エフライの感想記

のんびりやっていきます。

セトリ&感想《『LoveLive! Series 9th Anniversary ラブライブ!フェス』2日目》まさかの順番変更。こっちの順の方が何か良いなぁ

2日間開催の「LoveLive! Series 9th Anniversary ラブライブ!フェス」。2日目はLVにて参戦してきました。

 

1日目からどのように変えてくるのか。それとも変えてこないのか。28人(鬼頭明里さんが欠席のため)での「SUNNY DAY SONG」はあるのか。等々、初日の疲れが残る中、空元気で映画館に向かいました。

 

セトリはこちらです。

 

1.未体験HORIZON

 

2.TOKIMEKI RUNNERS

虹ヶ咲学園 コーレス

3.あなたの理想のヒロイン

4.Evergreen

5.ダイアモンド

6.めっちゃGoing!!

7.CHASE!

8.Love U my friends

 

9.近未来ハッピーエンド

10.夜空はなんでも知ってるの?

 

11.トリコリコPLEASE!

12.ときめき分類学

 

13.Guilty Eyes Fever!

14.Guilty Night, Guilty Kiss!

 

15.SELF CONTROL!!

Saint Snow コーレス

16.Believe Again

 

17.僕らのLIVE 君とのLIFE

μ's コーレス

〜メドレー〜

18.僕らは今のなかで

19.No brand girls

20.START:DASH!!

21.それは僕たちの奇跡

22.ユメノトビラ

23.KiRa-KiRa Sensation!

 

24.Snow halation

 

25.届かない星だとしても

26.WATER BLUE NEW WORLD

Aqours コーレス

27.未来の僕らは知ってるよ

28.HAPPY PARTY TRAIN

29.君の心は輝いてるかい?

 

アンコールなし

 

というセトリでした。

太文字イタリックなのは、1日目からの変更点です。虹ヶ咲学園の曲が1曲増えて、それ以降の番号がズレている事や、μ'sとAqoursの出番がマルっと入れ替わっているのは、省いていますが。

 

セトリに関しては、まぁ予想通りの変更でした。相変わらず「恋になりたいAQUARIUM」と「HAPPY PARTY TRAIN」は共存出来ないみたいですね。後、何かと皆勤賞に近い出番があった「青空Jumping Heart」が控えにまわったのが意外かなぁ。

 

μ's、Aqours両方の映画曲が無かったり、Saint Snowの変更が無かったのは予想外でした。まぁ後者に関しては、変えない方が個人的に好きだったので良かったです。

 

Aqoursのユニットが、1番何が来るか分かりませんでしたね笑。1stシングルをやりに来ている中、特典曲を披露したGuilty Kissにはやられました笑。

 

後、やっぱり、「SUNNY DAY SONG」はありませんでしたね。それに加えて、グループ間の交流も無かったです。これは残念なポイントです。今日に関しては、近江彼方役の鬼頭明里さんが欠席だったので、「やっても…」感はありましたが、それでも残念な物は残念です。それと、折角のフェスなのに、グループ間交流も無く、当番制だったのも、やっぱり残念でした。大人の事情があるのか、勘ぐっちゃいますね。

 

μ'sとAqoursを入れ替えた事から何かサプライズがあるもんだと思ってましたから…

でもまぁ、お陰で「届かない星だとしても」の星がμ'sっぽくなりましたけどね。

 

 

セトリの感想はこれくらいにして、内容に入っていきましょうか。

 

昨日とほぼ同じだったので、ぶっちゃけ目新しさはありませんでした。昨日は現地で今日は映画館ですしね。

 

でも、新発見と言うか、「おっ!」と思った部分はありました。

 

先ずは、なっちゃん事、宮下愛役の村上奈津実さんのパフォーマンスですね。SSAで1人でする事への重圧か、それとも単なる体力の限界を迎えたのか。結構バテバテでしたよね。

そりゃ、SSAですからね。武蔵野で1stがあったとはいえ、規模が違います。昨日の大西亜玖璃さんも最初は緊張しているようでしたが、同じような感じになったのでしょう。最後まで笑顔で、パフォーマンスをしていたのが滅茶苦茶印象に残ってますね。

 

逆にその後に完璧なパフォーマンスを魅せた優木せつ菜役の楠木ともりさんは凄かったです。昨日の久保田未夢さんは、i☆Risの経験が活きてるなぁって感じでしたが、こっちもこっちで凄かった。とても惹き込まれました。

 

 

その楽曲たち前のMCで、大西亜玖璃さんが、「皆がスクスタをやっている=皆、私(歩夢)の幼馴染」と発言したのは面白かったです。その後、かすみん役の相良茉優さんが、「私の先輩ですよ〜」と言っていたのも含めてGood。

 

今回は時間に余裕があるのか、全体的にMCが長かったですね。お陰で昨日に比べて休む事が出来ましたし、何事にも程々が大切と学びました笑。

 

 

話を戻しましょう。CYaRon!にも印象に残った事があります。それは、「近未来ハッピーエンド」で、旗を片手でぶん回していた伊波杏樹さんですね笑。アレは流石でした。

「夜空はなんでも知ってるの?」での斉藤朱夏さんの表情は局長にマッチしていましたし、伊波杏樹さんの舞台でこなれてる感も良かったです。

 

 

Saint Snowのお2人に関しては、MCで佐藤日向さんが「32人」発言をし、最後の挨拶で田野アサミさんが「A‐RISE」の単語を出したのが残ってますね。やっぱりA‐RISEもラブライブシリーズのスクールアイドルですし、こうやって触れてくれたのは、とても嬉しかったです。

 

 

μ'sに関しては、「μ'sic Forever」!!

で良いですかね?ダメですか。

 

昨日はまだ明日があるから〜風に装っていましたからなのか、今日は爆発していましたね。

相変わらず衣装を壊した疑惑のある新田恵海さんを始め、変わらないわちゃわちゃを見られて良かったです。勿論パフォーマンスは、各自怪我や病気の事もあり、ファイナルライブ程のものではありませんでしたが、あの、μ'sが踊っている瞬間は間違いなくファイナルライブから地続きの時間でしたし、あの場に、例え映画館でも、居る事が出来て、大変嬉しく思います。

 

μ'sだけ、9thのTシャツをアレンジしていましたし、先輩感があって良かったですね。最後に飯田里穂さんを筆頭に、涙を流し始めたのもμ'sっぽかったなぁ。

 

 

という訳でラブライブフェスの感想でした。

不満点も確かにありますが、本当に楽しいライブで、参戦出来て良かったと思います。そしてやっぱり自分の中で、μ'sって大きいなぁって改めて実感しました。 

 

"μ'sic Forever"

 

この言葉を忘れず、夢のような時間から、日常に戻っていこうと思います。

 

 

【メーカー特典あり】ラブライブ!  Solo Live! collection Memorial BOX III (ジャケットイラスト使用マルチクロス付)

【メーカー特典あり】ラブライブ! Solo Live! collection Memorial BOX III (ジャケットイラスト使用マルチクロス付)

  • アーティスト:μ's
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2018/03/28
  • メディア: CD