エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第2戦 シュタイアーマルクGP》完勝ハミルトン。レーシングポイントとマクラーレンの躍進著しい

先週、遂に開幕したF1。早速3連戦が予定されており、その真ん中の第2戦は開幕戦と同じくレッドブルリンクで開催されました。同じ国での複数開催はヨーロッパGPやサンマリノGP等前例がありますが、同じサーキットというのは初めてだそうですね。今が非常事態というのを改めて感じます。

オーストリアGPという名前は前使ったので、今回はシュタイアーマルクGPと名付けられました。サーキットのある州から取ってきたみたいですね。レース前の国歌斉唱も州歌になっていました。

 

国旗 シュタイアーマルク州 オーストリア 特大フラッグ【ノーブランド品】

  

前戦は開幕戦という事も相まって完走13台、チェッカーを受けられたのは11台というサバイバルレースとなりました。プロ野球の「乱打戦の次は投手戦(貧打戦)」という流れを鑑みるに、あまり面白くないレースになるのでは…と予想していました。いつもと違い、各チームデータを持っていますしね。

 

ですが、今回のレース。

流石に先週程荒れたレースにはなりませんでしたが、それでも見応えのある面白いレースでした。

 

スポンサードリンク

 

 

 

王者のご帰還

 

前戦は予選、決勝共にペナルティを貰い、散々な結果に終わったハミルトン。その悔しさを晴らす為か、今回は良く見る、付け入る隙のない強いレースをしました。フリー走行はあまり良くなかったんですけどね。ウェットの予選で抜群の速さを魅せると、勢いそのままにポールトゥウィンを果たしました。ファステストラップこそ逃しましたが、今年もこの人がチャンピオン筆頭候補で間違いないと思います。

 

 

同僚で、前戦の覇者ボッタスも堅実なレースをした印象です。予選で4位に沈みましたが、決勝ではフェルスタッペンを仕留め2位フィニッシュを果たしました。確実に抜ける所で確実に抜く。決して無理や賭け的な追い抜きをしないボッタスのオーバーテイクは、前戦のアルボンや今回のストロール(後述)のお手本となるバトルでした。

 

これで今年もメルセデスが堅いという事を改めて痛感しましたね。この黒いメルセデスの勢いはどこまで続くのか、見たいようで見たくない気持ちでいます笑

 

スポンサードリンク
 

 

 

ピンクメルセデス、本領発揮

 

テスト前から巷を騒がせていたレーシングポイント。

しかし、開幕戦はトラブルやペナルティも相まって満足の行く結果を残せませんでした。そしてその嫌な流れは予選にも響き、ストロールが13位。ペレスがQ1落ちの17位と前評判からは期待外れの結果でした。

 

ところがどっこい。決勝では目が覚めたのか鬼神の走りを魅せてくれました。結果こそペレスが6位。ストロールが7位と昨年までと変わらない感じですが、中身はレッドブルに匹敵するレースをしていたと思います。

特にペレスは17位スタートにも関わらず、アルボンを追い回す所まで登り詰めました。接触さえなければ確実に4位に入っていた事でしょう。今までは棚ぼた的な表彰台が多かったですが、今年は実力でトップ3まで登ってきそうですね。楽しみです。

 

ただ、ストロールの最後のリカルドに対する追い抜きは少し残念でしたね。16年のロズベルグvsハミルトンを見ているようでした。

 

ファイナルラップの僅差チェッカーは昨年のフランスGPみたいでしたね笑

 

 

復活マクラーレン

 

開幕戦、ノリスが3位+ファステストラップと快挙を成し遂げたマクラーレン。その勢いは今回も留まる事を知りません。

雨の予選ではサインツが3位でノリスが6位。決勝も、ソフトタイヤスタートのサインツのタイヤがたれ始めたと見るや直ぐさまノリスとスワップ。結果、ノリスが5位、サインツが9位+ファステストラップという金星を上げました。序盤のペースこそレーシングポイントやルノーに劣りますが、それを上回る戦略を持っているのは流石名門チームだなぁと思います。

 

これでノリスはランキング3位。コンストラクターズもマクラーレンはメルセデスに次ぐ2位という躍進度。勿論、シーズンが進んでいくにつれ下がっていくと思われますが、強いマクラーレンが帰って来たと考えるには充分だと思います。

