エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ》覚醒!プロテインの貴公子!これぞ万丈の真骨頂!!

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ マッスルギャラクシーフルボトル版(初回生産限定) [Blu-ray]

Vシネクスト発売に先駆け、25日から一部劇場で公開された『仮面ライダークローズ』。バッチリと映画で鑑賞してきました!

冬映画やジオウは置いておいて、ビルド本編ではC世界に移行し、仮面ライダーが不必要な世界に行った戦兎と万丈。彼らがどのようにまた戦場に立たされるのか、滅茶苦茶気になっていました!

では、以下、感想です。ネタバレ含むのでお気をつけください。

 

 

 

謎のライダー、キリバス!

 

今回のVシネクストの敵はブラッド族のキリバス。エボルトの兄にあたる存在です。破壊快楽主義者で自らの母星を破壊してしまうという鬼畜っぷり。ある意味、先に地球に来たのがエボルトで助かりましたね笑

 

そんなキリバス変身したライダーはクモがモチーフになっており、動きにくそうな見た目をしていました。ですが、実力は折り紙付きであり、復活したエボルト(スターク)やクローズチャージでは相手にならず、マグマやエボルになって初めて戦えるという強さ(しかも押されるとう…)

 

個人的に気になったベルトは戦兎のものを使っていました。これによって今回、戦兎は変身せず、サポート役に徹していました。理屈では納得出来るけどそれでも変身して欲しかったなぁ笑。というか、ジーニアスボトルあったんだ。てっきり無くなっていたと。

 

最終的に倒されたとはいえ、エボルト復活という事もありますし、実は生き残ってそうなのが厄介だなぁ笑

 

 

復活のE(エボルト)

 

予告から分かっていましたが、復活しました、エボルト。本当に万丈と組むか不安でしたが、ちゃんと組んでくれて安心しました笑

ただ、万丈のハザードレベルを上げる為と言いつつ万丈の両親を殺したり、今作のヒロインである由衣の首を(草加に対する木馬みたいに)掴んだりと外道さは相変わらずでしたね。

しばらくこの星を離れると言っていましたが、二度と戻ってきてほしくないです笑

 

記憶が戻った!?

 

キリバスがパンドラボックスを再起動したため、一海達ビルドファミリーの記憶が元に戻りました。戦兎達の仮説ではガスを吸っていた事が記憶を取り戻したキッカケになったようで、ガスを吸ってなかった内海は記憶が戻らず、せっせと杖を折っていました笑

 

記憶が戻った事で一海や幻徳は変身できるようになり、キリバス戦に参加していました。ベルトやボトルはどうしたんだろう…?と思いますが、多分戦兎達が念のためにと作っておいたor取っておいたんでしょうね。冬映画ぶりとはいえ、なんか妙に懐かしかったです。やっぱりこの2人の「ヒゲ!」「ポテト!」のやり取りは和む…。

 

 

まとめ

 

本編で既に綺麗に終わった作品だったので、鑑賞前はどう繋げていくか。そして、蛇足にならないかとか余計な事を考えていましたが、そんな考えは杞憂でしたね笑

 

万丈やエボルトだけでなく戦兎や紗羽さんといったレギュラーメンバーも活躍してくれたのが嬉しいところ。マッスルギャラクシーもカッコ良かったし言うことなし!という感じです。

まぁあるとすれば、万丈、香澄の事は良いの?というところですが、由衣との関係も"ベストマッチ"だと思うのでこれはこれで良いかな?と思います。A世界の香澄はいませんしね。

それと、由衣がなんでA世界の記憶を持っていたか、キリバスはなんで地球に来られたかといった解明されなかった謎はありますが、まぁ別に良いや、というかこのライブさはビルドらしい感じがします笑

 

全体的に本当に満足できる作品でした。ただ、これでビルドの映像作品が終わりと考えるとやっぱり寂しいな…。内海除く皆んなが記憶が戻った事で戦兎や万丈も生きやすくなったでしょうしこれからのビルドメンバーの話も見たい…

兎に角、いつか発売されるであろう小説を待ちたいと思います!