エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 開幕戦(第1戦) オーストリアGP》帰ってきたF1。ボッタスとノリス。2人のヒーローが生まれたレース

長かった…

あの金曜日セッション(FP1)開始2時間前に伝えられたグランプリ中止の通達から早数ヶ月。ようやくF12020シーズンが開幕しました。コロナウイルス対策により開催数から付随イベント、レギュレーション等、何もかも昨年までとは異なる状況で迎えた今シーズン。ですが、そんな事は些細な事。世界最高峰のレースイベントであるFormula Oneが帰った来た。これだけでファンとしては嬉しいものです。

 

変則スケジュールの2020シーズンはレッドブルのお膝元、レッドブルリンク(inオーストリア)から始まりました。昨年のルクレールとのバトルを制しての優勝(ホンダ復帰初優勝)が記憶に新しいですが、その前年もフェルスタッペンはこのGPを制しており、マシン、ドライバー共に得意としているサーキットと考えて間違いないでしょう。サーキットとの相性と、ここで連戦される事もあってフェルスタッペン×レッドブル・ホンダがチャンピオン候補と考える人も沢山いましたね。

今思うとそれはフラグだったのかもしれませんが…

 

先に言っておくと、今年も変わらず、フェラーリにホンダ勢、ライコネン率いるアルファロメオ、そして同い年のノリスを応援していくつもりです。なので、その面のバイアスがかかると思います。いや、かかります。予めご了承下さいね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

さて、レースの感想に行きましょうか。

フェルスタッペン大躍進!あわよくばレッドブル1‐2!!

という淡い期待を粉砕したのは、今年もメルセデスでした。

今年はWe Race As One プロジェクトの一環でブラックカラーになったメルセデス。金曜フリー走行で津川さんが「細かい部分が見えにくい(意訳)」と言っていたのが印象的です笑。個人的には気に入ってるんですけどね~、この色。ダークサムスやダークドライブっぽくて。

 

amiibo ダークサムス (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

 

S.H.Figuarts 仮面ライダーダークドライブ タイプネクスト

 

 

色が変わっても最強最速メルセデスなのは変わらず。金曜日から全セッション1‐2を保持してきました。予選こそハミルトンにペナルティが出ましたが、それを除くとずっと1‐2でしたね。絶望的な速さでレッドブルファンの目を覚ませました。

 

また、別の意味で目を覚まさせたのが跳ね馬フェラーリ。

何と特にトラブルが無いのにも関わらず、ベッテルが11位とQ2落ち。ルクレールも10位(Q3は7位)と散々たる結果の予選に終わりました。ルクレール本人も「That's crazy」と言ってましたね。SF1000が失敗作かも…とは開幕前からあちこちで言われてきましたが、まさかここまで酷いとは…。同じPUを積むハース、アルファロメオと揃って昨年よりタイムが落ちていて非常に残念でした。

 

一方、レーシングポイントやマクラーレンが昨年より元気で、三強の牙城を崩すのではと期待出来る結果でしたね。ノリスがアルボンを喰って4位(3位スタート)になったのは良いサプライズでした。予選前は、レーシングポイントの下に行くと思ってましたから。

 

スポンサードリンク
 

 

 

さぁ決勝。

開幕戦という事もあって同一周回11台、完走13台と荒れに荒れたサバイバルレースとなりました。一気に目まぐるしく状況が変わる展開で、見ていて心臓に悪い、でも滅茶苦茶面白いレースとなりました。ここまで荒れたのは昨年のドイツ以来ですかね。意外と最近。

 

 

そんなせわしないレースでポールトゥウィン。なんなら全ラップリードを記録し、完勝したのはボッタス。昨年に続き、二年連続の開幕戦のウィナーとなりました。トラブルを抱えながらの走行でしたが、圧倒的な強さを感じましたね。レース数が少ない中、ハミルトンが4位。フェラーリ、レッドブルが共に沈んだのはボッタス的には良い結果。このままチャンピオンまで行って欲しいです。

ハミルトンについては…。後で綴りますね。

 

