第11戦 アイフェルGP》皇帝に並んだハミルトン、鉄人を超えたライコネン。7年振りのニュルは荒れ模様に…

本来なら日本GPが行われた今週末。ドイツ、ニュルブルクリンクにて代わりのレースが行われました。ここでF1を開催するのは13年以来7年振り。現行のエンジン規定、V6ターボになってからは初開催となりました。自分の中では「ドイツでのF1=ニュルブルクリンク」というイメージがあるので、ここまで久々な気はしませんでしたけど。

 

7年もの間、開催期間が空いてしまったのでF1で走った事があるのは全20人中7人。ライコネン、ベッテル、ハミルトン、グロージャン、リカルド、ボッタス、ペレスのみとなっていました。入れ替わりの激しい世界だと改めて知らされましたね…

 

NEW 国旗ステッカー(ドイツ) SSサイズ 2枚組 再帰反射 耐水 屋外使用可能 高級車 ラグジュアリー ドイツ軍 フラッグ 欧州 ドイツSS(2)

 

さて、今回のレースは、7年振りの開催以外にも色々な話題がありました。ロシアGPに引き続きシューマッハの通算91勝に挑むハミルトンや、バリチェロの最多出走記録更新確実なライコネンといったベテラン組の偉大な記録。加えて、F2参戦中のミック・シューマッハ、アイロットのF1デビュー。と、目出度い事尽くしとなる可能性を秘めたレースだったのです。本来ならこれが鈴鹿で見られたかも…と思うと少し残念ですが、それでも嬉しい話題ですね。残念ながら悪天候により2人のF1デビューは待ったを喰らう結果となりましたが、それでもF1への一歩を確実に歩めたのかな、と思います。来年、または再来年が楽しみです。

 

金曜日のセッションがキャンセルとなり、FP3の僅か60分で準備しないといけないという大変な状況に陥った各チーム。そんな佳境の中、レーシングポイントに「ストロールが体調不良で出走不可」という追加爆弾が投下されました。チームは慌てて代走経験のあるヒュルケンベルグ連絡を取るという事態に…。間に合わせたヒュルケンベルグも凄いですし、マシンを彼に合わせ込んだチームも流石です。レギュラードライバー時代より話題になっていますね、ヒュルケンベルグ笑。因みにこれで、上に挙げた「F1 in ニュルブルクリンク経験者」は8人となりました。それでも半数以上が未経験というのは驚きですけどね…

 

スポンサードリンク

 

 

 

大記録に並んだ現王者

 

前述の通り、シューマッハの記録に再び挑む事になったハミルトン。そんな彼に「待った」をかけたのは、やはり同僚のボッタスでした。皆が1回目のアタックよりタイムを下げる中、全セクターでベストを出しPPを獲得した時は「ボッタス、遂に覚醒かな」とワクワクしました。スタートでもハミルトン相手に珍しく引かずにポジションキープ。このまま逃げ切るのでは…と期待していました。

しかし、ここですんなり勝利を諦めないのがハミルトン。じっくりプレッシャーをかけていき、1コーナーでのミスを誘いました。そしてその隙を逃す事なく1位を奪取。正に”強い”部分が滲み出た瞬間でしたね。トップに立つとそのまま華麗に独走。SCが入り後続との差が一旦はリセットされましたが、そんな事はお構いなし。完璧なレース運びでシューマッハに並ぶ91勝目を飾りました。もう、お見事の言葉しかありませんね。破られる事はないだろうな、と思っていたシューマッハの記録に並んだなんて今でも信じられません。衰えもモチベーション低下も感じられませんし、最多勝利の92勝目はおろか、100勝という大台も超えて来るのではないでしょうか。本当、誰か彼を止めて下さい笑

そんなハミルトンに対してボッタスはツイてなかったですね。1コーナーのミスは褒められるものではありませんが、その後のMGU-Hに起因するトラブルは同情します。バースト祭りが開催されたイギリスGPでもボッタスの方がハミルトンより被害大きかったですしね。辛い。辛すぎる…

 

スポンサードリンク
 

 

 

個人的殊勲賞

 

話を変えますね。

今回良かったのは先ず何と言っても決勝数時間前までケルン大聖堂の前のカフェでコーヒーを飲んでいたヒュルケンベルグでしょう。まさかのまさかの出走で予選では最下位でしたが、決勝では見事な走りを魅せ8位入賞を果たしました。4位に入りSCが無ければ表彰台を狙えた同僚のペレスも勿論凄いですが、正直ヒュルケンベルグの凄さには敵いません。シルバーストーンの連戦と違って練習無しですからね。代打の神様っぷりに脱帽です。

 

他には、3位に入り自身18年モナコ以来、チームとしてはワークス復帰初、過去を見れば11年マレーシアGPのハイドフェルド以来の表彰台を獲得したリカルドでしょう。残念ながら(?)、本人が忘れていたようでシューイは見られませんでしたが、それでもニコニコのリカルドを見られて満足です。ルノーワークスにフォーカスを当てると、ようやく…といった感じですね。マグヌッセン、パーマーコンビから長かった…。直線番長さも良い意味で消えてきましたし、これから期待ですね。オコンのブレーキ問題が続いているのがちょっと気になりますが…

 

後は、1ストップを成功させて9位に入り、今シーズン初入賞を果たしたグロージャンや、非力なマシンで予選5位、決勝7位に入ったルクレール。前述のハミルトンといった感じでしょうか。この5人は本当印象深いレース、結果を残しました。これからも熱いレースに期待ですね。

 

スポンサードリンク
 

 

 

その他

 

