エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第10戦 ロシアGP》2年連続プーチン不在。やはりここではボッタスが強かった…!

タイトル争いを独走している王者ハミルトン。そんな彼は、このロシアGPにてシューマッハの通算91勝という偉業に挑む事になりました。

本人はあまり気にしていないようでしたが、シューマッハが子供の頃のヒーローだった自分的にはそうもいきません笑。そう遠くない内に記録更新されるだろうと半ば諦めていますが、出来るだけ更新するのを引き伸ばしてくれ…と祈るばかりです。特に今回の舞台は、同僚のボッタスが得意としていますからね。彼に防げるだけ防いで欲しいと思いながら今週末を迎えました。

 

 

 

明暗分かれるブラックアロー

 

そんなシューマッハファンの祈りを背負ってか、ボッタスは終始落ち着いたレース展開をし、3番手スタートから待望のシーズン2勝目を飾りました。結果的に追い抜かれはしましたがスタートでハミルトンを抜いた事と、最終的に後術するハミルトンのペナルティが無くとも勝てるところまでギャップを広げた事は評価出来るところでしょう。後はこういった強いレースをずっとしてくれれば、常に見応えがあるレースになるんですけどね…。まぁそれはまた後の機会に期待します、はい。

 

 

そんなボッタスと対照的に、今回のハミルトンに関しては開幕戦以上の踏んだり蹴ったりな週末となりました。

 

先ずは予選。Q1にてトラックリミットを越えた事によりタイムが抹消されると、Q2の1回目のアタックでもそれをやらかしました。そして2回目のアタックラップ中にベッテルがクラッシュ。残り2分とちょっとの時点でノータイムという危機的状況に陥りました。何とかQ3に進出し、異次元のPPを獲るも束の間、決勝のインスタレーションラップにて、禁止されているところでスタート練習を行ってしまい10秒ペナルティが課されました。

 

結局そこから巻き返し最終的に3位に入りましたが、レース後のハミルトンの機嫌は宜しくありませんでしたね汗。怖かったです。無線でも文句をタラタラと流していましたし、彼の残念な面が見られたレースでした。第3回パンク祭りが開催されたシルバーストーンを筆頭にツイているレースが多いのでたまにはツイてないレースがあっても良いと思うのは自分だけですかね?笑

 

因みに、今回のペナルティにてペナルティポイントが10になったそうですよ。1戦出場停止にリーチがかかりましたね。タイトル争い的には1戦では足りない程リードしていますし、川井ちゃんも言っていましたが、仮に出れなくてもあんまり関係ない気がします。さてさてどうなるやら…。また9年前みたいに「黒人だから…」と自虐したら流石に総スカン喰らいそう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

鉄人に並んだライコネン

 

今回のレースにて偉業達成の可能性があったのは何もハミルトンの通算91勝だけではありません。バリチェロの持つ322戦出走記録にライコネンが並ぶというものがありました。恐らく本人はそういう記録ものに興味は無いと思いますが、やっぱり偉業達成は嬉しいものですよね。第5戦での最多ラップや第6戦での最長距離の更新に続いての新記録樹立でした。

 

まぁ個人的に最多出走記録はパトレーゼのものという印象が強いですけどね笑。自分の推しが、リアルタイムの走りを知らない鉄人並み、いや、それ以上に走っていると考えると感慨深いものがあります。川井ちゃんが「バリチェロがライコネンに対して『アロンソが復帰するから続けろよ』とメールしていた」と話していましたが、本当続けられるところまで行って欲しいですね。特に来年はミックとのタッグが見られるかもしれませんし笑

 

そんなライコネンのレースは中々に大変なものでしたね。予選では2回目のアタックでスピンを喫してしまい最下位。ラティフィのギアボックス交換ペナルティにより19位スタートとなりクビアトと同じくハードタイヤスタートを選択しました。周りとは逆のストラテジーだったので決勝ではひたすらドライビングスクールを開校していた印象です。アルボンやガスリーをひたすらに抑え込んでいましたね。アルボンが抜くのを諦める辺り、ライコネン大先生の凄さを実感しました。結果自体は14位と奮いませんでしたが、11位のジョビナッツィまで僅差でしたし上出来と言えるのではないでしょうか。欲を言えば、ジョビナッツィより上に行って欲しかったですけどね…笑。まぁそこら辺は次戦に期待します!

