エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想 《2018 F1第4戦 アゼルバイジャンGP》 ハミルトン、今シーズン初優勝おめでとう!!

2年前、ルマン24時のラスト3分の悲劇の裏でひっそりと始まり静かに終わった初のアゼルバイジャンGP。

それと打って変わってドタバタで荒れに荒れた去年。

ライコネンの「ステアリングをよこせ!」を覚えている人も多いと思う。

3回目の開催となった今年は一体どんなレースになるのか。

ただでさえ一筋縄では行かない2018年シーズン。どういったレースになるのか非常に楽しみだった。

 

 

 

結果を見ると優勝はハミルトン。チームとして見ても今シーズン初勝利。開幕から4戦目にして漸く勝てた。トップ3チームの中で唯一大きなトラブルやミスがなく、(1度1コーナーで膨らんだが)終始安定しているレースだった。

 

2位はライコネン。

予選ではあわやPPという速さを魅せ、決勝でも1週目でオコンと絡んでからのリカバリーは凄まじく今年のマシンが彼に合っていて、全盛期を彷彿とさせる。(実際にピットミスがあったバーレーン以外は全て表彰台)

 

3位はペレス。

こういう荒れたレースでは確実に上位にいる(イメージがある)ペレス。

1週目でのトラブルからここまで返り咲くとは思ってなかった。

そして以外にもバクーで唯一の複数回の表彰台経験者らしい。笑

 

以下、ベッテル・サインツ・ルクレール・アロンソ・ストロール・バンドーン・ハートレイ

ここまでが入賞圏内で、更に、

エリクソン・ガスリー・マグヌッセン・ボッタス

の以上完走14台というサバイバルレースだった。

 

表彰台の3人のドライバーも然ることながら、

SCまでレースを引っ張り再開後に仕掛け、その結果タイヤにダメージを負い4位になったベッテル。

序盤、同僚のヒュルケンベルグと共にレッドブルを追い回したサインツ。

荒れたレースできっちり生き残り今までとは違う落ち着いたレースをしたルクレール。

ボロッボロの状態でピットに入ってきてそこから巻き返したアロンソ。

去年表彰台に上がり今年もしっかり走り切り入賞したストロール。

散々な予選からなんとか初ポイントを取ったハートレイ。

上海のリベンジとばかりにSC入った時には優勝が目の前にあったもののデブリによってそれがフイになったボッタス。

決勝では残念ながら1週目で散ったものの予選ではその非凡さを見せたシロトキン。

 

等々、素晴らしい走りをした人が沢山いて、とても面白いレースだった。

その一方、同士討ちをやったレッドブルやSC中にスピンしエリクソンのせいにしたグロージャン、2年連続折角の上位フィニッシュの機会を自らのミスで逃したヒュルケンベルグ。

といった少し首を捻るレースをした人がいたのはのは残念だ。

特に、レッドブルの同士討ちはいつかはやると思ったがまさか本当にやるとは思ってなかったし以前にベッテルとウェーバーが絡んでからの成長がなく上海と違って非常に残念だった。

それに、予選ではあわや2010年バレンシアのウェーバーの再現をしかけたトロロッソも課題が残ってると思う。

前回の上海といい、ドライバーにも過失があるとはいえ、マシンだけでなくチームとしてもっとレベルアップする必要があるだろう。

 

と、ここまで感想を色々書いてきたがとにかく言えるのは2018年シーズンはとても面白い!という事だ。

フライアウェイを終え、次はカタロニア、ここで各チーム様々なアップデートを入れてくるだろうし、それによって戦力図が変わるかもしれない。

ますます今年のF1から目が離せない。

 

 

 

F1 (エフワン) 速報 2018 Rd (ラウンド) 04 アセ?ルハ?イシ?ャンGP (グランプリ) 号 [雑誌] F1速報

F1 (エフワン) 速報 2018 Rd (ラウンド) 04 アセ?ルハ?イシ?ャンGP (グランプリ) 号 [雑誌] F1速報