エフライの感想記

のんびりやっていきます。

ホンダが勝ち、マクラーレンが表彰台に登り、バンドーンが活躍した今見る『グランプリ・ドライバー』の感想

 

ホンダPUを積むフェルスタッペンとガスリーが1-2、マクラーレンのサインツが3位。とセナに所縁のあるチームが好成績を残したセナ没後25年、メモリアルイヤーのブラジルGP。

15年にアロンソ、バトンというWチャンピオンを引っさげてF1復帰したマクラーレン・ホンダの惨状を覚えているファンからすると、なんとも感慨深い、「エモい」結果になりましたよね。

復帰して直ぐでまだまだ未熟者のホンダと、ハミルトンが抜け落ちぶれ始めていたマクラーレンが袂を分かった後、ここまで復活するなんて。

 

 

ホンダからすれば、1-2なんて夢にまで見た事ですし、マクラーレンからすれば、14年開幕戦のマグヌッセン以来の表彰台へのカムバックですから。もちろん人間ですから、肩入れするチームや嫌いなチームはあります。ですが、一時底辺を彷徨ったこの2つのメーカーがトップ3を独占したというのは大変嬉しいものです。

 

 

 

 

さて、"人間ですから"という免罪符をワザワザ置いたのは理由があります。今から綴る事はヤな奴がする事ですからね。

 

 

そうです。自分はこのお祭り騒ぎなタイミングで、アマゾンプライムに入っている方なら誰でも視聴出来る、マクラーレンのドキュメンタリー『グランプリ・ドライバー』を視聴しました。

Amazonが17年シーズンに向かうマクラーレンに密着したこのドキュメンタリー。普段知る事が出来ない、テスト前のチームの動きが分かる、大変興味深いものとなっていました。

 

 

 

しかし、F1ファンならご存知でしょう。17年シーズンの有様を。散々たる成績で終わった復帰年の15年。そして一定の改善が見られた16年。ゆっくりではありますが、確実に成長しているホンダに、ファンもマクラーレンも期待するものは大きかったと思います。

そしてコンセプトを一新して臨んだこのシーズン。期待に胸が膨らみ迎えた17年は、15年シーズンを再現がするが如く、壊れ、そして脆いPUとウイングをマックスに立てないとダウンフォースが得られないマシンが爆誕し、期待を大きく裏切る結果に終わってしまいました。

 

 

そしてシンガポールGPの週末に下された「決裂」の審判。セナプロの栄光は何処へやら。赤っ恥の成績を残して、第2期マクラーレン・ホンダは幕を閉じました。

 

 

勿論、この低迷には色々な原因があると思います。ホンダのPUが不甲斐なかったのは当然ですが、ことマクラーレンにも非がありました。シーズン始まって会議にホンダのスタッフを呼ばなかったとかありましたからね。

 

 

 

そんな最悪な結果に終わった17年シーズンの裏を包み隠す事なく、掘り下げられるだろうとこのビデオを見る前は思っていました。

しかしお出しされたこのビデオ。余程のマクラーレンファンじゃないと思うでしょう、「マクラーレンのプロパガンダムービーだ」と。

 

 

「マクラーレンとホンダはここまで頑張ったんだよ。でもダメだったんだ…」的な内容を期待した訳ですよ。ですが、そこで映し出されたのは、「確かにシャーシ製作が間に合わなかった事はマクラーレンにも非がある。だが、こんなポンコツPUを作ってきたホンダはもっと悪だ。我々(マクラーレン)はこんなに頑張っているのに。」と言わんばかりの内容でした。

 

 

ホンダファンの自分からすると、「新車発表用のマシンとテスト用のマシンの2台すら用意出来ず、発表車をそのままテストに持っていくチームが偉そうにするなや!」と言いたく成る程腹が立ちましたね。このチームは財政難で破綻したケータハムやマルシャ、HRTとは違うんです。つい数年前はタイトル争いをしたビッグチームな筈なんです。それなのに新車2台すら完成出来ないなんて…。なんか悲しい気持ちにもなりましたね。

 

 

そんなホンダdisの内容が占める中、唯一の癒し(?)としてあったのが期待の新人、バンドーンについてでした。トレーニングやスポンサー対応等を見る事が出来、F1ドライバーの裏側を知れて、大変興味深かったです。彼もマクラーレン・ホンダのゴタゴタに翻弄されたドライバーですからね…

 

 

デビューが今年だったら…

チームがマクラーレンじゃなかったら…

同僚がアロンソじゃなかったら…

 

 

スポーツ界でタラレバは厳禁ですが、彼がF1で活躍した世界戦も見てみたいです。マクラーレンをクビになった後、メルセデスに拾われ、FEで活躍(開幕から2戦連続表彰台)出来て良かった…。SFを経由してますからね。嫌いになれないです。

 

 

 

さて、そんなビデオの締めは、ルノーと頑張るぞー!というもの。このままループするじゃないか?と思ったのは内緒ですが、最後までホンダに対するフォローが無かったのが印象的ですね。あくまでも「マクラーレンのドキュメンタリー」というスタンスで撮られていたものだったので仕方ない面もありますが、"マクラーレン・ホンダ"というチームなので、チームとしてのドキュメンタリーが見たかったなぁというのが素直な感想です。

 

 

 

そんな偏見に溢れているこのビデオですが、ホンダに対する気持ちを抜くと、F1チームの裏側を見れると考えるととても面白い内容だったと言えます。F1ファンなら見て損はないと思いますよ。

特に今ならホンダもレッドブルと組み勝てるようになって、マクラーレンもベストオブザレスト争いで常に上位をキープというウィンウィンな状態になってますからね。心穏やかに見る事が出来ます。これが公開時に見ていたのなら、マクラーレンが嫌いになっていましたね笑。

 

 

何はともあれ。タッグを解消したホンダとマクラーレンが共にキチンと復活して良かったです。片方が躍進して、もう片方が落ちぶれたら煽り合いの最悪な事態になってましたからね。

ホンダとマクラーレンが快挙を成し遂げたこのタイミングで、「あぁ、こんな事もあったなぁ」と振り返る為のツールとして、このビデオ、如何でしょう?