エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《仮面ライダーゼロワン 第2話「AIなやつは敵?味方?」》2号ライダー、バルキリ爆誕!この言うこと聞かなさ、既視感フワ〜♪

ヒューマギアは殺人兵器だからな

 

これが不破の信じるライダー道。

番組コンセプトを否定するとは、これまた厄介な2号ライダーが来たな…笑

 

 

新ライダー、バルキリー!

 

前回の予告から登場が分かっていた『ゼロワン』の2号ライダー、バルキリー。変身者はこれまでの平成ライダーの2号ライダーに良く見られた、典型的な話を聞かない系。実際上司であるはずのユアもコントロール出来ていませんでしたし、相当な暴走癖があるなぁと感じました笑

 

そんなバルキリーですが、変身方法には驚きましたね。まさかロックを力づくで解除するとは…笑。ここまで暴走キャラだと今後の活躍が楽しみな反面、しばらくは不破にイライラする展開が来るんだろうなぁという気持ちなります笑。

 

まぁ或人のしょうもないギャグがツボな辺りヘイトが集中する事にはならなそうですけど笑

 

 

デイブレイク

 

今回明らかになった過去にヒューマギアによって大量殺戮(デイブレイク)があったという事。2号ライダーである不破はそれにより、ヒューマギアを作る会社を絶対許さないマンと化しました。その為、不破はヒューマギアを信用しておらず、人類の敵とみなしています。

 

一方主人公の或人はヒューマギアがあって今の自分があると思っており、不破と正反対の考えを持っています。ここのセリフの対話を見せながらの変身シーンは鳥肌ものでしたね!その後のバルキリーが見据える先にゼロワンがいるという演習も最高。

 

ここまで価値観が違うと今後の展開が面白くなりそうですよね。主人公がヒューマギア賛成派なので、ヒューマギアが100%悪いという展開は考え辛いので、不破がどのように考えを変化させるかというのが今後の見どころだと思います。

 

機械生命体と人間の調和というと、『ドライブ』が頭に浮かびますが、『ゼロワン』はどのような着地をするんでしょうかね。とても楽しみ。

 

 

まとめ

 

というわけで2話の感想でした。

1話の筋肉崩壊太郎に続き、今度はマモルというこれまた人の良さそうなヒューマギアが犠牲となりました。まだ或人達は何故彼らが怪人化したのかというのが分かっていないので、それを知った時どのような行動をするのか、というのがとても気になるところです。

現状、或人が暴走したヒューマギアを倒すための迷いがあんまりなく、感情移入したマモルをあっさり撃破した事は驚きでした。まぁニューマモルにハンカチ(?)を巻いている事から後悔というか、未練は残っているのはヒシヒシ感じますけど。

 

 

そして次回はまたまた早くも新ライダー登場回。不破に振り回されてばっかりのユアがどのように変身するのかとても楽しみです。シリーズ初の序盤からの女性ライダーですしね。どのように場を盛り上げてくれるのか、第3話が待ち遠しいです!

 

 

仮面ライダーゼロワン DX飛電ゼロワンドライバー

仮面ライダーゼロワン DX飛電ゼロワンドライバー