エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《ラブライブ!サンシャイン‼︎ The School Idol Movie Over the Rainbow》0から1へ、そして1からその先へ。千歌達Aqoursが出した答えとは

f:id:efrai:20190104202046j:image

 

見に行きましたよ。待望のサンシャインの劇場版、『Over the Rainbow』。もう…ほんとね。なんかこう、上手く言葉に表せない程良い映画でした。

やっぱりAqoursって最高ですね!以上終わり!

 

…という訳にもいかないので笑。以下、細かい感想を書いていこうと思います。ネタバレ厳禁なのは当たり前ですが、μ'sの劇場版と比べて思うことも書いてあるので、そういうのが苦手or無印の映画は見ていないよという人はお気をつけ下さい。

 

ストーリー

 

まずストーリーなんですけど、その前に劇場マナー等々の紹介について書いていきたいと思います。

μ'sの時にもありました、ユニット毎や学年毎であるマナー紹介。Aqoursはなんと個人毎。自分は曜ちゃんが担当でした。そして、なんとそこでフォトセッションという謎のコーナーが。ここだけ写真OK。SNSやブログへの掲載OKという驚きなコーナーでした。公開1周目は千歌っちが被写体で、初詣デートがテーマなシーンでした。

 

f:id:efrai:20190104143530j:image

↑勿論、ばっちし撮りましたよ!笑

「写真OK」と言われた時の劇場内の「え?え?ホンマに!?」感は最初の上映だったから感じられた一体感だったなぁ笑

その後は当然、スマホは機内モードにしましたよ。マナーは守ります。

 

 

ではでは、ようやくストーリーに入ります。

今回の話は"3年生が抜け、6人として再スタートする新生Aqoursのリスタート"が主題でした。この時点でμ'sとは正反対を向いている事が分かりますよね。μ'sは解散するか否か、ひいては、"どういう終わらせ方が1番良いか"という事が主題だったのでもう既に向いている方が違うなぁと。どっちが正しいとか間違っているとかないんですけどこの対比は面白いなぁと感じました。

 

そういう主題の中に、

  • 浦の星との統合を嫌がる統合先の生徒&親との決着。
  • 鞠莉の未来を決めつけ、敷かれたレールの上を走らせようとする鞠莉ママとの決着。
  • 今まで後ろを歩いているだけだった理亞含めた1年組の成長。

というちょっと多すぎないですか?と心配になる数の要素を含みそれを上手く100分に収めたストーリーだったなぁと思いました。

浦の星との統合を嫌がる統合先というのは実際にはありそうだけど、みんな仲良しが普通なラブライブで薄っすらとはいえそれをやるとはなぁ…ちょっと驚きでした。このストーリー後、上手く行くと思いますが、実際には口うるさい保護者が1人2人は絶対いるし大丈夫かなぁ…

統合といえば、予告で写っていたボロボロの校舎は浦の星の分校でしたね。統合先の保護者の反対による仮処分だとよいつむ達が言っていましたが、だったら浦の星の校舎そのまま使っても良いんじゃないの?と思いました笑

花丸が言っていましたが、統廃合先が廃校って…ね?笑。本編見る前は、てっきりμ'sの海未達みたいにメモミスで実は間違えてましたテヘペローかと思っていたのに裏切られたなぁ笑笑

スポンサードリンク

 

 

今回のストーリーの副題として掲げられた内の1つでもある鞠莉の結婚。

まぁこれに関して言うと、親も親だけど子も子だなという感想を持ちました。親が子供の将来についてツベコベ言う事は本人の為にならないのかもしれませんが、100%悪ではないですし、ましてはボンボン家庭の小原家なら仕方ないのかもしれません。それでも強要するのはこのご時世色々と言われそうですが。

