エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第9戦 トスカーナGP》色々ありすぎて逆に全然覚えてないぞ…

ガスリーが奇跡の初優勝を遂げたモンツァから1週間。今回の舞台はフェラーリのテストコースやmoto GPの場所としてお馴染みのムジェロでした。F1レースは初なものの、狭いコース幅、アスファルトのない、グラベルと芝のみのランオフエリア、と何処か懐かしい気持ちになるこのサーキット。そんな難しいコースを現代F1が気持ち良く走っていく光景は、「やっぱりF1ってこうだよな!」という気持ちにさせてくれました(懐古厨)

このレースにて記念すべき1000戦目の参戦となったフェラーリ。今年は不調のシーズンですが、悲劇を呼び込むジンクスのある特別カラーを装い、この地にやって来ました。そんなフェラーリの行く末と王者メルセデス。そしてレッドブルホンダとガスリーが見どころになるのではないかと、予選前は予想&期待していました。

 

イタリア 国旗 フラッグ 4号 サイズ 150×90cm

 

荒れ荒れのレース

 

そんなワクワクを持って迎えた第9戦。フロントローを独占し、そのままの強さで1‐2フィニッシュを果たしたのはメルセデスでした。今回はボッタスの調子が良かったものの、Q3のラストアタックではオコンのスピンによるイエローによってタイム更新出来ず。決勝では赤旗によるスタンディングスタートで順位を落としまくるとツイてない面と力不足な面の両方が露呈してしまいました。それでも、「ハミルトンと違うタイヤを履きたい」とチームに訴えかけたり、スタートでトップに立ったり、度々ハミルトンに迫ったりと、これまでのレースに比べ魅せ場は多くありました。でも優勝までは届きませんでした。残念。次のソチに期待です。ハミルトンについてはもう書く事ないですね。安定感と速さ。そしてツキの強さと全部持ち。そんな彼を負かす人は今後現れるのでしょうか…

 

 

盤石なメルセデスを他所に、後方では何度も大きなクラッシュがありました。

先ずは1周目のインシデント。これにより、フェルスタッペンとガスリーがリタイアを強いられました。ホンダ勢、無念。フェルスタッペンは2レース連続のリタイア。ガスリーは同郷のパニス先輩に続く優勝後即リタイアという結果となりました。2人のリタイアにはライコネンやグロージャンが噛んでいましたが、彼らはリタイアをせずに済みました。ライコネンはガスリーと接触→制御不能となりフェルスタッペンに追突。グロージャンはガスリーと接触→ウォールまで吹っ飛ぶ。という災難でしたが無事でホッとしました。加えてスピンしたサインツにベッテルが突っ込みノーズを破損するというインシデントがありました。危うく1周目でフェラーリが消える所でしたね…

 

そしてそのクラッシュによるSC後、2回目の大きなクラッシュが起きました。

SC解除のタイミングのせいなのか、ボッタスの加速がコントロールライン間近だったのが原因か。後続勢が加速タイミングを誤り、ホームストレート上の、あろう事かコントロールライン前で多重クラッシュが引き起こされました。先ず、ラティフィが加速し、ジョビナッツィがそれに釣られて加速。更にサインツも加速。前で少し遅かったマグヌッセンをラティフィが避けるもジョビナッツィは避けられず追突。そこにサインツも追突し、結果ラティフィも巻き添え。という字面では上手く伝え辛いインシデントでした。とても激しいクラッシュで一瞬不安になりましたが、皆無事で良かったです。個人的に、今年のインディカー第5戦で起きたコルトン・ハータの一件に似ているなと感じました。あれもあれで凄いクラッシュだったな…

そしてこのクラッシュに巻き込まれかけたのがグロージャン、ライコネン、ベッテルの3人組。3人とも寸での所で接触を避けていきました。流石ベテラン勢。ヒヤッとしたのは内緒です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

このクラッシュにより赤旗の出番となりました。イタリアGPに引き続いての登板ですね。珍しい。この時点で6台がリタイアとなってしまいました。ブレーキトラブルを抱えていたオコンが出走不可となった為、再出走したのは13台と9周消化の時点で早くも4分の1が消えるという…。正に開幕戦並みの荒れ具合です。あのレースはトラブルによるリタイアが多かったですが、今回はクラッシュによるリタイアが多かったのが違う部分ですね。

 

赤旗後のスタンディングスタートは荒れず、フォーメーションラップから約1時間経ってようやくレースが始まりました。この静かなまま終わるのかなと思いきやストロールが単独クラッシュを喫してしまいました。2戦連続の表彰台が見られただけに残念過ぎる…。マーシャルさんがマシンを撤去する際にカーボンをベリベリ剥がしたり、消火器をこれでもか!という程ぶっかけていたのが印象的です。

