エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜》こころがぴょんぴょんする〜

mnご注文はうさぎですか?? ?Dear My Sister?

 

私ね

将来の夢は沢山あるけど

1番の憧れはやっぱりお姉ちゃん!

 

 

 

2017年11月に公開された「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」。

それが、abemaTVにて「ごちうさお月見SP」として初めて無料放送された。

映画館で鑑賞して以来、久々の視聴となる為、公開日並みにワクワクしていた。

 

感想というと、とにかく可愛い

各キャラのセリフや動き、はたまた髪型まで余す事なく可愛かった。

 

今回はタブレットで見たため、音響等は当然ながら良くなかったが、映画館で見た時の大音量は今でも忘れられない。また映画館で見たいなぁ…

 

 

今回使われた楽曲「ハピネスアンコール」(OP)や「セカイがカフェになっちゃった!」(ED)も大変素晴らしかった。

特に「セカイがカフェになっちゃった!」はこの曲限定のユニット、Petit Rabbit's with beansにて歌われた。待ちに待った7人の曲だ。

「兎に角楽しい!」が伝わってきて、聴いているこっちが笑顔になってしまう曲だ。

 

 

 

セカイがカフェになっちゃった! 「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」主題歌

セカイがカフェになっちゃった! 「ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜」主題歌

 

 

 

話としては、1週間地元に帰省するココアサイドと残ったチノサイドが交互に展開されており、片方が不遇になった事は無かったと思う、多分。

 

このココアの行動により、通常では登場し辛いモカやココアママの登場が容易に行われた。

それにしても、ココアが帰宅した時、ラビットハウスのコスプレしていた2人にはココア並みに驚いた。

パン作り等から見るに、本当に仲の良い親子、姉妹なんだろうなぁって思う。

 

 

 

チノサイドでは所謂ココアショックを引き起こした人がちらほらおり、少々リズムが狂った生活を過ごしていた。

アイスココアを量産するチノ。ココアを大量買いする千夜。チマメがココアを思い出して寂しくならないようにとハードスケジュールを課すリゼ。と色々なアクションが見られて楽しかった。

 

本編ではチノ⇆ココアの思いが良く描かれるが、今回は珍しくチノ→リゼの思いが描かれた。

 

2人の出会いはココアとリゼの出会いを彷彿とさせるもので、チノはその出会い方からリゼに対して恐怖心を持っていた。

それを見かねてか、リゼはその恐怖心を取り除こうとチノにワイルドギースと言う名のウサギのぬいぐるみをプレゼントした。

それはリゼお手製の物で、手にバンドエイドを貼っていたことから苦戦しながら、それでもチノの事を思いながら制作したのがうかがえる。

 

その甲斐もあってか、チノは「リゼさんは怖くなくて本当は一緒にいると疲れる」と初対面から評価を変えている。(「疲れる」というのも良いのか分からないが…)

 

この話をマヤメグにした結果、2人(そして千夜とシャロも含めた4人)にぬいぐるみ制作を頼まれるリゼ。ここの時の笑顔が最高に可愛かった。

 

結局、リゼが折れて作り方を5人に教えながらなぬいぐるみを制作してくのだが、ココアらしいウサギのイメージに魔法使いを持ってくるチノは流石だなと思った。

というのも、このシーンの前でココアは昔、魔法使いに憧れていたという事がモカの口から明らかになっているからだ。

 

そしてこのワイルドギースの兄弟は、入場特典の色紙に写っていた。

 

f:id:efrai:20180925082824j:image

 

こんな感じに。モカの分もあったのか意外。

 

 

そしてその後、チノがみんなを花火大会に誘う。

ココアの後押しがあったとは言え、チノの成長が見られる良いシーンだった。

 

花火大会当日、サプラーイズで帰ってきたココア含めて7人で花火を鑑賞。素晴らしい夏の思い出になっただろう。

 

 

上記のチノ→リゼや、ココア⇆モカと微笑ましいやり取りが多く見られた今作品。

チノ→リゼが掘り下げられたのは個人的に凄い嬉しかったし、ココア⇆モカでの上にある「一番はやっぱりお姉ちゃん!」発言はとても可愛かった。

 

この映画公開は17年。

今年は特に何もなかったが、19年にはOVA、そして20年には3期が控えている。

こころがぴょんぴょんする未来が楽しみだ。

 

ご注文はうさぎですか?? Blu-ray BOX

ご注文はうさぎですか?? Blu-ray BOX