エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想 《2018 SUPER FORMULA 第2戦 オートポリス & 第3戦 菅生》良い意味と悪い意味両方で光った運営の決断


f:id:efrai:20180527195046j:image

 

SF、F1、インディ500と今週も盛り沢山なモタスポ。

まずは先々週の決勝がなくなったオートポリス戦も含めてのSF編。

 

 

 

第2戦 オートポリス

 

 山本選手が勝利した開幕戦から3週間。

舞台は大分のオートポリスに移しての第2戦。

 

福住選手がF2に参戦するため、全日本F3に参戦してる阪口晴南選手が代役で登場。

予選の結果は11位だったがこれからが楽しみになる選手だと思う。 

期待されたコースレコードは可夢偉選手がQ2で記録した。

しかし、可夢偉選手はQ3では上手くいかず最下位の8位に終わった。

一方、トップタイムを叩き出したのは、前戦チームメイトと絡みグリッドペナルティを受ける事となっていた平川選手だ。

実質のフロントローにはダンデライアンの2台が並んだ。

野尻選手と石浦選手が同タイムでQ3に進出出来た、出来ないが分かれたのを思うと石浦選手のQ3での走りも見てみたかった。

それにしても、今年ロッテラーが抜けたトムスチームの不振が気になる。

特にロシターは2戦連続が(後述の菅生を入れたら3戦連続)Q1落ちたのは少々頂けない。

それと、下から2つを独占したチームルマンも頑張って欲しい。

 

 

 

ダンデライアンの2台の1-2が見られるのか、それとも平川選手を筆頭とした後方の人達が巻き返すのか非常に決勝が楽しみだった。

 

 

しかし、決勝は予報通りの大雨となり中止になった。

運営の判断に様々な意見があると思うが個人的には決勝は中止して正解だったように思う。

もちろん、少し待ったらスタート出来たかも。と思う人もいるだろう。

しかし、ドライバーの安全や観客の体調等を最優先に考えるべきなので中止の判断は賢明だっただろう。

もし、2015年の岡山のように少しSCランしただけでレース成立!みたいな事を再びやられたらそれこそ批判が相次いた可能性が高い。

もうあんなレースは懲り懲りだ。

 

 

 

 

 

 

第3戦 スポーツランドSUGO

 

前回のオートポリスが中止になったため実質の第2戦となった菅生。

ただでさえ抜きにくいマシンなのにコース特性も相まってオーバーテイクが非常に難しい事から予選の重要度がいつもより高いGPとなる。 

今回は、晴南選手に代わって昨年のマカオGPのウィナーのティクティム(表記揺れ有)が参戦。

レッドブル育成ドライバーといこともあり、数年後にはトロロッソでF1に参戦しているドライバーかもしれない将来が非常に楽しみな選手だ。

 

フリー走行で大クラッシュした伊沢選手が予選に参加出来ずといういきなり荒れた展開で始まった菅生戦。

伊沢選手に大きな怪我がなくて本当に良かった。

 

 フリー走行から引き続き予選でもまた荒れる…というか、揉める展開になった。

 

 

Q1の関口選手のベストラップが黄旗で更新されたと判断され、セッション終了後にタイム抹消の措置が取られたのだ。

 

ディルマンがクラッシュした影響で赤旗中断の時間がたっぷりあったのだが、あえてそこでタイム抹消の裁定を出さず、セッション終了後に抹消するのはいかがなものか。

関口選手は菅生を得意コースとしており、この裁定がキチンと赤旗中断中に行われていればQ3に進んでいただろう。

しかし、この裁定により関口選手の菅生は終わったのも同然だった。

 

 

 

 

 

そして、この疑問の残る展開は決勝でも起こった。

 

 

 

 

スタートからあまり大きな反乱もなく進んでいた決勝だったが、千代選手とロシターが絡むクラッシュが起きた時にまた揉めそうな案件が発生した。

 

 

なんとSCの表示が出る前にSCが出動したのだ。

それにより上位にいた可夢偉選手や野尻選手、平川選手がピットに入れず逆にSC入る前にピットを済ませてた一貴選手やキャシディが順位を上げた。

この時、山本選手をピットに呼んだ無限は流石である。

しかし、何が目的でそのような措置を取ったのか分からないが予選の関口選手の件も含めて今回の運営の対応が不味いのは明白だ。

SCがコース上にいるのに表示では黄旗のまま。

もし、ここでSCと絡むクラッシュが起きたらどうなっていただろうか。

運営にはリスクを避け、不利益が生じないような判断をして欲しい。

 

 

ちなみに優勝は完璧なタイミングでピットに入った山本選手。

開幕戦の鈴鹿から実質2連勝であり、チャンピオンに向けて俄然有利になった。

一方のSC前はトップを走っていた可夢偉選手は(相変わらずの)KCMGピット炸裂により6位に沈んだ。

昨年の富士やもてぎからピット作業に課題のあるKCMG。そろそろ可夢偉選手の優勝が見たい。

 

 

 

 

 

オートポリスと菅生、運営の対応の差が天と地程違うレースだったが、こういうのはレースが白けたり、怪我人が出たりするので1ファンとして止めて頂きたい。

確かに視聴者は荒れる展開を期待しているのだが、1番は公平な競争が見たいのである。

そこはちゃんとして欲しい。

 

 

 

 

 

そろそろタイトルの事も考える頃に入るため、更にハイレベルなバトルが見れると思うと今から楽しみである。