サインツの結果が思ったより下というのが気がかりですが、多分彼なら大丈夫でしょう。そんな楽観視が出来る程、今のマクラーレンはノリに乗っています。

 

スポンサードリンク
 

 

 

その他

 

はい。後は適当に流します笑

 

先ずはレッドブル。

前述の通り、レーシングポイントに追い回されたのはある意味衝撃的でしたね。一体アルボンが遅いのか。それとも今年のマシンがフェルスタッペン専用マシンなのか。

兎も角、「チャンピオン獲るぞ!レッドブルリンク2連戦で圧倒的有利!」とぶちまけておいて開幕戦ノーポイント。第2戦は3位と4位じゃまさにフラグ回収です。ハンガロリンクでの逆襲に期待ですけど…うーん。どうでしょう。

 

 

そんなレッドブルより深刻なのは赤い跳ね馬。開幕戦こそ持続化給付金を貰い、2位表彰台を得ましたが、今回はその支給も終わり散々な結果に終わりました。予選で再びのQ2落ち(今回はルクレール)を喫すると、決勝は1周目に同士討ちをしてしまい、あっという間に店仕舞いという残念さ。

同士討ちは昨年のブラジルGP以来。(実質)1周目の接触&Wリタイアは17年のシンガポールGP以来ですね。まだ2戦目の段階で言うのもなんですけど、今年のフェラーリは14年シーズンより酷い気がします。表彰式でイタリア国歌を聴けるのは一体いつになりますかね…

 

 

 

推しのアルファロメオは、入賞まで後1歩の11位-12位フィニッシュでした。

目の前でフェラーリ同士討ちを見たライコネンは一時最後尾まで下がりましたが、巧みな走りでこの順位まで帰ってきました。燃料セーブの必要がなければ10位のクビアトを抜けたかもしれませんね。惜しい。

どうもこのチームは予選の1発はダメでも決勝のレースペースは良いようですね。ジョビナッツィも順位を上げていましたし。このまま行けば数少ない入賞チャンスを掴めそうなので、これからも期待しています。

 

 

アルファタウリは予選ではガスリーが、決勝ではクビアトが魅せてくれました。ですがアルファロメオと違い、やはりレースペースはもう1歩といった感じですね。常に追い回されているor離されている印象がありました。クビアトが1ポイント持って帰ってきてくれて良かったです。

 

ルノーは色々と惜しかったですね。

予選5位、決勝でも良い場所を走っていたオコンはリタイア。リカルドはストロールの強引な追い抜きの煽りを喰らい8位と、入賞こそしたものの取りこぼしの多いレースとなりました。オコンの腕が錆びてない事が分かった事が収穫ですかね。

 

 

ハースは…。深刻ですね。

予選こそアルファロメオの前に立てますが、決勝は全く太刀打ち出来ず。一応今回は両者ともジョビナッツィに勝てましたが、ライコネンのペースダウンを見るに、多分燃費走行していたのが原因でしょう。ハースの方が燃料を上手く使えるのかもしれませんが、でもペース差は顕著ですからね。改善が必須です。

 

 

ウィリアムズはやはりまだテールエンダーだなぁと感じました。ですが、ラッセルがQ2に行けたというのが1番のサプライズでしょう。同時期にF2にいた面々が上位で活躍していますからね。早く上のチームで彼の走りをみたいです。

 

スポンサードリンク
 

 

 

という訳で第2戦の感想でした。

大人しいレースになるという個人的な予想に反して面白いレースになって良かったです笑。開幕戦は単純な面白さを持ったレースでしたが、今回は1歩踏み込んだ面白さというか、これまでのバックグラウンドを知ってるとより面白く感じるレースだったと思います。"動"のレースが開幕戦で、"静"のレースが第2戦という感じでしょうか。同じサーキットでここまで内容が違うレースが見れるとは思っていませんでした笑。レッドブルリンク、恐るべし。

 

 

次戦はハンガロリンク。昨年、フェルスタッペンがPPを獲ったレースですね。今年は一体どんなレースになるのやら。フェラーリの復活はあるのか。それともメルセデスが依然と強いのか。レーシングポイントやマクラーレンはどうなのか。また1週間悶々としそうです笑