エフライの感想記

のんびりやっていきます。

総評《八月のシンデレラナイン》女子高生が織り成す青春ベイスボール。程よく纏まっててとても見やすい作品!

今更ながら春アニメである『八月のシンデレラナイン』の感想です。

 

『ダイヤのA』や『MIX』という野球作品の金字塔と同クールという事もあり、ハードルが変な意味でおかしくなったアニメハチナイ。女子野球という珍しい題材だったので、差別化は上手く出来ていたと思いますが、甲子園を前に野球作品が3作品も被るなんてどこも想像してなかったでしょうね笑。野球好きとしては嬉しい限りでしたけど笑。

 

そんなアニメハチナイ、お話としては主人公が仲間を集めて野球をするというもので、どことなく『ガルパン』や『ラブライブ』を彷彿とさせるものでした。まぁ廃校要素がない分、シリアスな空気にはなりませんでしたけどね笑。


主人公が仲間を集めて試合出場を目指す、その道中で家庭等に問題がある仲間が出てくる。それを皆で力を合わせて解決。そして最後はライバルとの試合に勝つというある意味お決まりの展開でしたけど、お決まりなだけあってヤッパリ面白かったです。

キャラが全員魅力的で、特徴があり、各々役割をキチンと担っている。そして本当の意味の問題キャラが居なかったというのも面白い要因だと思います。


ストーリーとしても単純明快でキャラも魅力的、そして『パワポケ』みたいにオマケではく、キチンと野球をしている。とこうやってザッと並べてみると面白くない訳ない作品ですね笑。それ程話として良く練られている作品でした。

 

しかし、アニメハチナイを語る上で外せない問題点があります。それは、やはり作画です。
お世辞にも良いとは言えない作画。野球という一般的にも知られているスポーツですからある程度の動きは視聴者は知っています。ですから、キャラの顔が崩れているとかより、常に棒立ちでヤル気がない守備陣やフォームがおかしいピッチャーにバッターにどうも目が行ってしまいます。

ここがこの作品の本当に勿体ないところ。
そりゃ『ダイヤのA』や『MIX』程の予算は無いにしろ、もう少し上手く出来たのでは…と1ファンながら感じてしまいます。これらの2つの作品は流石の作画で守備も攻撃もバシバシ動いていましたからね。同クールにこれらがいたというのはハチナイの不運なところでしょう。

後半はテニスの全仏で放送が延びたことが幸いしたのか、多少マシになっていたのを見るに、もっと時間と予算があればもっともっと良い作品になっていたのに…と少し残念な気持ちになりました。

 


今回のアニメでは全国大会2回戦敗退で終わってしまったので、出来れば2期で全国制覇する所が見たいです。ですが、2期をするとなると、アプリにいる大量のキャラの扱いを考えなければなりませんし、難しいかな…と感じるのが正直なところ。
登場キャラを増やす事で各キャラの掘り下げがなかったら意味が無いですしね。しかも先輩キャラは卒業してしまうし。ですがあんな素晴らしいストーリーを作った制作陣なら上手く調理してくれそうな気もします。是非とも他のキャラの活躍もアニメで見たい…!

 

 

まぁとにかく!
作画こそイマイチだったものの、内容は本当に良く出来ており、熱くなれるポイント、泣けるポイントをしっかり抑えている良作でした。


ですから!

ですからどうか、潤沢な予算でのアニメハチナイを見たい…!!

 

八月のシンデレラナイン Blu-ray 第1巻

八月のシンデレラナイン Blu-ray 第1巻