そしてそんな母親に対して鞠莉が起こした行動は、果南とダイヤを巻き込んで兎に角逃げる事。逃げてどうするんだ!とか、マジな捜索願い出されたら大変な事になるぞ!とか色々と鞠莉の行動にツッコミどころがある…というかツッコミどころしかないのがちょっと残念かなぁ。

特に何度も言うようですが、鞠莉は国際的なお嬢様なわけで、そんな人を連れ去ったと決めつけられれば、地元でダイビングショップ経営の果南はおろか、網元のダイヤもヤバイ事になったのは間違いない。基本頭空っぽの果南は兎も角(失礼)、石橋を叩いても渡るかどうか微妙なダイヤでさえそのような賭けに乗ったのは意外。もし千歌達の介入がなかったらどうなっていたのだろう…

 

もう1つの副題、1年組の成長。

鞠莉ママにスクールアイドルの素晴らしさを伝える為に行ったライブの場所を決める。理亞に対して「甘えちゃダメだよ」とルビィが諭す。そして理亞が新たなスクールアイドル結成に向けて奮起する。という成長度合い。1期から見てると本当に泣けるなぁ…

理亞に関しては先ず、Saint Snowがここまで優遇されるとは思わなかったです。A-RISEとはエライ違いだ…笑

 

Saint Snowのやり取りは外伝的なもので単独で見たかったような気もしますが、Aqoursメインの映画でここまで破格な扱いされたらもうありがとうございますとしか言えないです。本当、ありがとうございます、制作陣。

 

上記のような色々な要素があった中、破綻することなく纏まっていて面白かったです。

 

 

新キャラ

 

今回の新キャラは2人います。1人は鞠莉ママ。鞠莉に縁談を持ち込んだり、スクールアイドル活動をよく思っていなかったりという敵役。でも、お茶目な面を見せたり、鞠莉のパフォーマンスを見て手のひらを返したりと根っからの悪人ではなくホッとしました。といっても縁談自体が悪でもないし、親目線でいうと、ダイヤと果南はヤバイやつだなぁと改めて感じました。それでも2人を"ハグー"と"デスワ"って呼ぶのは面白かったです笑

担当声優さんは矢島晶子氏。変わる前の『クレヨンしんちゃん』のしんのすけ役が有名どころですね。流石、ママライブには大御所が集まるな〜

 

…ところで、あの…。確か鞠莉って「イタリア系アメリカ人の父と日本人母の子の間に生まれたハーフ」っていう設定でしたよね?プロジェクト開始すぐはイタリア人ハーフでしたが、いつの間にか設定が変わってそうなりましたよね??あのママどっからどう見ても日本人には見えないのですけど…。まさかダイヤ2年生に設定に次ぐ実の親子関係じゃなかったり!?はは…まさか、ね…

 

 

気を取り直して行きましょう。2人目の新キャラは予告で曜と一緒に居たあの人。色々と物議を醸した人ですが、正体はまさかの曜の従姉妹の渡辺月(わたなべ つき)ちゃん。ボクっ娘というのは驚いたなぁ。それに加えて"統合先の学校に在学"という属性を持っているので、それだけで十分な役割を担える気もしますが、イタリアに住んでたと理由で、旅に同行したり、その後、ライブの手伝いをしたりという破格の扱い。

ここまで凄いキャラとは思わなかったなぁ。名前も曜(太陽)と対照的な名前というのもなんか良い。

こちらの担当声優さんは黒沢ともよ氏。バンドリの美咲(ミッシェル)や『結城友奈は勇者である』の樹辺りが個人的な代表作。有名どころを呼んでくるなぁ〜

 

イタリア

 

次は今回の舞台となったイタリアについてです。モータースポーツファンとしましてはイタリア=フェラーリという方程式が成立していますが、流石に登場せず笑

その代わり(?)に、ベネチアやローマ、ミラノと言った代表的な都市が登場しました。スペイン広場やコロッセオがあったローマから善子がチケットを取ったドゥオーモ(大聖堂)のミラノまではグーグル先生が言うには驚く事なかれ、直線で573km。車で約6時間、電車で約3時間という大移動…。お疲れ様です。

