エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《けものフレンズ2(けもフレ2期) 第7話「すぴーどのむこう」》モノレールから新しい乗り物へ!キュルル達の旅はまだまだ続く!

乗ってけ!ジャパリビート (初回限定盤B)

 

またなんか厄介なことに巻き込まれるのはゴメンだわ

 

 

こんな事言いつつしっかり巻き込まれていくカラカルにはお疲れ様と言いたいですね笑。

 

 

前回、1期主人公のかばんと出会ったキュルル達一行。向かった先は砂漠…まではいきませんが、サバンナとかステップとかそういう場所でした。つい最近まで南アメリカにいていましたが、今はどこにいるんですかね、キュルル達。モノレール使わなくなりましたし、ここは看板か何かで知りたいなぁ

 

 

今回のフレンズ

 

今回登場したフレンズはチーター、プロングホーン、G(グレート).ロードランナーでした。

ライオンとかは出ていましたが、チーターはまだでしたか。サーバル、カラカルといいネコ科が多い回だったな…笑。プロングホーンとロードランナーは手を組んでいるようで、チーターをライバル視していました。どう考えてもチーターがプロングホーンを食べる図式しか思いつかないのですが、ご愛嬌ですね笑。

 

かけっこやリレーで決着をつけようとしましたが、セルリアンの乱入もあり実質白黒付かず。でもまぁ本人達が納得してるなら良いですかね。

リレー対決ではサーバル・カラカル・ロードランナーも入り、各々の個性が発揮されてたので見ていて面白かったです。こういうのがもっと見たい…

 

 

今回のセルリアン

 

かばんや博士達が研究していると知るとより一層実情を知りたくなるセルリアン。

今回現れたのは農家の人が使ってそうな小型特殊車みたいな見た目をしていました。そんな見るからに強そうなやつを相変わらずワンパンで倒すサーバルかっけぇ。でも、じゃあ何でセルリアンに負けて記憶を失ったんだろう…?そんなエゲツない程強いセルリアンがいるんですかね?最終決戦が気になります…

 

 

まとめ

 

という訳で7話の感想でした。

かばんに会って何か変わるかなと思いましたが特に何も変わらなかったですね笑。いつも通りのんびり3人+ゲストのフレンズによるおうち探しという名の平和な時間が流れていました。

キュルルの絵が段々と人間的というか、人工物的なものを描いたやつから風景風…自然的なものになっていっているのが気になります。

実はキュルルも研究員とかそういう立場だったんですかね?終盤の謎解きが待ち遠しいです。

 

次回はペパプ出ますかね?

なんかそんな感じの次回予告でしたが1期出演済みフレンズも出て来ている事ですし再登板が待ち遠しいなぁ…。勿論、現状OPだけが出番となっているアライさんやフェネックも、です笑。それと、アルマジロ組もそろそろ復活してほしい〜(強欲)

 

ねんどろいど けものフレンズ アライグマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ねんどろいど けものフレンズ アライグマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア