エフライの感想記

のんびりやっていきます。

モータースポーツ-F1

感想《2021 F1 第3戦 ポルトガルGP》良い加減はみ出すなよフェルスタッペン…。横綱相撲のハミルトンに付け入る隙なし。

ハミルトンとフェルスタッペンが、1勝ずつ分けた形となった、21年シーズンの開幕2戦。第3戦の舞台となるポルトガルの地では、どちらに軍配が上がるのか。早く結果を知りたいと思った人は多いでしょう。勿論、自分もその1人です。ハミルトンがこれまで通りの…

感想《2021 F1 第2戦 エミリア・ロマーニャGP》雨に翻弄されたレース。ツキのある人ない人が浮き彫りに。フェルスタッペン今季初優勝!

開幕戦から早3週間。イモラの地でF1第2戦が開催されました。先週のFEもそうでしたが、コロナウイルスで大変な状況にも関わらず、無事にレースが出来て良かったな、と思います。 今回のレースは、決勝の雨予報もあり、一筋縄では行かなそうな気配がプンプンし…

感想《2021 F1 第1戦(開幕戦) バーレーンGP》遂に開幕21年シーズン。今年は面白い事になりそう。

遂に開幕を迎えた21年シーズンのF1。メルボルンでの開幕戦が延期、テストは短縮と、未だコロナウイルスの影響が響く中、無事に開幕出来て良かったというのが一番の感想です。昨年の今頃は行き先真っ暗だった事を思うと、本当に良かったし嬉しいです。 今年の…

2020年をもってF1を去るドライバーの思い出

開幕前から様々な事があった2020年のF1。色々言いたい事はありますが、取り敢えず無事に終わりを迎えられて良かったな、と思います。昨年は特にコロナウイルスだったり、そのお陰で3連戦が多発したり、バーレーンでの大炎上事故があったりと散々な事が起きま…

F1 2020年シーズンを振り返って

あまりに突然だった今宮純さんの訃報から幕を開けた2020年。コロナウイルスの影響もあり一時はどうなる事かと思いましたが、7月にレッドブルリンクで開幕戦を迎えると、そこから何とか17戦ものレースを積み重ねる事が出来ました。開幕からベッテルの跳ね馬離…

感想《2020 F1 第17戦(最終戦) アブダビGP》最後の最後に魅せたレッドブル・ホンダ。来年に乞うご期待!

オーストラリアFP1開始2時間前に決まったGP中止。そこからカレンダー再編集を乗り越え、こうやって最終戦まで辿り着けた事、素直に嬉しく思います。あの地獄のような3月の金曜日の時を思うと、こうやってF1が開催された事が奇跡のようです。 さて、迎えた最…

感想《2020 F1 第16戦 サクヒールGP》苦節10年、190レース。遂に栄冠を掴んだメキシコ人のお話。

グロージャンのクラッシュを筆頭に、様々なアクシデントが起こった先週のF1。今週は普段のレイアウトからアウタートラックというレイアウトに変更してレースが開催されました。 チャンピオンであるハミルトンがコロナ陽性で不参加。代役にラッセルが選ばれる…

感想《2020 F1 第15戦 バーレーンGP》やっぱりF1は走る棺桶。改めてドライバーの凄さ、マシンやサーキットの安全性の高さを実感。

ハミルトンがシューマッハと並ぶ7度目のタイトルを決めたトルコGPから早2週間。F1はバーレーンに舞台を移しました。ルクレール初のPPやトロロッソホンダ初年度で珠玉の4位等、印象深い出来事の多いサーキットにて、一体どのようなレースが行われるか、楽しみ…

感想《2020 F1 第14戦 トルコGP》101人目のポールシッターに史上2人目の7冠王者爆誕。雨によって翻弄された9年ぶりのイスタンブール。

11年以来、9年ぶりの開催となったトルコGP。地震の影響が心配されましたが、サーキットには特に問題が無かったようで何よりです。 ここはターン8を筆頭に面白いレイアウトを取っているサーキットなので、ここで久々にF1をやると聞いた時はワクワクしましたね…

感想《2020 F1 第13戦 エミリア・ロマーニャGP》14年ぶりのイモラ。セナやラッツェンバーガーが眠る地に再びF1がカムバック。

14年ぶりにイモラにF1が帰ってきました。エミリア・ロマーニャGPとグランプリ名は変わりましたが、それでもセナやラッツェンバーガーが散り、シューマッハとアロンソの2年連続の死闘が繰り広げられた歴史あるサーキットなのには変わりありません。ムジェロ並…

