エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《仮面ライダージオウ 第23話「キカイダー!2121」》ザミーゴが2週間ぶりにニチアサに帰還!そしてツクヨミ、ウール…嘘だろ!?

Over “Quartzer

 

鋼のボディに熱いハート

仮面ライダーキカイ!

 

 

2121年の仮面ライダーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

ザミーゴでありキカイダーな気もするけど笑

 

 

個人的に大満足したリュウガ編を終え、再び未来ライダー編。今回は2121年という途方も無い未来の仮面ライダー、キカイが登場しました。

 

 

レジェンドの活躍

 

今回のレジェンド枠であるキカイはソウゴの夢の中という形で登場しました。しかし、ただの夢ではなく予知夢的なもので恐らくゲイツリバイブが誕生する未来ではあのような世界になるのでしょう。キカイが活躍する未来は機械が世界を支配しており、人間はレジスタンス的な立場になっています。

レジスタンスといっても一方的に追い込まれている感じで何となく555の『パラロス』が頭をよぎりましたね。まぁゲイツ達が来た未来とも言えますが。オーマジオウになってもゲイツリバイブになっても最終的に人間は貧しくなるとは何という皮肉というか何というか…

 

キカイの活躍というと、キカイ自身機械(ややこしい)なのに人間を守るという役回りをしていました。この理由は次回明らかになりそう。

個人的には一応機械とはいえ、正義のライダーが生身っぽい人間を攻撃したのは意外だったなぁ。

 

 

アナザーライダー

 

未来ライダー編という事でもちろん出ました、アナザーキカイ。キカイという名前に反して何処に機械要素があるの?という見た目の悪さ。

ジオウⅡが登場した事で正直強さ的には物足りないアナザーライダーですが、契約者を持たなくても大丈夫で、実際、今回は木でアナザーライダーになっていました。なんていう変態性能…

 

ゲイツのゴーストとウォズのシノビという機械とは真反対とも取れるもので倒したのは何か熱かったなぁ。スウォルツのせいでウールがこいつに変身してしまったけどどうなるんだろう…

 

 

ツクヨミ離反!?

 

前回のラストシーンでうっすら分かっていましたが今回から本格的にツクヨミが白ウォズサイドに付き、ソウゴから離反しましたね。流石に時間操作の能力を持っていてらオーマジオウになるかもと思っても仕方ないですよね…。OPでタイムジャッカーと一緒にいた事が伏線になりそう。

離反と言っても変身は出来ないし、戦力的にはソウゴを止められないツクヨミがどう立ち回っていくのか気になります。

 

対するゲイツはソウゴに夢を見させよう(そしてキカイの情報を得よう)とラベンダーの香りを嗅がせるというお茶目さ。序盤の2人の立場からは考えられないなぁ笑

 

 

まとめ

 

という訳でキカイ編前半の感想でした。

正直、キカイ云々よりウールがアナザーライダー化したりツクヨミが離反したりと大変な事になっている本筋の方が気になっています笑。

予告を見るにジオウ、ゲイツ、ウォズの同時変身が見られそうで、更にオーラも何かしらの動きをしそうで内容の予想がつかないです…。一体どのようにキカイ編を畳むのかとても気になります!

 

仮面ライダージオウ DXキカイミライドウォッチ

仮面ライダージオウ DXキカイミライドウォッチ