 

自分はイタリアに行った事がなく、また知識も疎いので千歌達が止まったホテルや鞠莉達が籠城したホテルの場所は全く分かりませんが、とても高そうだと思いました(小並感)

 

個人的に気になったのがイタリアなのにスズキのスイフトが沢山いた事です。もっとフィアットとかのイタリア車を出してくれても良かったんですよ?笑

トミカ No.109 スズキ スイフトスポーツ (箱)

↑これです。スイフト。しかも日伊問わず水色というか霞色が多かったなぁ。

それと、ランサーっぽい顔の車もいたな。なんだっけアレ。

 

後、どのシーンか忘れました(追記:ホテル前で ようちかなんまりが会話しているシーンです)が、車が日本のように左側通行の如く路上駐車していた事が気になりました。確かイタリアは右側通行なので向かって左側の車がこっちを見てて、右側の車のテールランプが見えているのが普通なはずなのですが…。細かい事ですが、ここはしっかりして欲しかったなぁ…。『迷走迷走メビウスループ』のサンババスは右側通行だっただけに残念。

 

まぁ兎に角イタリアに凄い行きたくなったのは間違いないです。ラティアス、ラティオスにも会いたいし笑

 

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神(まもりがみ) ラティアスとラティオス【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]

 

楽曲

 

μ'sの映画と同じく、6つの新規楽曲が披露されました。しかし、構成はμ'sの時とは全然違い、Aqoursの曲が4つ、3年組の曲が1つ、そしてSaint Snowの曲が1つという構成。ここまで大きく変えてくるとは予想外でした。

 

最初に披露された『僕らの走ってきた道は…』は、2期最終話の『WONDERFUL STORIES』からそのままの時系列で歌った曲でした。そもそも『WONDERFUL STORIES』自体実際に千歌達が歌っていたのに驚きです笑

沼津の聖地紹介PVのようにも見えますが、彼女たちがここに住んでいるんだなぁと感じられる良い曲でした。各キャラなんとなくゆかりのある場所で歌っていたのが印象的です。にしても、ポスターで使われる果南がヘッドフォンを装着している衣装がこの曲だとは思わなかったなぁ〜

 

 

次は鞠莉ママからの脱走時に歌われた3年組の曲、『迷走迷走メビウスループ』。「終わりなき環」という逃走状態がずっと続く意味のように見えて、Aqoursはずっと続くとも取れる素晴らしいタイトル。それにしても、この曲といい『?←HEARTBEAT』といい3年組は何かから逃げるのが使命なんですかね…笑

この曲にサンババスが登場するのですが、その時にダイヤの見せる笑顔が可愛かったなぁ。

 

 

3曲目は、『Hop?Stop?Nonstop!』。上で紹介した鞠莉が母親にスクールアイドルを認めさせる為に行った曲で、広告で使われた楽曲です。楽しい!がビンビンに伝わってくる曲で良かったなぁ…

何気に1番印象に残ってる曲かもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

次の4曲目と5曲目はAqoursとSaint Snowが合同で開催した極秘(?)ライブで使われた曲です。Saint Snowはラブライブ決勝用の曲を持ってきました。このライブは、聖良の存在の重さに潰れてしまいそうな理亞を救う為に開催されたもので、ここでのSaint Snowの絆の強さにはウルウル来たなぁ〜

 

曲名はSaint Snowが『Believe again』。Aqoursが『Brightest Melody』。

Saint Snowの曲は相変わらずの格好良さでライブが楽しみになる曲でした。CGで次から次に聖良と理亞が現れる演出にはビックリしました。挿入歌の中では1番好きかもしれません。

Aqoursの曲は夕陽からの衣装チェンジが印象的でした。2回目以降の鑑賞で確認します(追記:確認しました!見事に衣装チェンジしていました)が、3年組以外衣装変わっていたような気がします。