レッドブルについては、撤退ブーストが効いたのか、今まで以上にメルセデスに接近していましたね。レースペースこそまだまだでしたが、一発の速さでは大きく劣らない所まで近づきました。あともう1歩2歩上積む事が出来れば、優勝争いも面白くなりますね。チャージラップを挟んだとはいえ最終ラップにフェルスタッペンがFL取りましたし、この勢いのまま優勝を果たして欲しいですね。

 

また、アルファタウリのガスリーもいぶし銀のようなレースをしましたね。予選こそ12位でミディアムタイヤスタートを選んだ事から苦しい序盤となりましたが、きっちり6位まで上げて来たのは流石ですね。ここ最近のガスリーの頼りになる感は凄い。

同僚のクビアトは惜しいというか残念な結果に終わってしまいましたね。予選こそガスリーと同等まで戻してきましたが、決勝ではアルボンに撃墜されてしまい、勝負権を失いました。あのインシデントからペースが上がりませんでしたし、ダート走行並びに接触でマシンにダメージがあったんでしょうね。切り替えて頑張って欲しい。

 

そんな3人に対してアルボンは全体的に取っ散らかっていましたね。フラットスポット連発で作ってしまったり、クビアトを撃墜したり、ガスリーに魚雷アタック寸前までいってしまったり…。姉妹チームに配慮しろとは言いませんが印象としては良くないですよね。特にクビアトとの一件はイギリスGPのマグヌッセンとの接触を彷彿とさせました。状況としては15年カナダGPに近いですね。周回遅れのスティーブンスを追い抜こうとしたグロージャンが目測を誤り接触したやつ。アレとそっくりです。

リタイアの原因は謎ですが、クビアトのインシデントによる5sペナルティを消化出来ませんでしたし次戦みも厳しそうなのがね…。ムジェロの後、良いところが無いのが気になります。

 

スポンサードリンク
 

 

 

推しのライコネンが所属するアルファロメオですが、ジョビナッツィが10位入賞を果たしましたね。彼の入賞はサバイバルレースとなった開幕戦以来ですか。おめでとうございます。ライコネンも予選19位だったり、序盤でラッセルと接触しダメージを負ったりと色々ありましたが、結果ジョビナッツィから僅差の12位と健闘しました。SC中の10sペナルティ消化の是非が少し気になりますが、それ以外はジョビナッツィ共々良いレースをしたと思います。ベッテルやハースとのランデブー走行は今年のトレンドですね。

 

マクラーレンはここ最近シーズン序盤で魅せた元気がないですね。すっかりルノーと立場が入れ替わった気がします。ノリスは新PUを投入するも結局煙を上げてリタイア。サインツは久々に完走し5位という結果を残しましたが正直棚ぼた感が否めません。5位は5位ですし良い成績なのは事実ですが、イマイチレーシングポイントやルノーといったコンストラクターズ争いのライバルに後れを取っている印象です。まぁサインツは今回の成績を持ってモンツァ以降の不運とおさらば出来たと考えれば上々ですかね。何とか他車に喰らいついて欲しい。

 

フェラーリに関しては明暗クッキリといった感じでしょうか。ルクレールは予選から素晴らしい走りを魅せた一方、ベッテルは母国GPでも乗れてない感じがしました。ジョビナッツィを抜こうとしてスピンをしてしまいましたしね。幾分、不自然な回り方でしたし不安ですね。結局ジョビナッツィを抜けず入賞を逃しましたし背後はライコネンにビタ付けと、アルファタウリ3台体制と変わらないアルファロメオ3台体制を構築しているのが残念です。何処かに復調の兆し、落ちてないですかねぇ

 

ハースはグロージャンが入賞しましたし、マグヌッセンもベッテルとの良いファイトを魅せてくれたので成績以上に好印象です。ちょっとやりすぎな気もしましたけどね笑。ハンガリーでのスタート時にピットといい例え遅くても何とかして1つでも前へという姿勢は好きです。

 

ウィリアムズ…。今回は影が薄かったですね。ラッセルがライコネンと絡み宙を舞ったのがハイライトでしょうか。あのインシデントは仕方ない面もあるので不運だったとしか言いようがないと思います。確かにライコネンが止まり切れなかったのが気になりますが。マルドナードにひっくり返されたグティエレスや、バトンにひっくり返されたウェーレインのようにならなくて良かったです。ラティフィは…SC後のクビアトとの攻防が凄かったと思います。一切国際映像に出なかったので詳しくは分かりませんが。

 

スポンサードリンク
 

 

 

まとめ

 

という訳で第11戦の感想でした。

思ったよりもレースが荒れて、3位以下争いが白熱したレースとなりましたね。タイヤのデータが取れなかった為戦略が分かれ、実質の順位が分かりにくかったのは凄い久々な気がします。クラッシュが少ないのにも関わらず完走15台というのは珍しい。お陰でトップ争いを除けば楽しめましたけどね笑

 

安全より面白さを取るエンターテイナー、マシによるノリスのマシン撤去の為のSCは正直VSCでも良かったですよね。何かこういう所にインディカー等のアメリカンモータースポーツ味を感じます。確か2015年からの適用の規則変更にて、ラップバックが解消されたら隊列整うまでSCが走る必要が無くなくなったにも関わらず揃うまで待ちましたしね。多分死人が出るまでこの方針は変わらないと思うと心配です…。

 

さて、次戦はポルトガルですね。ここも正直どういった感じになるのか予想出来ません。ニュルブルクリンクは過去にF1マシンが走った事のあるサーキットでしたが、次の舞台であるアルガルベは10年以上前にオフシーズンテストで走ったきりですからね。全く分かりません。でも、その方が楽しいですからね。一体どういう展開のレースが見られるか、楽しみにしています。

 

 

F1速報 2020年 10/29号 第11戦 アイフェル GP

F1速報 2020年 10/29号 第11戦 アイフェル GP

  • 発売日: 2020/10/15
  • メディア: 雑誌