エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ゴジラ キング・オブ・モンスターズ》久々のハリウッド版ゴジラ映画。怪獣バトルが熱すぎる!!

公開日を今か今かと待ち望んでいた映画、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(以下、KOM)。14年のハリウッド版ゴジラ、通称『ギャレゴジ』や16年の『キングコング』の続編。ゴジラだけでなく、キングギドラやモスラ、ラドンも出る。等といった情報が解禁されるたびに期待値がインフレを起こし、逆に不安になってしまうという現象が起きていました笑

 

最近の怪獣映画というと、アニメGOZZILA、通称『アニゴジ』や白いゴリラが暴れた『ランペイジ』がありましたね。

 

www.k-efrai.com

www.k-efrai.com

 

共に登場怪獣が少なく、怪獣同士のバトルというものがほぼ無かったので、今回のゴジラvsキングギドラやモスラvsラドンには「そうそう!これが見たかったんだよ!!」という気持ちになりました。やっぱり怪獣は街を破壊した後、バトって貰わないと。

勿論上2つの作品や『シン・ゴジラ』がつまんなかったとかいうわけではなく、どうせ沢山怪獣が出るなら戦ってほしいよね、くらいな気持ちです。 

 

 

そんな怪獣バトルだけで満足感のある『KOM』ですが、ぶっちゃけ、ストーリーは王道で既視感のあるものでした。「地球は人間だけのものではなく、生物みんなのもの。怪獣はそのパワーバランスを調整する為に存在する。」というのは直近だと『アニゴジ』に世界観が似ているなぁと思いました。特に第1章の過去話である『怪獣黙示録』に。

 

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)

 

 

多分、この『KOM』の世界もあのまま人間が怪獣を叩き起こしただけで「やべぇ…どうしよ」で立ち止まっていたらこの結末になったのかもしれませんね。それはそれで見てみたい気がしますが、『ミレニアム』みたいな感じになりそう。

 

 

 

また、この作品は監督達、スタッフのゴジラ愛が溢れていたなぁと感じました。

例えば、ゴジラの住処である地底大国に一瞬映る「ゴジラ」の文字。そして渡辺謙氏演じる芹澤博士の「さらば、友よ」発言。更にあのお馴染みのゴジラのテーマ曲のアレンジをバックに帰還するゴジラ。と、このゴジラ大復活シーンの一連だけでもゴジラ愛を、そして、日本に対するリスペクトを感じます。ゴジラのテーマは兎も角、モスラのテーマが使われるなんて予想外すぎました。

 

個人的には核兵器特攻を芹澤博士に生かせる必要があったのか。少しでも日本人が核を使うことに躊躇して欲しかった。という気持ちがないこともないですが、91年の『vsキングギドラ』で核を自主的に使っていたのでまぁ良しとしましょう。博士の特攻も“芹澤”の名前を背負っているなら仕方ないかな…と思いました。それでも『オキシジェンデストロイヤー』が弱体化していたのは気になりますが。魚が骨になってませんでしたし、威力は低かったのかな…

 

 

改めて怪獣の感想ですが、本当にお腹いっぱいになる程ド迫力なものでした。

キングギドラが勝利の咆哮をした時にゴジラを見立てたような十字架が良い味を出していたなぁ。キングギドラというと、頭にそれぞれ性格があったのが面白かったです。それだけで十分魅力的なのに再生機能付きとかズルいでしょ笑。台風能力もありし、流石、宇宙からの侵略者。

 

 

続いてモスラですが、怪獣の女王という立場で上手く立ち回っていましたね。『アニゴジ』ではスーパーサブ的な役割で一瞬しか出番がありませんでしたが、今回は大活躍でした。キングギドラのことを美しいと感じた『アニゴジ』のギドラで感じた美しさは彼女に引き継がれましたね。あのシーンは鳥肌もの。

主にヒーラー役でしたが、戦闘ではラドンを撃破。劣勢ゴジラに味方し、キングギドラのに特攻と見せ場をたくさん作ってくれましたね。特攻シーンは思わず涙が出そうになるほど。生まれたてのはずなのに、ラドンを筆頭とする他の怪獣と違ってゴジラを王と認めていたのには正妻の貫禄がありました。おい、聞いてるか、ラドン。

 

 

と、ちょい攻撃したラドンですが、まぁ調子の良い役回りでしたね笑。まるでスネ夫。さっさとキングギドラの配下についたかと思ったらモスラに負け、ラストはゴジラに土下座。良くゴジラに殺されなかったな笑。

そんな彼ですが、戦闘機との戦闘シーンはカッコ良かったです。モスラ、キングギドラと来ての登場でしたから、影が薄くなるかなと不安でしたが全然そんなことなかったです。火山からの爆誕シーンは「これぞ!ラドン!!」という感じがしました。

 

 

真打ゴジラですが、ひたすらカッコ良かったです。ただ、『シンゴジ』を経験している身からすれば、ビームといいますか、遠距離攻撃が口からだけ、というのは弱いなぁと感じました。対戦相手が頭3つあるやつというのも余計にそう感じる要件ですかね。ですが、その分バーニングを開放しましたね。特にそこから猛攻をしなかったのが少し残念でしたが、やっぱりカッコ良かったです。

 

 

以上が感想です。

怪獣だけでなく、人間ドラマでは複雑な親子関係を描いており、考えさせられるものがありました。確かに、自分でも両親、特に母親があんなモンスターだったら家出するな。あの母親は間違いなく死にましたよね?これで抜け抜け生き延びていたら腹立つなぁ笑

 

自然派テロリストはゴジラが噛み千切ったキングギドラの左頭を獲得しましたし、今後の暗躍に期待!ってとこですかね。

 

 

14年の『ギャレゴジ』から始まって17年の『キングコング』そしてこの『KOM』と着実に続編が作られているモンスターせバース。来年の『ゴジラvsキングコング』で一旦終わるのか、まだまだ続くのか分かりませんが、これからもコンスタントに怪獣映画を作って欲しいものです。

 

早く来年にならないかなぁ笑。VS映画が楽しみすぎる!笑

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(Godzilla King of the Monsters)(2枚組)【帯&解説付輸入盤国内仕様】

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(Godzilla King of the Monsters)(2枚組)【帯&解説付輸入盤国内仕様】

 

 

おまけ

 

ゴジラ達、怪獣のキャスト蘭がhimself/herselfになっていたのは面白いな~と思いました。

 

このこと気づいたの全然いないやろうなぁと思ったらネットやSNSで結構話題になっているようで笑。皆さん意外とクレジットちゃんと見ているのね(自分が気付いたのはただの偶然)