エフライの感想記

のんびりやっていきます。

F1観戦記 in Suzuka ~Friday~

皆さん元気にしていますか?笑

自分は今週開催されているF1日本GPを見に鈴鹿へ来ているのですが、ご存じの通り、ハビギス君の電撃参戦があった為、土曜日のセッションは全て中止となってしまいました。

 

つまり何が言いたいかというと、”末恐ろしく暇”ということ。

 

こんな嵐の中わざわざ出かけるような事はしたくないですし、しません。なので土曜日は丸一日ホテルに滞在する事に。前々から土曜日は怪しいという情報があったのである程度の暇つぶし道具は持って来たんですけど、流石に暇。インドア派の自分でも流石に旅行(?)に来てまでも引きこもりたくありません笑。

 

大方するべき事したい事が終わったので、せっかくだし金曜日の感想を書こうと今こうしてPCと顔を会わしています。

 

 

さて、金曜日一日を通して思ったのが、人が明らかに多いという事。

去年が30回記念大会という事もあり、例年よりお客さんが多いと聞いていたのですが、まさかそれを越してくるとは思いませんでした。一応去年との差は約2000人らしいのですが体感はもっと多い。それこそ誇張抜きで日曜日とかと遜色ないのではと感じました。

 

特にそれを感じたのがグッズ販売の列。

自分は金曜は9時くらいにサーキットに到着したのですが、その時点で多くの列が出来ていました。レッドブルなんて一体何か所あるんだと驚く程出店していましたが、どこも並んでいましたね。流石ホンダパワー。

着いてすぐ、自分は推しであるライコネンが在籍しているアルファロメオの列に並びました。他の中団勢より売り場が大きかったです。そんなアルファロメオショップで衝撃の事実が発覚。なんと、まだ金曜の9時30分ちょい前にも関わらず、ポロシャツが売り切れていたのです。いやぁもう、びっくりしましたね。日曜とかならまだ分かりますが、まだ金曜ですよ??売り切れているわけないと思っていました。その後、改めてショップを覗いて見たら、ライコネンの「Leave Me Alone」って書かれているパーカーやTシャツも売り切れていましたね。その時もまだFP2が始まっていなかったので改めてライコネンの人気の高さが感じ取れました。

 

…すみません、嘘です。「いやいや、いくらなんでも入荷絞りすぎ」と思いましたよ、はい。曜日別に在庫を分けているのかもしれませんが、いくらなんでも早すぎです。さてはライコネンの力を侮っていましたね??鈴鹿での購入は諦めますが、オンラインで再販がかかるのを期待します(グスン)。

 

 

気を取り直してFP1。

セッション前に土曜日はキャンセルとアナウンスがあったのでいつものFP1より皆精力的に走りこんでいましたね。安くないお金を払って見に来ているのですから、やっぱりマシンが沢山走っているの見れるのは嬉しいですね。1年振りの生F1に大興奮していたのですが、やっぱりメルセデスPUの音は大きいですね。去年はそれにとても驚きましたが、構造を大きく変えた今年もその音の大きさはそのままとは思っていませんでした。大音量なのは好きですが、個人的にはフェラーリPUの音の方が好きですね。なんか綺麗な音に聞えるんですよね、フェラーリって。V8時代とかもフェラーリのエンジン音が一番好きだったのでそれはPUになっても変わらないなぁと1年振りに感じました笑。

 

さて、FP1というと、やはり話題になるのは山本尚貴選手の出走でしょう!

フリー走行とはいえ、14年の可夢偉選手以来の日本人ドライバー誕生の場面に居れたのは本当に嬉しいです。アウトラップこそ滅茶苦茶慎重に走っていましたが、少し慣らした後は、レギュラードライバーに負けず劣らずの走りをしていたと思います。

結果は17位とそれだけ見れば微妙という感じになりますが、(タイヤ等の条件が違うとはいえ)同僚のクビアトとコンマ1差というのは悪くない、それどころか凄いと思います。FP1で走るドライバーというと、レギュラードライバーから1秒以上落ちとかがザラですからね。慣れているコースとはいえ、マシンを壊さずキッチリ走りきれたのは立見事の一言。FP2時、現地解説の琢磨選手も褒めていまし、トスト等からも好印象なので今回の走行は成功だったと思います。

 

これが山本部長のF1へのステップになるか、それとも後続の基盤となったのかは分かりませんが、Naoki Yamamotoというドライバーがいるという事を日本人以外に知らしめしたのは確かでしょう。また、今回山本部長にシートを譲ったのがガスリーというのもSFを知っている人には面白いところですよね。2年前にチームメイトだった2人が、F1で再会できたのは神様のいたずらかと思ってしまいます笑。今度はライバルとして会えたら良いなぁ


 

youtu.be


 

 

そしてFP2。

もし予選が開催されないならこのセッションの結果が決勝のグリッドとなる、とても重要なセッションでした。なのでFP1に引き続きいつも以上にコースに出てくるマシンが多かったです。いつものロングランに追加してシミュレーションではない予選アタック…。エンジニアさんとかは大変だったでしょうね。見ている分には楽しかったですが。ドライバーで言うと、ガスリーやFP1トラブルで満足に走れなかったジョビナッツィにとっては辛かったと思います。でもそれでも大きなミスをしないのは、流石F1ドライバーだなぁと感じました。

 

ボッタスのスピンがありましたが、特に大きなクラッシュが無く終わった金曜日。相変わらずメルセデスが強く、今年も彼らが優勝筆頭候補な気がしますが、果たしてどうなりますかね!?後半戦最強のルクレールや鈴鹿大好きベッテルの活躍も楽しみですし、もちろんホンダ勢の4台にも期待しています!頼むぞ!フェラーリ!レッドブル!

 

いや、本当。明日が楽しみで仕方ありません笑。日曜日は7時ゲートオープンの10時予選というハードスケジュールですが、今日の分まで楽しもうと思います!

幸いなことにサーキットは台風の被害があまりないようなので、予選は兎も角、決勝は出来そうでなによりなこと。それでは明日も早いので、今回はこの辺で。おやすみなさい~

 

F1速報PLUS Vol.40 2019年 日本GP 完全ガイド

F1速報PLUS Vol.40 2019年 日本GP 完全ガイド