エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ルパンレンジャーvsパトレンジャーvsキュウレンジャー》総勢20人による壮絶な戦闘シーンは必見。細かいネタも多くて大満足!

公開から少し遅れて鑑賞した、今年のVS映画。『ジュウオウvsニンニン』以来の久々のVS映画ですね!久々と言っても1作品分開いただけなんですけど、5年くらいなかったように感じます笑。それだけ、「年明け1発目の映画は戦隊のVS映画!」というルーティンが馴染んでいたんだなぁとしみじみ感じます。

 

 

それで感想に行くわけですが、この作品の見所は何と言っても最後の戦闘シーンでしょう。

最強(笑)のドン・アルカゲとその手下達に立ち向かう20人の戦士の戦いっぷりは見応えがありました。『199ヒーロー』やライダー春映画といった作品で、大勢での戦闘シーンを撮ること慣れているからか、20人なら朝飯前だ!といった感じのド迫力な戦闘パートでした。

 

 

つかさ先輩の胃が心配になる女子組や、兎に角強い4人のレッド等、見所が多かったです。『ジュウオウジャー』からサプライズ登場したみっちゃんは正直大して活躍しませんでしたが、兎に角出てくれただけで嬉しい。しかも野性大解放とか三角座り等「これぞ、みっちゃん!」というアクションをしてくれたのがプラスポイント。また今度はちゃんとした(?)活躍が見たい。出来れば大和と一緒に。

 

 

ストーリーはまぁ普段のVS映画と大差なかった気がします。制作時間的な事なのか、例年より各戦隊のやり取りが多かったような気がします。怪盗と快盗戦隊や、ラッキーと警察等見たかった組み合わせが見られて嬉しかったです。いつもは、異世界転生とかしますしね笑。

 

ラッキーの幸運に圭一郎が呆れ、しかし最後は認めるという流れは良かったです。でも、やっぱりラッキーの幸運度は凄い。本当、殺しても死なない気がします、この人。ただ、警察に絶対の信頼を置いていたとはいえ、何回捕まるんですかね笑。これで一応偉いさんなんだから少し『キュウレンジャー』の宇宙が心配になります笑

 

 

全体的に見ると細かい部分で「ん?」と思う事があったにせよ、非常に面白かった今回のVS映画。兎に角制作されたというのが嬉しいですが、これだけは言わせて下さい。

 

 

ホシミナトやジェラシットは何でああなって、楽器含めて結局どうなったの???

 

 

このフォローさえあれば個人的には大満足だったのに…。惜しい。

 

まぁでも、戦闘シーンとEDのダンスで全てが許せた感があります。『ルパパト』組はEDダンスがなかったからか結構ノリノリで踊ってましたね笑。『リュウソウジャー』でのダンスでもはっちゃけてましたし、この7人でのダンスを1年間見たかった気持ちが再び込み上げてきました笑

 

 

そういや、今年は『スペスク』の続編はないんですかね…。個人的に東映版アベンジャーズとしてめちゃくちゃ好きな作品なんですけど。頼むから是非とも続編を…!!!

 

 

 

 

 

おまけ

 

咲也が「ラッキーさーん!」って言っていたの、『けもフレ』が頭をよぎって笑ってしまいました笑