エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2021 F1 第13戦 オランダGP》36年振りに帰ってきたザントフォールト。赤旗多かったけどバンクを駆けるF1マシンの迫力が兎に角凄まじい…!

豪雨により、短くて長いレースとなったスパでの一戦から1週間。F1はオランダの地にやってきました。ここでF1が開催されるのは85年以来36年振りだそうで、如何にフェルスタッペンが現在のF1人気に貢献しているのかが伺えます。オレンジアーミーと呼称される大応援団が如何にフェルスタッペン、そしてホンダ勢の後押しをしてくれるかが見所のレースとなりました。

 

 

母国でポールトゥウィン

 

母国で勝てるドライバーと勝てないドライバー。

前者はハミルトン、後者はバリチェロといった感じに、F1には何故かそういうジンクスめいたものが存在します。さてさてフェルスタッペンはどうだろうか、という中で迎えたレースでしたが、フェルスタッペンは終始圧巻の強さを魅せ、見事ポールトゥウィンを達成し、1戦目にして母国GPウィナーとなりました。

予選ではQ3最後のアタックでDRSが使えない状況に陥ったもののPPを獲得すると、決勝ではスタートを決めた後、危なげない走りでそのままトップチェッカー。ライバルに付け入る隙を一切与えない完璧なレース運びで幸先良い、後半戦2連勝を飾りました。メルセデス勢ですら今回のフェルスタッペンの速さにはお手上げだったのは意外でしたね。それ位速く、そして強いドライビングでした。

 

対するメルセデスは、予選こそ接戦を演じる事が出来ましたが、決勝はフェルスタッペンの足元にも及ばない残念な結果に終わりました。結果だけ見れば2‐3フィニッシュと悪くないんですけどね。優勝争いに一切絡めなかったので物足りなさを感じてしまいます。

今回のレースで印象に残った事が1つあります。そう、ボッタスの反抗期です。

来季からライコネンに代わりアルファロメオ入りする彼が、危うくハミルトンのファステストラップポイントを奪うか、という所まで迫りました。チーム側が慌てて「ファステストを出すな」と指示した事で内部分裂は避けられましたが、個人的にはぶっちぎりのタイムでFLを記録して欲しかったな、と思います。どうせ今シーズンをもってクビですしタイトル争いには関係ないですからね。来年の職場も確保したので、次戦から吹っ切れたボッタスを見たいです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

個人的殊勲賞

 

今回に関しては、先ず圧勝だったフェルスタッペンですね。

抜きにくいサーキット特性から単調な展開が危惧された中、より一層レースをつまらなく感じさせる程の独走劇を披露してくれました。自分はフェルスタッペンのファンでもハミルトンのファンでもないので、面白いバトルが見られたら誰が勝っても良いというスタンスで観戦しているのですが、そういう意味では2戦連続つまらないレースになってしまいましたね笑。勿論、彼を批判したいとかそういう意図はないですし、今回のフェルスタッペンは凄い!と思いますが、「もう少しメルセデスしっかりしてよ~」とも思ったりします。まぁそれだけ今回のフェルスタッペンは完璧だったという事ですね。夏休み前の嫌な空気は完全に吹っ切れた気がします。

 

後は、アルファタウリという中堅に所属していながら予選、決勝共に4位に入ったガスリーも凄かったですね。残念ながらあまりカメラに抜かれる事はありませんでしたが、フェラーリやマクラーレンといった強豪をもろともせず、終始安定した走りを魅せてくれました。次戦は初優勝を飾ったモンツァですしね。この勢いのまま走り抜けて欲しいです。

 

また、抜けないザントフォールトで予選9位から6位まで這い上がってきたアロンソの化け物さには尊敬しかありません。スタートでポジションを幾つか上げると、終盤はフェラーリのサインツと接近戦を披露。後方にペレスを従えてのバトルでしたが、最終的にはオーバーテイクを敢行し、見事スタート順位から3つポジションを良くしてのチェッカーでした。彼の腕は鈍るどころか寧ろ覚醒している疑惑、ありますね。

 

最後に、コロナ陽性になったライコネンの代打として土曜日から急遽出走し、15位フィニッシュを飾ったクビサも素晴らしい走りでした。ライコネンファンとしては、彼の引退発表。そしてオランダGP、イタリアGPの欠場は残念ですが、代打として準備が足りない中で立派に役目を果たしたクビサの走りは称賛以外の事は何もありません。予選こそジョビナッツィとの差がありましたが、決勝は1ポジション差ですからね。怪我さえなければタイトル争いに加われであろうポテンシャルを秘めた彼の腕は伊達じゃありません。モンツァはスプリント予選と、これまたイレギュラーなスケジュールですが、次戦も頑張って欲しいものです。

個人的には、もう1人のリザーブドライバーであるアイロットを見てみたかった気もしますが、確か彼、別の予定が入っているんですよね。オランダGPの週末はGTのレース参戦の為にニュルブルクリンクで、イタリアGPの週末はインディカーデビューでしたっけ。ツイていないなぁ…

 

今回の個人的殊勲賞は、以上の4人ですね。次戦も彼らの走りに期待します!

