エフライの感想記

のんびりやっていきます。

感想《2020 F1 第12戦 ポルトガルGP》92勝目を飾ったハミルトン。中団争いも面白く満足度は高めなレース

ニュルブルクリンクでの1戦を終え、アルガルベへ舞台を移したF1。ポルトガルでF1が開催されるのは96年以来、ポルティマオ・サーキットで、と見れば初開催という事になりました。ムジェロや先週のニュルブルクリンクもそうですが、こうやって通常時では恐らく見る事の出来なかった場所でF1マシンが走るのを見られるのは良いですよね。イレギュラーなシーズンの特権な気がします。

 

しかもこのポルティマオ・サーキット、比較的最近出来たサーキットにも関わらず、起伏に富んでおりクラシックサーキットっぽさがあるのが個人的に好きなんですよね。舞台が初開催な上、FP2がピレリによるタイヤテストに割かれたので、下克上なレースが見られるのでは、と期待していました。不確定要素の多さは波乱なレースの必要要素ですからね。

 

世界の国旗 ポルトガル国旗 90cm×150cm

 

皇帝の記録、破られる

 

そんないちファンの期待なんか知るかと圧倒的な強さを魅せたのは、やはりメルセデス、そしてハミルトンでした。予選で1‐2。決勝も最序盤こそ「通り雨」&「スタートタイヤが温まりにくいミディアム」というのもあって他チームにリードを許しましたが、タイヤに熱が入ると一気に他所のチームを引き離しました。チーム内で見ると、スタート直後こそボッタスが意地を見せましたが、中盤以降は完全にハミルトンがレースを支配していました。最終的に付けた差は約25.5秒。およそ1回余分にピットストップ出来る程ぶっちぎりました。強すぎますね、ハミルトン。レース中、右足が攣ったという無線があり実際にレース後は足を引きずっていましたが、そんな状況でファステストラップを記録するなんて「貴方化け物ですか?」と言いたい気分です笑。これでシューマッハにの記録を越える通算92勝目。自分は05年か06年からF1を見ているので彼の勝利は全て見ている事になります。デビューから王者アロンソ相手に互角に走るなんて速いドライバーだなぁなんて思っていましたが、まさかここまで勝利を積み重ねるなんて思ってもみませんでした。一体この大記録が何処まで続くのでしょうか。早く彼を止める事が出来るチーム、ドライバーが現れるのを願います笑。

 

スポンサードリンク

 

 

 

個人的殊勲賞

 

今回は挙げるべきドライバーが多くいます。先ず、データが満足にない中1つのタイヤで50周以上走り切ったルノーの2人とライコネンです。ルノーに関してはニュルブルクリンクの時より戦闘力が下がっている中、戦略で勝ち取ったW入賞といった感じがします。ピットストップ後のオコンのペースがあんまり上がらなかったのが気になりますが、結果的にリカルドのトウ役になり、ライコネンやベッテルの猛攻を凌ぐ立役者となったのでまぁ良いかな、って感じです。

 

ライコネンは兎に角巧かったですね。予選16位から、「通り雨」&下「位スタート唯一のソフトタイヤスタート」というアドバンテージを最大限に活かし、1周目終了時点で6位。あわや5位のフェルスタッペンを抜くか!という所までジャンプアップしたのには理解が追い付きませんでした笑。順位を確認しようと15位付近を見て、「ライコネン居ない!」となったのは内緒です笑。そこからはモンツァの再来が如くズルズルと順位を落としていく一方でしたが、11周目にサッサとタイヤを見切ってミディアムタイヤに交換。結果的にはこれが正解でしたね。そこから巧くタイヤを持たせ、入賞まで後1歩の11位完走を果たしました。ピットのタイミング的にてっきり2ストップだと思っていたので、まさか最後まで行けるなんて思っていませんでしたね。使い古したタイヤでサインツやベッテルとのバトルを演じたり、アルボンを抑えきったのはお見事としか言えません。個人的には立ち上がり重視のライン取りでボッタスを行かせ後続のアタックを退けたのが印象深いです。欲を言えばポイントが欲しかったですが、1周目の動きと格上チーム相手と同等にやりあえていたのでアルファロメオの現状を考えるとこれが精一杯かな、という気がします。入賞まで行くにはあまりにも上位陣のトラブルが少なすぎた…

 

 

神かな?

 

 

また、光る走りを魅せたガスリー、サインツも対象ですね。ガスリーは幾度となくオーバーテイクを披露し5位入賞を果たしました。ペレスとの一件でも接触を寸での所でかわしていましたし本当安定していて巧いですよね、今年のガスリー。バトル、一発のタイム共に不安感がないですし、昨年のスパの悲劇からここまで良く復活したなぁと思います。これからも良い走りに期待したいです!