このクラッシュにて2回目の赤旗が導入されました。この時点でレース距離の75%を消化していたので終了の文字が頭をよぎりましたが、レースは再開されました。ありがとう運営。

 

この3回目のリスタートの見所は、優勝争いの他、リカルドvsアルボンの表彰台争いと5sペナルティを貰ったライコネンが入賞圏に留まれるかという3点でしたね。自分はライコネンのファンなので残りの周回はタイムギャップを見ながらの観戦でした。足し算をずっとしていくレース観戦は疲れました笑。終始勢いがあり、赤旗が無ければ入賞確実だったラッセルを蓋してくれー!とベッテルに祈っていました笑。

 

 

最終的にたった12台だけがチェッカーを受けた今回のレース。

終わったのは日付を回った約1時と大変長丁場でした。結果だけ見ればメルセデス1‐2に3位はレッドブルといつもの光景ですが、フェルスタッペンではなくアルボンがその地にいるっていうのは嬉しいですね。彼はこれにて初ポディウム。降格したガスリーに色々先を越されましたが、ようやくです。これでツイてない流れが変われば良いんですが…

 

スポンサードリンク
 

 

 

個人的殊勲賞

 

しれ~っとDOTD的な事を始めている当ブログ。さてさて今回のドライバーは…?となる訳ですが、ぶっちゃけ完走したドライバー12人全員が該当するかなと思います笑。あの約半数が消えた大荒れレースでしっかり残ったのは讃えられるものでしょう。トップを行くメルセデスは無風でしたが、3位のアルボン以下は色々バトルや死線を潜り抜けましたからね。

 

予選4位に入り、リスタートで下位に幾度も沈みつつも恒例の帳尻合わせ走法で3位のポジションを射止めたアルボン。幾度となく大胆な追い抜きを魅せ、一時は2位を走行したリカルド。レースペースは苦しくともしぶとく生き残ったペレス。フリー走行から大苦戦しつつも巻き返したノリス。予選12位からいぶし銀のレースを繰り広げたクビアト。マシンは酷くとも一時は3位に入り、ティフォシを沸かせたルクレール。実質フェラーリ勢よりも上位。今シーズン初入賞を果たしたライコネン。辛い状況の中、しっかり入賞を果たしたベッテル。赤旗さえなければ…と悔やまれるも良いレースをしたラッセル。手負いMAXなマシンでなんとかチェッカーまでマシンを運び届けたグロージャン。皆が皆素晴らしいレースをしましたね。ここから数人に絞るのは自分には出来ません笑

 

敢えて言うなら、前半の多重クラッシュに巻き込まれつつ生き残ったライコネン、ベッテル、グロージャンの3人は凄いですね。運の強さなのか経験のなせる業なのか。兎も角、彼らが生存したのはとても嬉しいものでした。特にライコネンはようやくの入賞なので喜びもひとしおです。3回目のスタンディングスタートでジャンプアップを遂げ、その後フェラーリ勢を封じ込めたのは流石の一言ですね。まだまだライコネンはやれる…!

 

後、我儘言うなら、シューイ、見たかったですねぇ。アルボンの表彰台も勿論嬉しい事なんですけど、ルノーワークス初の表彰台を見たかった気持ちの方が強いです。今日のリカルドの走りは冴えていましたからね。追い抜きが多かったからか、同じ4位でもスパより価値があるように感じてしまいます。

 

スポンサードリンク
 

 

 

まとめ

 

という訳で第9戦の感想でした。

先週とはまた違ったせわしないレースでしたね。抜けないパレードを延々見せられるより、多少の追い抜きがあり、程々のクラッシュがあるレースの方が好きなので今回のレースは割と好みです。勿論、コース幅狭すぎじゃね?という気持ちも分かりますけどね。でもそれ言ったらモンテカルロもそうですからね。あまり強く言えるものではありません。SC明けの方は、ムジェロのサーキットがどうのこうのっていう問題では無いですからね。あれはSC解除の判断が遅れたのと、後続が間隔を詰めるのとレース再開を勘違いしたのが原因ですから。サーキットは悪くありません。なので、個人的にはもう1回位ここでのレースを見たいなと思います。バクーみたいに毎回面白いレースになれる素材が備わっている気がしますので。

 

それにしても、コロナウイルスの影響によりこうやって普段見れないであろうサーキットでのF1が見られるというのはある意味嬉しいサプライズですよね。イモラやイスタンブール。サクヒールの外周コースが楽しみです。

次戦はボッタスが得意なソチですね。次こそ彼の飛躍を期待します。時間が欧州GPとは違う事を覚えとかないと…!

 

 

 

F1速報 2020年 10/1号 第9戦 トスカーナ GP

F1速報 2020年 10/1号 第9戦 トスカーナ GP

  • 発売日: 2020/09/17
  • メディア: 雑誌