メルセデス対抗筆頭候補として期待されたレッドブルですが、終わってみればノーポイントと最悪な結果に終わりました。ミディアムスタートだったフェルスタッペンは亜久里さん直伝の電気系統のトラブルでリタイア。アルボンは終盤ハミルトンと接触し、その影響でリタイア(13位完走扱い)に終わりました。フェルスタッペンは兎も角、アルボンにとってはちょっとキツイレースでしたね。接触に関しては後で書きますが、勝てるレース、ないしは勝てなくても(フェルスタッペンが居ない分余計に)ポイントを持ち帰る事が求められるレースで0は痛い。フェルスタッペンには付いている新しいフロントノーズが無いとはいえ、うーん…という結果でした。まぁまだ2年目ですし、開幕戦ですからね。今後に期待です。

 

 

予選では目を引ん剝く位遅かったフェラーリは、案の定、決勝でもダメダメでした。

混乱に乗じてルクレールが2位に入りましたが、決して2番手のマシンではない事は明白です。この結果は完全にルクレールのお陰です。予選の一発だけでなく、決勝でも終始、マクラーレンやレーシングポイントとほぼ同等の走りだったのは見ていて信じられませんでした。ベッテルに関しては、昨年最下位独走のウィリアムズや調子の悪い子分的チーム、アルファロメオやハースにさえ苦戦していましたからね。川井ちゃんが「フェラーリは持続化給付金を貰った」と言っていましたが、今回の2位は正にそんな感じ。反省会、しっかりして行ってください。

 

 

さて、中団勢に話を移します。

今回の個人的ドライバーオブザデイは間違いなくノリスです!

3位グリッドからスタートし、果敢にフェルスタッペンに襲い掛かる1周目。その後、再三にわたりペレスとの激闘を繰り広げ、ルクレールに抜かれはしましたが、ファイナルラップに鬼神の速さでファステストを更新。ギャップを縮め、ハミルトンのペナルティに乗じて3位表彰台の座を射止めました。正にヒーロー的活躍。土曜日からチェッカーまで、一番目立っていたドライバーでしたね!

 

ノリスの同僚、サインツも予選8位、決勝5位と素晴らしい結果を残しました。

大体どこも片方がリタイアだったり、トラブルに見舞われたりしていましたが、このチームはそういった類のものに無縁でしたね。SC時のピットタイミングを失敗した位な気がします。勿論、内面は五体満足ではないでしょうけど、他のW完走がメルセデス、フェラーリ(、アルファタウリ)だけですからね。完走しただけでも凄い。ようやく強いマクラーレンのご帰還といったところでしょうか。今年は、このオレンジのチームが1番の期待株になりそうです。

 

ピンクメルセデス等と揶揄されていたレーシングポイント。

昨年版メルセデスのコピーではないか(津川さん曰く全然違う)と言われるだけあって速さはピカイチでした。ストロールがリタイアでペレスがペナルティと満足のいくレースではありませんでしたが、間違いなく3番手、4番手を争うチームだと思います。フェラーリ喰い、期待してます。

 

 

今年からアルファタウリと名前を変えたトロロッソ。カラーリングも大きく変えてきましたね。

今年は、表彰台2回という昨年の素晴らしい成績からの上積みを期待されたシーズンですが、正直、もう一歩二歩だと感じました。クビアトはルノー勢やハース勢、アルファロメオ勢等とトレインを形成しつつもポジションを守っていましたが、最終的にはサスペンションが限界を迎えリタイア(12位完走)。一方井のガスリーは比較的クリーンに走れたものの、レーシングポイントやマクラーレンに追い付けるペースは全くありませんでした。まぁ、このサバイバルレースで最終盤まで生き残っていたのは及第点以上でしょうか。ガスリーがホンダ勢唯一のポイント獲ってますしね(7位)。自分は判官贔屓するタイプなので、この2人にはもっと活躍して欲しいと思っていますし、これからも応援しています。

 

さて、推しのアルファロメオですが、金曜日からずっとイマイチで残念でした。

決勝のレースペースは良かったのか、予選の時より周りから離されていなかったのは良い収穫でした。昨年、シンガポールでラップリーダーを記録した事もあるジョビナッツィは、サバイバルを生き残り、見事9位に入りました。フリー走行等ではブービーでしたからね。この結果は嬉しいです。ライコネンも、リタイアするまで良いレースをしていましたし、いぶし銀の活躍が今年も見られると思うとワクワクします。

 

 