あ、でもフェルスタッペンは接戦が出来るくらいには抑えて欲しいなぁ…、なんて。

 

スポンサードリンク
 

 

 

その他

 

圧倒的な強さを発揮したフェルスタッペンとは対照的に、相方のペレスはなんとQ1でノックアウトという悲惨な結果に終わりました。決勝こそ巻き返して8位入賞を果たしましたが、正直残念感半端ないですね。ここがコース幅が狭くトラフィックに引っかかりやすいサーキットな事くらい事前に分かっていますから、サッサとQ1突破出来るタイムを出さなかったのが悪いですね。決勝でもマゼピンを追い抜く時にタイヤをロックして潰したりしていましたし、何とも言えないレースでした。こんな帳尻合わせレースをしたペレスがDOTDって何の冗談ですかね。

 

また、同じ事はアストンマーティンのベッテルにも言えますね。

彼もハース2台のトラフィックにアタックを妨害されQ1落ちを喫しました。決勝こそ13位まで上がりましたが、まぁ…うん。っていう感じです。トラックの改善を待つのも分かるんですけどね。特にアストンマーティン周辺の勢力図は接近戦なので、少しでもタイム向上を狙いたいのは理解出来ます。でも、タイムを記録出来なかったら意味ないですからね。次戦は譲り合いの激しいモンツァですよ?大丈夫ですか??

今週の癒しのコーナー。

慣れないマーシャルさんよりベッテルの方が手馴れている説、ありますね。

 

スポンサードリンク
 

 

 

そんなペレス、ベッテルとは反対に予選で躍進し、決勝で落ちたのがアルファロメオのジョビナッツィでしたね。就活の身である彼は、予選にてQ3進出の7位という素晴らしい結果を残しました。フェラーリ2台の真後ろですからね。凄すぎる予選アタックでした。ライコネンがいない分、ポイント獲って欲しいな…と思いながら迎えた決勝は大誤算。スタートでアルピーヌに先行を許すと、そこからズルズル順位を下げ、気が付いたら緊急代役クビサの1つ上、14位といういつもと変わらない結果に終わりました。残念、無念ですね。流石に7位キープは無理でも、抜きにくいサーキットですし入賞は出来ると思っていました。残念。アルファロメオのシートがまた1つ遠のいた気がします。

 

 

前戦にて初表彰台を獲得したラッセルを擁するウィリアムズは、Q1で2台揃ってクラッシュしてしまったのが印象深いですね。

この予選でのクラッシュが響いたのか、決勝でもハンガロリンクやスパで見えた凄さは鳴りを潜めラティフィが16位、ラッセルがリタイアに終わりました。まぁ前2戦が出来過ぎただけ、とも言えますがちょっと残念ですね。しかし、ラッセルがリタイアするまで12位、13位辺りを走っていた事を踏まえると既に下位チームでなく中堅チームと形容出来ると思います。高速サーキットであるモンツァが楽しみです。

 

 

コンストラクターズランキングで3位を争っているフェラーリとマクラーレン。

今回はフェラーリに軍配が上がりましたね。予選では5位と6位。決勝でも5位と7位と、一発の速さとロングランでさほど差がない結果に終わりました。アルファタウリのガスリーを捉えられなかったのが少し残念でしたが、拾えるポイントは大体拾えたと思います。

フリー走行でのこのクラッシュから7位に舞い戻ったサインツ、凄い。

 

一方のマクラーレンは少し残念な結果に終わりましたね。ノリスは今季初のQ2落ちを喫すると10位入賞が精一杯。リカルドはQ3進出を果たしたものの、決勝ではノリスの入賞をアシストする壁役を担う事に従事し11位という結果に終わりました。リカルドの献身さには拍手を送りたいですが、前半戦までの躍進を思うと1ポイントのみという獲得ポイントの少なさには物足りなさを感じてしまいます。低迷がここだけで終わってくれたら嬉しいですね。

 

 

全体を通して、自分の中でイマイチ印象に残らなかったのがオコン、ストロール、角田くんといった面々ですね。結果自体は夫々9位、12位、トラブルによるリタイアと三者三様ですが、コレといった魅せ場が無かった印象です。相方が印象に残る活躍を魅せていたのも一因ですかね。次戦での爆発、期待しております。

 

最後にハース。

このチームに関しては最早言及出来る事はないですね。今回はアタック順で揉めていましたし、毎戦チームメイト間でごちゃごちゃやっている印象です。経験の差があるとはいえ緊急代打のクビサに普通に負ける辺り、チームとして最下位をぶっちぎっているなぁと思います。

 

スポンサードリンク
 

 

 

まとめ

 

という訳で第13戦の感想でした。予選までは毎セッション赤旗が出る大荒れなGPでしたが、決勝ではイエローフラッグすらベッテルのスピンによる一瞬のみという、終始平和なレースでした。追い抜きも少なかったですし睡魔とのバトルが捗りました。もう少しバトルが起こったり荒れの展開が無いとキツイですね…。スパの悪天候をちょっとだけ分けて欲しかったです。

さて、次戦は散々言及した通りモンツァです。しかも久しぶりのスプリント予選の開催です。ここ2年、予選ではアタックの順番待ち行列、通称トラフィックパラダイスが形成されていますが果たして今年はどうでしょうか。昨年の決勝は番狂わせが起きたので、今年も…と期待してしまいます。オレンジアーミーに負けないティフォシの飛躍も楽しみですね!

 

 

←前戦

 

次戦→