元々『WATER BLUE NEW WORLD』のアルティメット版の衣装だったので期待していましたが、それを超える良い曲だったと思います。

でも、Saint Snowの曲とこの後流れた『キセキヒカル』の陰に隠れた感じがするのは少し残念。ヨハネの笑顔可愛かったのになぁ…。

 

そしてこのライブを撮影し、どこかに投稿して、下のライブに必要な人員を用意する月のスペックの高さは恐ろしい。なんなの?この人笑

 

 

ラストの曲は新生Aqours6人曲でもあり、また9人曲の『Next SPARKING‼︎』。

実際には新生Aqoursを見届けてそれぞれの新しい場所に向かった3年組ですが、演出としては2番から参戦しました。そこから宇宙空間とも言えるような不思議な空間に移動した為、多分実際には無かったシーンだと予想します。ここでのCGも凄かったなぁ…

『Awaken the Power』ではルビィと理亞の2人曲に期待した為、11人曲になったのは少し残念でしたが、今回は千歌達の衣装を見てから3年組が参戦するだろうと予感したので不思議と違和感というか嫌悪感はありませんでした。3年組だけ両方に翼あったのはなんか感慨深い…。

ちゃんとは覚えていないのですが、ようちかなんの幼馴染組が『未熟DREAMER』に引き続き組んでくれたのが嬉しかったです。アニメでは千歌、曜、果南の幼馴染設定があんまり活かされて無かったのでこういう細かいところで拾ってくれるのは嬉しいなぁ。少し前ですが、果南が千歌に「ここにいるよ」とアドバイスしたシーンも好きです。

 

 

『僕たちはひとつの光』みたいに名前を歌詞に入れるのでは…?と少し期待したのですが、ラストソングでもないのでお預け。多分そういう曲が来たら泣きます笑

 

 

後、曲全体を通しての感想ですが、CGの進化が凄いですね。EDの時の波もそうでしたけど、本当にμ's時代から進化していました。

ただ、個人的にマイナスポイントなのはアップ絵でもCGが使われていた事です。『Angelic Angel』の絵里まではいかなくても、こう…グッとくるというか、惹きつけられるアップ絵が少なかったのはちょっと残念だなぁ…。

 

 

まとめ

 

μ'sの映画は寂しい、重たい雰囲気がプンプンと漂っており、見返すのは少々億劫になりがちになる内容ですが、Aqoursの映画はそんな雰囲気はなく、全体的に明るい作品でした。

μ'sは終わりの物語でしたが、一方Aqoursは始まりの物語だったのでそりゃそうなるなぁと。

 

4thライブ始まる前は、このライブと映画でサンシャインが終わる流れかな…と勝手に思っていたのでまだまだ活動が続嬉しいです。

それでも、今回の映画で果南達3年組を含めた9人のAqoursの活動は一旦区切りを迎えました。残された千歌達の活動はまだまだ続いていきますが、アニメ展開どうするんだろ…?

3年組の進路には一切触れなかったμ'sと比べて触れまくったAqours。彼女達が(現状アニメだけとはいえ)この劇場版からどういう道を辿っていくのか、もし映像化されるなら、この目でしっかり見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

おまけ

 

この9人だから私達、それ以外はダメというμ's。どういう形であれ3人一緒である事にこだわったA-RISE。聖良と理亞の2人だからSaint Snow、だから新しいグループを作っていく事にした理亞。どんな形であれ9人でいた事は消えない現実、それを受け入れて新たにスタートを切るAqours。という4つのグループの結末(?)を上手い事分けたなぁ。

 

それと、サンシャイン初の男の人の顔出し。最初、PVの時ニコニコ笑っているおっちゃんにビックリしたけどまさか普通に出るとはな…笑

 

 

☆関連記事

 

www.k-efrai.com