毎年、レッドブルリンクと相性の良いハースはブレーキ問題が再発し、Wリタイアに終わりました。残念。

そしてルノーは、オコンが8位に入りました。ですが、まだリカルドとの差は大きいですね。復帰初戦なので仕方ない面もありますが、もう少し対リカルドに良い勝負をすると思っていました。マシン自体は悪くなさそうなので、信頼性さえあれば、面白い存在になりそうですね。

 

ウィリアムズに関しては、昨年から大幅に進歩を遂げましたね。

1チーム別次元のレースをしている状態からアルファロメオやハースと戦える位置まで帰ってきました。新人ラティフィも、入賞には届きませんでしたが、しっかり完走しましたし、PU導入前半のような目覚ましい活躍を期待しています。

 

スポンサードリンク
 

 

 

最後に、ハミルトンとアルボンについて少し綴っておきます。

奇しくも、昨年のブラジルと同じ相手、同じ結果に終わったこのバトルですが、ハミルトンに5秒ペナルティという形で決着を迎えました。これについて、「罰が軽すぎる!」だったり、「お咎めなしだろ!」等と様々な意見を持つと思います。

最初に自分の意見を言わせてもらうと、あれはレーシングインシデントで、ペナルティは必要ないと思っています。というのも、1周目のスタートして直ぐの1コーナーで、アルボンはハミルトンに対して行動と同じだからです。あの時アルボンは、ハミルトンに対して、スペースを全く残さず、押し出そうとしました。結果、ハミルトンが引いたため、特に何も起きませんでしたが、もしアルボンが締め出さなければハミルトンが前に立っていたでしょう。

周知の通り、1周目の2人のバトルは審議すらされませんでした。しかし、SC後のバトルは審議され、ハミルトンにペナルティが出ました。これはあまりにも不公平ではないでしょうか。確かに実際に当たったか当たってないかの差はありますが、外がグラベルかアスファルトかで裁定の振れ幅があるのは良くありません。正に去年のフェルスタッペンとルクレールの一件は、「ルクレールが押し出されるのを期待してターンインしてきた」といった意見が飛び交っていた(自分もこの考え)のに、被害者が変わると意見も変わるんだなぁと思いました。

 

とまぁ考えましたが、ぶっちゃけ、ここがレッドブルのお膝元だからペナルティが出たという単純な理由かもしれませんけどね。昨年モナコのルクレールの大暴走や、同年ドイツのハミルトンの疑惑のピットエントリー。18年イギリスの、ハミルトンと接触したライコネンへの10秒ペナルティ(このGP前にフランスでベッテルがボッタスに対して同じような事をしたが、その時は5秒ペナルティだった)etc.etc.

ここ最近、上のような地元枠をチラチラ感じるので、今回もそれに乗っ取った可能性があります。これはこれまでの経験による憶測ですが、仮にシルバーストーンで同じ事が起こっても、多分ペナルティは出ないでしょう。そういうもんですからね。はい。

 

まぁ素人が色々言っても仕方ないですし、当のハミルトンは認めていますからね。あんまり外野がやいのやいの言うのも可笑しい事です。

ですが、どちらにせよ100%抜ける状況で抜く事をせず、ギャンブルにいったアルボンは、ちょっと残念だなぁというのが個人的な感想です。アルボンは中古とはいえ、新しいソフトタイヤ。メルセデスの2台は使い古したハードタイヤですからね。仕掛けた段階で10周残っていましたし、確実に抜けるタイミングまで待っても良かったと思います。

 

スポンサードリンク
 

 

 

という訳で開幕戦の感想でした。

久々のF1でしたが、悲喜交々様々な展開があり、面白いレースとなりました。

それにしても、いざ振り返って見ると、ボッタスとノリスの為のレースっていう感じがしますね笑。この2人が大活躍したGPでありました。

 

次戦もここ、レッドブルリンクで行われます。流石に戦力図が大きく変わるとは思えませんが、F1は様々な天才たちが集まる競技です。各チームどのように巻き返しを果たしてくれるか、とても楽しみにしています。出来れば、今回のような荒れるレースを見たいですが、何となく単調なレースになる気がします笑。

まぁ何はともあれ、無事に開催出来て何よりです。ここから暫くインディカーと被る終末が続くので、今までの鬱憤を晴らすように観戦していこうと思います。