エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《1996年 F1 第6戦 モナコGP》チェッカー3台。完走6台の大荒れレース。レースとは関係無い部分で先入観と違う事が多くて大混乱!

コロナウイルスの影響にて、様々なスポーツが開催延期or中止に追い込まれている。自分が好きな、F1を始めとするモータースポーツもその例に漏れず、開幕が不透明なのが現状です。

 そういった状況の中、自分のように暇で暇で仕方ない人を見かねてなのか。F1が公式チャンネルにて過去のレースを一部、無料配信を開始しました。バーニーというドケチ(おい)がトップだった数年前では考えられない太っ腹さ。アメリカのリバティが経営権を握って良かったと思うここ数週間です。

 

 

現在配信されているレースの中で個人的にお気に入りなのが96年のモナコGP。

F1とは思えない、まるでインディカーを見ているかのようなドタバタな展開には、"雨のモナコ"の難しさが痛烈に伝わってきます。

 

レースの感想を綴る前に、少し語りますね。

自分がF1を見始めたのが05年か06年なんですよ。だから96年のレースをフルで見るのが、今回が初。そもそも96年はまだ生まれてませんから、風の噂で知っている程度のシーズンなんですよね。だから当たり前のような事にも驚きました。

 

ザッと挙げると、

・ベルガーがまだ走ってる

・マクラーレンがマールボロカラー

・予選で前後の順位のタイム差が0.5秒以上普通にある

etc.etc.

 

セナが亡くなってからシューマッハが跳ね馬で連覇を遂げるまで、シューマッハはヒルやハッキネンとタイトル争いをした事は知っているんですよ。だからそこには特に驚きはありません。ですが、個人的に"セナ世代のドライバー"だと思っていたベルガーが、96年時点でまだ現役だったのが滅茶苦茶意外でした。

いやね。分かっているんですよ。セナが死んだのは94年。だから、このレース時点だとたった2年前の出来事だという事を。でもマシンの形が全然違うのが原因ですかね。セナが活躍した時代からシューマッハ・ヒル時代って結構間があるように感じるんですよね。頭で地続きだと理解しているけど、感覚では理解していないっていうこのモヤモヤした感じ。凄い気持ち悪い。

 

そういえば小学生の時、偉人を調べる的な課題が出た事がありました。そこでセナを選び、親に聞いたり、ネットで調べた結果、あのサンマリノGPでバリチェロやシューマッハが走っていたのを知って、信じられなかったのを覚えています。

2人はどんだけ長い間走っているんだよ!と。はたまた、セナが死んだのはそこまで昔じゃないのか…。と。当時は直ぐに飲み込めませんでしたね。まぁ今でもその2人がセナ達と走っていたという事実を何となく信じられない自分がいます。それだけ自分の中で、セナやプロストはラウダ、ハント並みに昔の人っていう印象が無意識にあるって事ですよね。

 

そういう訳で、ベルガーが96年時点で現役だったのはとても衝撃の出来事だったのです。失礼なのは承知ですけどね。セナ時代の人間、しかも当時(セナ全盛期)若手じゃなく、トップチームに居た人がV10エンジンを経験している。うーん。未だにしっくり来ない。

 

 

そしてマールボロカラーのマクラーレン。

これも勿論分かっているですよ。このカラーは"マクラーレン・ホンダの色じゃない"って。でもF1を振り返る時は、大体このカラーのマクラーレンで、セナが乗っている映像が出てきますよね。だから当時をリアタイで経験していない自分の中では、93年からフォードエンジンを搭載しているというのは分かっていても赤白マクラーレンは"マクラーレン・ホンダ"と認識してしまう。

同時に、その色のマクラーレンはセナ時代の物という偏見を合わせ持った事から、96年のハッキネン、クルサードコンビがマールボロカラーに乗っているの違和感がエグい。個人的にマクラーレンは05年までのWESTカラーか06年からのボーダフォンカラーのイメージが強いですからね。マールボロカラーはセナ時代のもの。それが当たり前じゃないという事が、改めて痛感しましたね。

 

 

最後の予選タイム差は…

ぶっちゃけ、それこそセナ時代の方が凄いですよね。今の、チームメイト差はコンマ2位が許容範囲。コンマ4離れたらヤバい。みたいなのが当たり前の時代に慣れていますからね。そこまで差があっても大丈夫というか、当たり前なのは驚きました。コンピュータ化の影響がこういう所にも現れているのかなぁと思ったり思わなかったり。 

 

スポンサードリンク
 

 

 

さてさて、ここまで来て漸くレースの感想です。

96年のモナコGPは雨でした。それもウェット→ドライ→ウェットというややこしさ。

オープニングラップでPPのシューマッハ含む5台がクラッシュ。そこから今やフジnextの解説でお馴染みの右京さんがクラッシュしたり、3位を走っていた、前述のベルガーがギアボックストラブルでリタイアしたり、と続々とリタイアする車が現れます。

その波乱展開はトップ快走を続けていたヒルにも襲いかかり、突如彼のルノーエンジンが限界を迎えました。それからもトップのアレジにトラブルが起こる等、休む事なく様々な事が起こり続けた結果、チェッカーを受けたのは3台。完走扱いは7台という超超サバイバルレースとなりました。

 

ライコネンが「ステアリングよこせ!」と怒鳴った無線が有名な17年アゼルバイジャンGPのような展開にハミルトンの「オーノー」無線があった16年マレーシアGPの要素が追加されたような破茶滅茶さ。雨というのを考えると、11年カナダGPや昨年(19年)や07年のドイツGPを混ぜても良いかもしれません。少し抑えめなFE第1シーズン第4戦アルゼンチンePrix (ブエノスアイレス)と考えても良いかも。

絶え間無く何かが起こるレース展開は、見ていて退屈せず、とても楽しいものでした。やっている方はたまったもんじゃないでしょうけど。

 

予選14位から大逆転で優勝したパニスはこれが唯一のF1での勝利。ついでに無限エンジンにとっても初勝利。翌年にプロスト・グランプリになり、最終的に消滅する所属チームのリジェ的には最後の勝利。というメモリアルが多い、記念すべき1勝となりました。

 

V10エンジンの懐かしい音と共に激戦が繰り広げられた96年モナコGP。ただでさえタイトなモンテカルロで雨が絡むとここまで面白くなるのか。その事が痛い程分かる、大変楽しいレースでした。2位のクルサードが、シューマッハの予備ヘルメットでレースに参加したという小ネタも面白いですしね笑。

雨のモナコというと、最近だとリカルドのタイヤが無かった16年やスーティルが快走を魅せた08年ですかね?2つとも面白いレースだった記憶があります。

今年のモナコが開催されないのが残念でありますが、来年、是非とも96年に負けず劣らずの面白いレースが見られる事を楽しみにしています。

 

 

 

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Blu-ray