感想《2020 F1 第12戦 ポルトガルGP》92勝目を飾ったハミルトン。中団争いも面白く満足度は高めなレース

ニュルブルクリンクでの1戦を終え、アルガルベへ舞台を移したF1。ポルトガルでF1が開催されるのは96年以来で、ポルティマオ・サーキットで、となれば初開催という事になりました。ムジェロや先週のニュルブルクリンクもそうですが、こうやって、通常時では恐…

感想《2020 F1 第11戦 アイフェルGP》皇帝に並んだハミルトン、鉄人を超えたライコネン。7年振りのニュルは荒れ模様に…

本来なら日本GPが行われた今週末。ドイツ、ニュルブルクリンクにて、代わりのレースが開催されました。ここでF1を開催するのは13年以来7年振り。現行のエンジン規定、V6ターボになってからは初開催となりました。自分の中で「ドイツでのF1=ニュルブルクリン…

また尻尾巻いて逃げるんですか…ホンダさん…

ロシアGPが終わり、本来なら来週の今頃は鈴鹿に居たのになぁなんてコロナウイルスを恨みつつ過ごしていた金曜日。とてつもない衝撃が突然襲来した。 Honda to Conclude Participation in FIA Formula One World Championship.— Honda Racing F1 (@HondaRacin…

感想《2020 F1 第10戦 ロシアGP》2年連続プーチン不在。やはりここではボッタスが強かった…!

タイトル争いを独走している、王者ハミルトン。そんな彼は、このロシアGPにてシューマッハの持つ通算91勝という偉業に挑む事になりました。 本人はあまり気にしていないようでしたが、シューマッハが子供の頃のヒーローだった自分的にはそうもいきません。そ…

感想《2020 F1 第9戦 トスカーナGP》初開催のムジェロ。色々な事が起こりすぎて逆に全然覚えてないぞ…

ガスリーが奇跡の初優勝を遂げたモンツァから早くも1週間。今回の舞台は、フェラーリのテストコースやmoto GPの場所としてお馴染みのムジェロでした。F1レースは初なものの、狭いコース幅、アスファルトではなくグラベルと芝のみのランオフエリア、と何処か…

ロス・ブラウンさんや…。F1にリバースグリッドは要らないですよ…

先日のイタリアGPは大変面白いレースでした。誰しもがハミルトン優勝を確信した前半からのどんでん返し。見所は色々とありましたが、ガスリーとサインツの優勝争いは、間違いなく今シーズンのハイライトになるでしょう。因みにこれは余談ですが、3強(メルセ…

感想《2020 F1 第8戦 イタリアGP》イタリア国歌がモンツァに響き渡る!祝え!109人目の勝者の誕生を!!

おいおいマジかよ…。こんな事されたら益々F1から目が離せないじゃあないですかぁ!! ハミルトンが圧勝し、フェラーリに失望したベルギーGPから早1週間。舞台をモンツァに移しイタリアGPが開催されました。 色々起こったレースで、正直まだ頭の整理が追い付…

感想《2020 F1 第7戦 ベルギーGP》翼を失くした跳ね馬。昨年までの勢いは何処へ。

琢磨選手が2回目の王者となったインディ500から早一週間。F1の舞台は、ベルギーのスパ・フランコルシャンに移りました。コロナの流行により、ここまで変則的なスケジュールで進んできたF1でしたが「お盆明けのスパ」という事は変わりませんでしたね。この事…

感想《F1 2020 第6戦 スペインGP》耐えたベッテル。珠玉の7位。

シルバーストーンでの連戦を終え、F1サーカス(死語)はスペイン、カタロニアにやってきました。ここはシルバーストーン以上に抜きにくいコースの為、予選が非常に重要となるサーキットです。なので、前戦、戦略で勝利を勝ち取ったフェルスタッペンは苦労する…

感想《F1 2020 第5戦 F1 70周年記念GP》先週以上に鍵となったタイヤ。それを上手く使いこなせたのは…??

