エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《マスカレード・ホテル》謎が謎を呼ぶ展開。最後の謎解きはスカッとしたなぁ

映画「マスカレード・ホテル」オリジナルサウンドトラック

 

はい、見てきました。『マスカレード・ホテル』。『クローズ』や『十二人の死にたい子どもたち』と同じ日に公開された今作品。木村拓哉氏と長澤まさみ氏という豪華なキャストをメインに据えた事でも話題でしたが、彼らに負けない素晴らしい内容の映画だったと思います。

 

では、以下感想です。当然のごとくネタバレしているのでお気を付けを。

 

www.k-efrai.com

www.k-efrai.com

 

 

ストーリー

 

同一犯と思われる殺人事件が3連続。いずれのところにも暗号があり、その暗号を解くに次の狙いはホテル・コルシアと考えた警察は潜入捜査を決行。しかし、そのホテルは超が付くほどのお金持ちご用達のホテル。無愛想なのにフロントに配置された刑事、新田(演:木村拓哉)は上手いこと接客出来るのか。そして彼の教育係に抜擢された山岸(演:長澤まさみ)との関係は。様々な仮面を被ってくる客(お客様)の中に紛れ込んでいる殺人犯をちゃんと捕まえられるのか。

 

というのが話の本筋や見どころでした。

犯人に見えた客(演:生瀬氏)は新田の学校に教育実習生としてきた落ちこぼれで本筋に関係なし。連続殺人は本当はく1つ1つの単独殺人だった。ホテルを狙った殺人犯のターゲットは客ではなく過去に自分を追い返した従業員。しかもその犯人は決行する前に1度宿泊している。等々「え!?」と思うことが多く常に先が読めない展開でした。

さらに新田と山岸の関係の変化や考えの変化、周りの警察やホテルマンの行動といった事も面白く、ただの舞台装置と化していなかったのも好評化です。個人的には持ち物担当の後輩が何故か印象に残りました笑

 

ストーリーにケチを付けるわけではありませんが、何故新田が山岸はここにいる!と分かったのかの説明が無かったのがちょっと残念。文鎮の位置が違うからここだと思った!的なセリフがあっても良かったのになぁと思いました。

 

 

ホテルマンって大変だなぁ

 

まぁ見出し通りです。お客様第一に考えているホテル・コルシアではお客がルールを作るものという精神の基、運営をしています。だから順番抜かしさせろ!と怒鳴る客やローブを盗んだと見せかけて料金の値切りを狙う客というクレーマーというかモンスターが現れます。今回の殺人未遂はこういう体質が招いたといっても過言ではありませんが、総支配人は特に対策等を考えていませんでしたね。有能に見えて案外無能かもしれんぞ、あの人。

とにかく、「お客様は神様です」を体現しているこのホテル。従業員はプライドやステータスだけで働きつ続けられるんですかね…。ちょっと疑問です。い^

 

 

まとめ

 

途中、少しダレた感じもしましたが、ミスリードに次ぐミスリード。だけれど犯人は最初の問題客という謎解きは素直に驚きましたし完璧に騙されました笑

初めはお互いの職に懐疑的だった新田と山岸が徐々に認め合い最終的にお付き合いする(のを匂わす)という展開はベタですけどやっぱり好きですね。

 

『十二人の死にたい子どもたち』もそうでしたが、こちらも原作を読んでみたいと思いました。こっちは続編もあるようで長いこと味わえそうで楽しみです。

 

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

マスカレード・ホテル (集英社文庫)