 

スポンサードリンク
 

 

 

個人的殊勲賞

 

先ず勝ったボッタスは当確です。他には、影ながら4位に入ったペレス。スタートではフェルスタッペンを抜く等魅せ場を作り、無線でも「5秒ペナルティを貰ったよ」という残念なお知らせに対して「了解。飛ばすよ」と言い切る格好良さを魅せたリカルドが該当しますかね。ハミルトンがウダウダ言っていた後で流れた無線だったので好印象です。やっぱりリカルドって好きだな、と思えた一幕でしたね。早くシューイが見たい。

 

そうそう、特別部門としてターン2後に設置されているエスケープゾーンの案内板をぶっ壊し、マシに抗議の意を示したグロージャンも入れたいです。あの行為には思わず笑ってしまいました笑。

 

そういや、ムジェロでのSC後のクラッシュ。川井ちゃんの情報によるとメルセデスが予め「こういう事が起きるかもよ」とマシに提言していたようですね。でもマシは「そんな事は滅多に起きないしショー的には変えない方が面白い」と聞き耳を持たなかったようです。それで「F3ドライバーは対処出来た」とぬかし、関わったドライバー全員に戒告処分ですか…。こりゃダメそうですね。怪我人死人が出ない内にさっさと辞めて欲しいものです。そういう意味でも今回のグロージャンにはスッキリしました。

 

スポンサードリンク
 

 

 

その他

 

明らか他所と劣るマシンでベッテルを蓋役に使い、ルクレールをルノー勢の間にねじ込ませたフェラーリは珍しく良い作戦を取りましたね。予選ではベッテルがクラッシュ、ルクレールがQ2落ちと散々でしたが、出来る最大限の事は出来たと思います。これがトップ争いで出来たら良いんですけどねぇ

 

レッドブルに関しては、ある意味メルセデス以上に明暗がクッキリといった感じでしょうか。フェルスタッペンはボッタスに挑むペースはありませんでしたが、安定した走りをして2位表彰台を獲得しました。予選でP2を奪取したアタックは鳥肌もの。しかし、対してのアルボンはQ3で10位。ギアボックス交換にて15位スタートとなると、中々そこから上がってこれませんでした。パワステにトラブルのあるノリスと最下位チーム所属のラッセルの3人でF2の同窓会をやっていたのはエモいシーンでしたが、在籍しているチームを考えると物足りないです。ライコネンドライビングスクールを中々卒業出来なかったのもマイナスですね…。ムジェロでの勢いは何処行っちゃたのでしょうか。10位まで帰ってこれたのは良かったですが、せめてアルファタウリには勝って欲しいものです…

 

そのアルファタウリ自体は、滅茶苦茶普通のレースをしたような感じがします。Q2でこそもっとアウトラップを遅く走れば2台揃ってQ3進出を果たせたかもと思わなくもないですが、まぁ仕方ありませんね。決勝ではW入賞を果たしましたが、もう後1歩2歩上を目指せたかなと思いました。ガスリーに関しては、昨年に引き続きライコネンドライビングスクールの卒業に手間取ると、VSC発動時にタイヤ交換をするという作戦ミスを犯してしまい、 順位自体は変わりませんでしたが、無駄な事が多かった印象です。ですが、ストロールとサインツのモンツァ表彰台組&ムジェロリタイア組の中で唯一完走&入賞を果たせたのは立派ですね。クビアトはオコンを攻略出来なかったのは残念でしたが、それでも8位。母国GPを入賞で飾れて良かったです。

 

ハースに関しては、これまでのレースとは違う速さを魅せていたのが嬉しい誤算でした。1周目で2台ともトップ10付近に上がっていたのは素直に驚きましたね。一体何が起こったんだ…。いつものハースならそこからズルズルと落ちていくのが恒例ですが、マグヌッセンがほぼそのままのポジション12位でゴールしたのはサプライズでした。終盤のフェラーリPU勢トレインにはヒヤヒヤしましたが何事もなく良かったです。これが復調の兆しになれば良いな…と思います。ここ最近は2人ともダメな部分が出ていませんしね。期待します。

 

レーシングポイントやマクラーレンは、既に色々綴ったのでまぁ細かくは良いですかね。ペレスの安定したペースによってもたらされた4位はようやく本来のマシンのポテンシャルを引き出せた気がします。ストロールは不運。Q2落ちからツイてなかった。サインツは焦りすぎでしたね。モンツァから嫌な流れが続くな…。ノリスはパワステの問題がありながらバトルを多く魅せてくれたのでグッジョブです。

 

最後にウィリアムズについてですが、ラッセルが再びQ2に進出したのが良かった点ですかね。何かしらのアクシデントがないと上位に顔を見せられないというのは辛い。F2組の同窓会で何か思う事があったと思います。

 

スポンサードリンク
 

 

 

という訳で第10戦の感想でした。

 

 

本来なら次戦は鈴鹿!楽しみ!と言いたいところですが、残念ながらニュルブルクリンクです。今の社会情勢的に仕方ないですが、やっぱり寂しいですね。来年は絶対に現地参戦するぞ!!

 

それにしても、ニュルブルクリンクでのF1って凄い久々な気がしますね。調べたら13年以来ですか…。個人的には07年のヴィンケルホックの躍進とゴキブリホイホイ的スピン合戦が1番記憶に残っていますね笑。

 

今週開催されたニュルブルクリンク24時間耐久レースでは降雨が多く史上2番目の最小周回数というレースになりましたが、2週間後のF1ではどうなりますかね。ぶっちゃけ誰が勝っても良いですが、面白いレースがみたいです笑。いや、本当お願いします…

 

 

F1速報 2020年 10/15号 第10戦 ロシア GP 特集

F1速報 2020年 10/15号 第10戦 ロシア GP 特集

  • 発売日: 2020/10/01
  • メディア: 雑誌