 

サインツは、スタートでリードラップを記録したのが印象深いです。勿論様々な要素が絡んだ偶然性の強いものだという事は否めませんが、リードラップはリードラップです。そこに違いなんてありません。しかも最終リザルトも6位と申し分ない成績を残しました。モンツァで表彰台に上がってから何処となくツイてなかった彼ですが、これで悪運は出し切ったと考えて良いでしょうか。来年所属するフェラーリも復調しましたし、良い流れに乗って欲しいものです。

 

スポンサードリンク
 

 

 

その他

 

折角触れたのでフェラーリの話でもしましょうか。

今回跳ね馬はアップデートを幾つか持ってきており、今回はそれが上手く作用したレースとなりました。ルクレールが予選、決勝共に4位。相方のベッテルも10位入賞と直接やりあったバトルこそ少なかったものの暗黒は脱した感じがします。といってもここまでチームメイト差に開きがあるのには気になりますが…。兎に角、フェラーリが例え一時的で、しかも端っこでも3強の位置に帰って来られたのは素直に嬉しいポイントです。

 

そんなフェラーリよりチームメイト格差が酷いのがレッドブルでしょう。フェルスタッペンこそ予選でメルセデスに喰らいつき決勝でも表彰台に上りましたが、アルボンが正直酷過ぎます。予選こそギリギリ許容範囲の6位に入りましたが、決勝ではもはや恒例となりつつあるスタートでの出遅れをしてしまい、そこから浮上する事なくチェッカーを受けました。いつもなら帳尻合わせ走法でシレっと5位前後に帰ってくるのに今回はそれもなく淡々と中団に埋もれていましたね。特段トラブルやアクシデントが無いのにも関わらずレース約半分の段階で周回遅れになったり、下位マシンに乗り使い古したタイヤを履いているライコネンを抜けなかったりと良い部分がまるでありませんでした。ニュルブルクリンクのように魚雷アタックしなかっただけマシといった感じです。フェルスタッペンの援護どころか入賞も怪しいなら首元がそろそろ涼しくなってくる頃だと思いますが果たして…。サインツと同じく表彰台に乗ってから流れが悪いのがなぁ…

 

また、弟チーム、アルファタウリもチームメイト格差が今回は大きかったですね。クビアトはスタートで下がってから終始ハース達と戯れていた印象です。最後謎にソフトに交換したせいで実質最後尾になりましたしね。去就が未確定なだけに頑張って欲しいですが…

 

スポンサードリンク
 

 

 

今回良くも悪くも印象に残ったのはレーシングポイントではないでしょうか。ストロールのコロナウイルス感染疑惑から始まったポルトガルGP。FP2ではフェルスタッペンとストロールが接触。決勝1周目では今度はペレスがフェルスタッペンと接触。更にストロールはノリスを強引に抜こうとして接触。トドメに過度なライン変更にてペレスとガスリーが接触未遂と、ポルトガルGPの接触事故を一身に背負う活躍を見せました。まぁFP2のものはどちらかというとフェルスタッペンに非がありそう(両者お咎めなし)で、オープニングラップのものはレーシングインシデントですが、印象として良くないですよね。ノリスとの接触は完全にストロールに非があり、あの接触のせいで両者勝負権を失うという残念な結果を引き寄せました。あれは流石に引くべきでしたね…。残念。ガスリーとの一件は、完全にマクラーレン時代の悪いペレスが顔を見せた瞬間でした。巧くなったと思った時にこの顔がこんにちはしてくるのがタチ悪い。最後尾から5番手まで帰ってくる位マシンは良いんですから、もっとドライバーが成熟してくれば好成績を残せそうなんですけどね…。うーん、難しい。このレーシングポイントの状況を喜んでいるのは、エンターテイナー(笑)なマシくらいなものですね。

 

そんなレーシングポイントとは逆に、ジョビナッツィやハース、ラティフィの印象は薄かったですね。ずっと下の方でイチャイチャしていた印象です。特にハースに関してはドライバー2枚替えの発表後初レースでしたからね。就活含め良い走りに期待してのですが…。残念。ウィリアムズはラッセルがQ2進出&一時はトップ10圏内を走っていたという記憶しかない。ジョビナッツィは…ベッテルに抜かれたのがリプレイで晒されていた位ですかね…?彼も就活の身なので頑張って欲しいところです。

 

スポンサードリンク
 

 

 

まとめ

 

という訳で第12戦の感想でした。

スタートによる大幅な順位アップを果たしたドライバーがポジション争いを面白くさせましたね。トップ争い以外は基本どこでもバトルを繰り広げており、中弛みはあったものの比較的見所の多いレースだったんじゃないかな、と思います。ポルティマオ・サーキット、良いですねぇ。オーバーテイクが出来ないコースレイアウトではなく、程よい緊張感をもったレースを生み出せる名サーキットだと思います。来年以降もカレンダーに残って欲しいなぁ

 

さて、次戦はサンマリノGP…ではありませんがイモラで開催されるエミリア・ロマーニャGPです。現状、最後の開催が06年と随分間が空いての開催ですね。ライコネン以外F1での走行経験がありませんから金曜セッションが無い変則スケジュールがどのように作用するのか気になります。

まぁイタリア国内の感染状況が大変な事態に陥っているのでそもそも開催されるのかすら怪しい所ですが。兎に角、関係者の無事を第一に考えて判断して欲しいですね。特にハミルトンのBLM活動に対し少し否定的な立場を取ったペトロフがスチュワードになると発表されたタイミングで銃撃事件(ペトロフの父親が殺害された)が起きる程ピリピリしている世の中ですからね。陰謀だとか何だと言うつもりはありませんが、生命第一、安全第一を念頭に事を進めて欲しいものです…。

 

F1 2020 F1 Seventy Edition - PS4

F1 2020 F1 Seventy Edition - PS4

  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: Video Game
 
2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

2019 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 Blu-ray版

  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Blu-ray