エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』 第1巻》仮面ライダーになりたかった人に送る怪作。いざ始動!

【Amazon.co.jp 限定】東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1)(特典ペーパー付) (ヒーローズコミックス)

 

あなたは仮面ライダーに変身したいと思ったことはありますか?

別に、仮面ライダーでなくてもスーパー戦隊でもウルトラマンでもはたまたプリキュアでも構いません。誰しもそういうヒーロー番組を見て育った人は一度は自分がヒーローになる妄想をしたと思います。無論、自分も例外じゃございません。

 

この『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』という作品は昔(或いは今も)、そういう夢を持っていた人に向けて作られた作品だなぁと感じました。

ただのヒーロー番組オタクが本当のヒーローになって悪に立ち向かう。そんなありがちな設定ですが"仮面ライダー"に"ショッカー"という舞台設定が特撮ファンを熱くさせる要因だと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

登場人物とストーリー

 

登場人物について書いていきたいと思います。主人公である東島丹三郎は仮面ライダーを見て育ったおじさん。好きなものは仮面ライダーとたこ焼きで趣味は縁日やお祭り巡り、年齢40歳で仮面ライダー1号に憧れを持っています。

定職に就いておらずバイトをしては山で(仮面ライダーになる為に)身体を鍛えているという紛う事なき変人。しかも鍛えた結果、熊を倒せるほどになるという、響鬼の世界にいたら鬼になれそうな超人でもあります。

 

そんな丹三郎が仮面ライダー(仮)になったのはショッカー強盗事件という事件があってから。まぁショッカーと言ってもあの黒いマスクを被っているだけの強盗というショッカー(笑)強盗事件でしたけど。

しかし、それでも仮面ライダーオタクの丹三郎を奮い立たせるのには十分で、彼はすぐ側にあった屋台で仮面ライダーのお面を買い、(気持ち的に)変身して強盗を撃退しました。

この時、丹三郎が涙を流しながらショッカーを撃退していたのが印象的です。多分自分も例えライオトルーパーやメイジでも仮面ライダーになって悪と戦う事が出来たら嬉し泣きするだろうなぁと感じました。勝てるかどうかは別ですが。

 

スポンサードリンク

 

 

そんな丹三郎と同じような境遇の人が1人。電波人間タックルに憧れる岡田ユリコという女性です。27歳で高校教師という丹三郎とは真逆のような堅い職を手にしているという対比が面白い。ユリコは父の影響で仮面ライダーシリーズ、特にストロンガーを見て幼少期を過ごしていました。多分、女性戦士が出ていたからだろうなぁと想像できます。

 

因みに"岡田ユリコ"という名前もタックルの変身者の"岬ユリ子"とそのキャラを演じた女優、"岡田京子"氏の名前の合わせ技と分かる人には分かるこだわりよう。そして、名乗りの際は「電波人間タック!」と"ル"を抜くというガチっぷり。

 

そんなガチオタなユリコが「タックル道」を歩み始めたのは、偶然見たストロンガー第30回が原因です。ライダーファンはご存知の通り、30話でタックルは死にます。

彼女はそれが非常にショックで一時再起不能まで陥りますが、父の励ましもあり、彼女は丹三郎みたいに身体を鍛えてショッカー強盗を倒すほどの実力を持つ事だ出来ました。

また、ユリコは、お面だけの丹三郎と違いコスチュームを完備。変身に15秒という変身と非常に長い時間を要する残念さ。まぁ折角変身するなら全身変身したいというガチっぷりは否定出来ないなぁ笑

 

そんな変人な2人が数多くあるショッカー強盗事件の1つで出くわすのですが、まぁイザコザが起きます。それはギャグとして面白かったのですが、そこにまさかのショッカーご本人登場。丹三郎とユリコが協力してようやく倒せるという強さでした。流石、ショッカー。

 

それにしても、この世界のショッカーの目的は一体なんでしょうかね…?戦闘員をゲル状にする化け物も居ますし、大真面目に世界征服とか狙ってそうですね。雑魚の戦闘員は良いとして、幹部級は鍛えただけの一般人で立ち向かえる相手じゃない気がしますが、どう対応するんでしょうか。

 

 

まとめ

 

改めて「ヒーローになりたい」と思った事があるor今も思っている人に突き刺さる作品だと感じました。丹三郎やユリコの真剣さに、なんとなく自分を重ね合わしてしまうのがヒーロー番組オタクとしては辛いところ。なんとか負けずに頑張って欲しいなぁ。

 

ユリコに惚れている生徒やショッカーの彼氏さんとか、これから丹三郎達に色々と絡んできそうなキャラもいますしこれからの展開が面白そうです。

『平成ジェネレーションズ FOREVER』とはまた別のベクトルで仮面ライダーファンが活躍する『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』。ド変人である丹三郎とユリコがする究極のヒーローごっこ遊びが行き着く先が非常に楽しみです。

 

 

終わる前に1巻で好きな丹三郎の言葉を残しときます。

どんな子供(ガキ)より俺の心は「仮面ライダー」だ

 

くぅ〜!!カッコいい!

 

【Amazon.co.jp 限定】東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1)(特典ペーパー付) (ヒーローズコミックス)

【Amazon.co.jp 限定】東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1)(特典ペーパー付) (ヒーローズコミックス)