バースト祭りが開催されたイギリスGPから早一週間、同じシルバーストーンにて「F1 70周年記念GP」が開催されました。先週よりワンランク柔らかいタイヤコンパウンドの投入が、レースに如何に作用するのか、という事が今回の見所でしたね。先週バースト祭りが…

感想《F1 2020 第4戦 イギリスGP》バースト祭り開催。それでもハミルトンの牙城は崩せず…

開幕3連戦から1週間間を置き、F1はシルバーストーンにやってきました。ここはハミルトン大得意のサーキットなので、彼が優勝筆頭候補なのは揺るがないと思います。一体誰がハミルトンへの挑戦権を得るのか、そこが気になるレースでした。 速さもツキもあるハ…

感想《F1 2020 第3戦 ハンガリー》雨が降る?そんな訳ない。ハースの作戦が独自路線過ぎて面白い

開幕3連戦の最後を飾ったのは、ブタペストで行われるハンガリーGPでした。このGPは、通常であれば夏休み前最後の1戦というポジションなので"第3戦"という事に違和感がありますね。ここは、フェルスタッペンが昨年PP、06年にはホンダ第3期唯一の優勝、と、ホ…

感想《2020 F1 第2戦 シュタイアーマルクGP》完勝ハミルトン。レーシングポイントとマクラーレンの躍進著しい

先週、遂に開幕したF1。早速3連戦が予定されており、その真ん中である第2戦は、開幕戦と同じくレッドブルリンクで開催されました。同じ国での複数開催はヨーロッパGPやサンマリノGP等といった前例がありますが、同じサーキットというのは初めてだそうですね…

感想《2020 F1 開幕戦(第1戦) オーストリアGP》帰ってきたF1。ボッタスとノリス。2人のヒーローが生まれたレース

長かった…。あの金曜日セッション(FP1)開始2時間前に伝えられたグランプリ中止の通達から早数ヶ月。ようやくF12020シーズンが開幕しました。コロナウイルス対策により、開催数から付随イベントにレギュレーション等、何もかも昨年までとは異なる状況で迎える…

感想《2012 F1 第8戦 ヨーロッパGP》アロンソ大逆転勝利。ライコネン、シューマッハとスター揃い組の表彰台。

ここ最近、F1公式YouTubeチャンネルにて過去のレースが配信されています。 面白いレースがピックアップされているので、毎度毎度楽しく視聴しています。今回見たのは12年のヨーロッパGP。個人的にトップ10に入る程好きなレースだったので、配信対象になった…

開幕していないのにも関わらず、ここ数日のF1が忙しすぎる件

ここ数日のF1界の動きが兎に角激しい。 無観客ではあるが、レッドブルリンクでのシーズン開幕。シルバーストーンでもレッドブルリンクと同じく、無観客で2レース開催合意。スパも無観客で開催の意向。と、基本的には、2020シーズンについての良い知らせが多…

感想《1996年 F1 第6戦 モナコGP》チェッカー3台。完走6台の大荒れレース。レースとは関係無い部分で先入観と違う事が多くて大混乱!

コロナウイルスの影響にて様々なスポーツが開催延期or中止に追い込まれている昨今。自分が好きなF1を始めとするモータースポーツもその例に漏れず、未だ開幕が不透明なのが現状です。そういった状況の中、自分のように暇で暇で仕方ない人を見かねてなのか、F…

個人的なクビサ、ヒュルケンベルグというF1ドライバーの思い出

来る者がいれば、去る者がいる。 それは、どの世界でも同じですが、TV等で目につく、スポーツ界では特に顕著ですよね。少し前に、昨年限りでF1を去ることとなったアロンソの記事を書きましたが、今年も2人のドライバーがF1を去ります。 1人はロバート・クビサ…

F1 2019年シーズンを振り返って

21戦と長かった19年シーズンもあっという間に過ぎて、もうオフシーズンに入ったF1。14年のエンジン規定変更から圧倒的な強さを魅せたメルセデスとそれらに対抗するフェラーリとレッドブル。混戦を極める中団勢と見所満載だった19年シーズン。そんな今シーズ…

感想《2019 F1 第21戦(最終戦) アブダビGP》早くも最終戦。最後に魅せた、王者の走り

12月までレースがある、とか、全21戦とか。多すぎる!!!という印象があった19年シーズンももう最終戦。今年もアブダビの地へF1はやってきました。 ここ最近は最終戦までタイトルや順位の争いがもつれる事が少なく、ボーナスステージ的要素が強いアブダビGP…